モトローラ「moto e6s」格安のDSDV対応トリプルスロットスマホ

moto e6s は、価格を抑えたライトユーザー向けの格安スマホ。安くてもDSDV対応のトリプルスロット搭載で、2つのSIMを使い分けたい人にも低コストで導入できる。

スポンサーリンク

moto e6s スペック

カラーメトログレー
エレキピンク
OSAndroid 9.0
CPUMediaTek Helio P22 2.0 GHzオクタコア
ARM Cortex-A53 CPU
650 MHz IMG GE8320 GPU
メモリ2GB
ストレージ32GB
ディスプレイ6.1インチ
IPS液晶
1,560 x720 (HD+, 282ppi)
アウトカメラ1,300万画素(メイン、f/2.2、1.12um) PDAF位相差オートフォーカス
200万画素(f/2.4, 1.75um)深度センサー
インカメラ500万画素(f/2.2、1.12um)
サイズ高さ:約155.6mm
幅約:73.0mm
厚さ:約8.5mm(最薄部)
質量約160g
バッテリー3,000mAh
microUSB
5W 充電器同梱
ネットワーク4G:B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B40
3G:B1 / B2 / B5 / B6 /B8
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
Wi-FiIEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
BluetoothBluetooth® 4.2
SIMスロットnanoSIM×2+microSD×1(最大256GB)
DSDV対応トリプルスロット
NFC非対応
おサイフケータイ非対応
生体認証指紋
センサーGPS, A-GPS, LTEPP, SUPL, GLONASS
指紋認証
加速度計
近接センサー
環境照度センサー
主な付属品充電器
USBケーブル
ヘッドセット
カバー
SIM取り出しピン
クイックスタートガイド
LG(法令/安全/規制)

参考:モトローラ公式オンラインストア

moto e6s 外観レビュー

6.1インチのノッチ型ディスプレイ。画面は大きくてもコンパクトに収まっている。

背面カラーは、魅力的なエレキピンク。写真では色味が伝わりづらいが、光が当たるとピンク色が際立つ。2眼カメラにフラッシュ、指紋センサー、スピーカーが背面に位置しているのも特徴。

左側面にSIMスロット。

右側面に、電源ボタンと音量調節ボタン。

上部にイヤホンジャック。受話口の隣に通知用のLEDインジケーターも搭載している。背面の写真より色味が分かりやすいかも。

下部に、マイク穴とmicroUSB端子。

付属品は、ヘッドセット、USBケーブル、充電器(5W)、LG(法令/安全/規制)、クイックスタートガイド、SIM取り出しピン、カバー。

安いモデルでもヘッドセットが同梱しているし、クリアケースはスピーカー部分が空いているのも特徴的。

moto e6s ベンチマーク

AnTuTu Benchmark(V8.4.3)のスコアは、91067という結果。メモリ容量も少ないので、あまり多く作業には向かない。通話やメールなど軽作業向けのスマホになると思います。また、同じタイミングで発売された「moto g8 power lite」は、103610という結果で少し高かったです。

moto e6s バッテリーテスト

PCMark の Work 2.0 battery life の計測結果は、8時間37分。電池残量20%までは、7時間7分ほど。ライトユーザー向けのモデルのため、長時間使うことはないと思います。写真をたくさん撮りたいときなどには消耗するかもしれないけど、1日は十分持ってくれそう。

充電速度の計測結果

同梱の充電器は5Wです。電池残量15%に減った状態からどれくらいで充電できるか計測してみました。急速充電ではないので、充電し忘れないようにしたいところ。

充電時間電池残量回復量回復差
開始時15%0%0%
30分33%18%+18%
1時間52%37%+19%
1時間30分69%54%+17%
2時間86%71%+17%
2時間30分95%80%+9%

moto g8 power lite と比較

moto e6smoto g8 power lite
CPUMediaTek Helio P22MediaTek Helio P35
メモリ2GB4GB
ストレージ32GB64GB
ディスプレイ6.1インチ6.5インチ
質量約160g約200g
バッテリー3,000mAh
5W 充電器同梱
5,000mAh
10W 充電器同梱
価格(税込)16,800円20,800円

同じタイミングで発売されている「moto g8 power lite」と簡単に比較してみました。「moto e6s」は軽量コンパクトが良い人向け。「moto g8 power lite」は少し重いけど長時間駆動してほしい人向け。どちらも価格を抑えたライトユーザー向けのモデルになります。予算があるなら上位モデルを検討してみて下さい。

moto e6s 初期設定や使い方

初期設定や使い方などは別記事でまとめてあります。2回振り下ろしてライトのオンオフをする簡易ライトは知っておくと便利かも。

moto e6s カメラ性能

カメラモードは、ポートレート、動画、パノラマの切り替えに、Googleレンズのアイコンもある。

このスクリーンショットは、2倍にしたときのもの。ズームはピンチアウトすることで最大4倍まで拡大可能。インカメラはなぜか10倍ズームまで対応している。

アウトカメラインカメラ
写真サイズ13M(4:3)4160×3120 ●
10M(1:1)3120×3120
9M(16:9)4096×2304
8M(18:9)4160×1920
5M(4:3)2560×1920 ●
4M(1:1)1920×1920
4M(16:9)2560×1440
3M(18:9)2496×1152
ビデオサイズFHD 1920×1080 ●
HD 1280×720
FHD 1920×1080 ●
HD 1280×720
ズーム最大4倍最大10倍
カメラモード美顔補正
ポートレート
パノラマ
美顔補正
ポートレート

●は初期値

楽天モバイルやDSDSの動作確認

SIMスロットは、nanoサイズのSIMが2枚と、microSDカードが入るDSDV対応のトリプルスロット。楽天モバイルやDSDSでの動作も確認してみました。

楽天モバイルのSIMを入れて試してみたところ、現状では通話やデータ通信には対応していないようです。次にドコモのガラケー(FOMA)SIM と BIGLOBEモバイルSIM を入れて試してみると、DSDSの動作確認ができました。2枚のSIMで同時待ち受けができるため、便利に使えそうです。

ゲームの動作確認

ゲーム向きのスマホではないけれど、いくつかのタイトルを試してみました。アップデート等で仕様が変更になる可能性もあるので参考程度に。

ポケモンGOのAR+は非対応

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)には対応していないため、AR+のモードでは遊ぶことはできない。

ドラクエウォークは軽く遊ぶ程度なら

スムーズではないけれど、少したしなむ程度ならば良いかも。たくさん遊びたいなら上位モデルがおすすめ。

PUBGの初期設定

PUBGの初期設定は、グラフィックのクオリティはスムーズ、フレーム設定は中になっていた。少しカクつくことはあるけどできなくはない。ただし、ストレージの容量が少ないため、容量の大きいゲームはおすすめしない。

moto e6s 購入先

公式サイト

ECサイト

格安スマホセット

moto e6s 格安スマホセット

まとめ

moto e6s は、通話やメールなど軽作業向けのライトユーザーモデルになる。安くてもDSDV対応のトリプルスロットを搭載しているので、SIMを使い分けられるのは便利。ただし、メモリやストレージ容量は少ないため、アプリをたくさん入れる人には向かない。使い方によっては上位モデルを検討すること。

コメント

タイトルとURLをコピーしました