OPPO A54 5G 電池持ち抜群!5G対応スタミナスマホ

OPPO A54 5G は、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載した5G通信対応スマホ。普段使いには十分な性能でバッテリー持ちも良く、電源ボタンに内蔵された側面指紋認証も使いやすい。

スポンサーリンク

OPPO A54 5G スペック

カラーファンタスティックパープル
シルバーブラック
サイズ縦: 約162.9mm
横: 約74.7mm
厚さ: 約8.4mm
重量約190g
OSColorOS 11 (based on Android™11)
CPUQualcomm®Snapdragon™480 5G
オクタコアCPU: 2.0GHz×2+1.8GHz×6
メモリ4GB
ストレージ64GB
バッテリー5,000mAh
USB Type-C
18W急速充電対応
Qualcomm®Quick Charge™2.0(18W)(9V/2A)
USB Power Delivery2.0(18W)(9V/2A)
ディスプレイサイズ: 約6.5インチ
画面占有率: 90.5%
解像度: 2400 x 1080 (FHD+)
リフレッシュレート: 最大90Hz
タッチサンプリングレート: 最大180Hz
パネルタイプ: TFT-LCD
アウトカメラ[メイン]約4800万画素
[超広角]約800万画素
[モノクロ]約200万画素
[マクロ]約200万画素
インカメラ約1600万画素
SIMスロットトリプルスロット
nanoSIM×2+microSDカード(最大1TB)
※au版/UQモバイル版はシングルスロット(nanoSIM+microSD)
Wi-Fi2.4/5GHz 802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer.5.1
NFC対応
Felica
おサイフケータイ
非対応
防水/防塵
オーディオモノラルスピーカー
3.5mm イヤホンジャック搭載
生体認証指紋認証(右側面の電源ボタン)
顔認証
通信方式5G NR: n3/n28/n77/n78
FDD LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28
TD LTE: Bands 38/39/40/41/42
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900MHz
キャリアアグリゲーション対応
センサーGPS / Beidou / GLONASS / QZSS
磁気センサー
近接センサー
光センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
ステップカウント機能対応
同梱内容SIM取出し用ピン×1
保護ケース×1
保護フィルム(貼付済み)×1
安全ガイド×1
クイックガイド×1
OPPO A54 5G 格安スマホセット

OPPO A54 5G 外観レビュー

左上パンチホール型の約6.5インチ液晶ディスプレイ。リフレッシュレートは最大90Hzに対応し、滑らかな表示が可能。

背面に4眼カメラ。カラーは、見る角度によって色合いが変わるファンタスティックパープル。他にシルバーブラックもある。

右側面に、指紋センサーを内蔵した電源ボタン。OPPOスマホでは初めてとなる側面指紋認証は、反応も良く使いやすい。

左側面に、SIMスロットと音量調節ボタン。

上部には何もなく、通知用のLEDインジケーターは非搭載。保護フィルムはあらかじめ張られています。

下部に、イヤホンジャック、マイク穴、USB Type-C、モノラルスピーカー。

付属品は、ソフトタイプのクリアケース、SIM取出し用ピン、安全ガイド、クイックガイド。充電器は付属していない。

付属のクリアケースは、カメラ部分まで保護してくれるタイプ。

OPPO A54 5G ベンチマーク

機種
プロセッサー
OPPO A54 5G
Snapdragon 480 5G
OPPO Reno5 A
Snapdragon 765G
Geekbench 5シングル:521
マルチ:1632
シングル:601
マルチ:1725
3DMark
Wild Life
9771671
PCMark
for Android Benchmark
72798273

OPPOの上位モデルReno5 Aと比較してみても、そこまで大きく性能が落ちるわけではないようです。5G通信に対応した新型のチップSnapdragon 4シリーズは、前世代のSnapdragon 6シリーズ製品よりも優秀だという。エントリー向けのチップでも、少し前のミドルレンジ並みの性能があり、一般的な使い方なら十分快適にこなせそうだ。

OPPO A54 5G バッテリーテスト

PCMark の Work 3.0 battery life 起動してみたところ、エラーが出てしまい正確な時間は計測できませんでした。しかし9時間16分ほどの稼働でバッテリー残量が61%あり、単純計算すると23時間以上持つことになる。6,000mAhの大容量バッテリーを搭載したRedmi 9Tでも20時間24分という結果だったので、バッテリーの持ちは優秀なようだ。5G通信をするとバッテリー消費は多くなるため、長時間使う人でもこれだけ持てば安心だと思う。

急速充電の速度を計測

OPPO A54 5G は、18Wの急速充電に対応しています。電池残量15%からどのくらいの速度で充電できるか計測してみました。

充電時間電池残量回復量回復差
開始時15%0%0%
30分43%28%+28%
1時間69%54%+26%
1時間30分89%74%+20%
2時間98%83%+9%

急速充電は、QC2.0(9V/2A)とPD2.0(9V/2A)の規格に対応しています。18W以上の充電器を持っていなければ別途購入しておくと快適になる。

リバースチャージ対応

OPPO A54 5G 本体をバッテリーのように使えるリバースチャージにも対応していました。設定→その他の設定→OTG接続をオンにし、OTG対応ケーブルをつなぐことで他端末を充電できます。iPhoneやワイヤレスイヤホンなどにも給電可能。

OPPO A54 5G 使い方

OPPO A54 5G には、便利な機能がたくさん搭載されています。特にスマートサイドバーは、ColorOS 11 の特徴的な機能になり、よく使う機能やアプリなどを追加してショートカット起動できる。

スマートバーから起動したアプリは、フローティング表示に対応していれば、画面の手前側に表示できます。右上に小さく表示したり、端に格納していつでも起動することが可能になる。

その他の使い方は、別記事でまとめてあります。どんな機能があるか参考にしてください。

OPPO A54 5G カメラ機能

カメラは上から、約4,800万画素のメインカメラ、約200万画素のモノクロカメラ、約200万画素のマクロカメラ、右側に約800万画素の超広角カメラ、フラッシュライト。インカメラは約1,600万画素。

カメラアプリを起動すると上部に、フラッシュ、HDR、AIシーン強化、フィルター、設定が並ぶ。下部に、Googleレンズ、超広角やズームの切り替え、AIビューティーが並ぶ。超広角撮影にすると画角119°の広域撮影ができる。

インカメラのAIビューティー(美顔補正)ではカスタマイズが可能。

  • ナチュラル:無補正
  • リセット:カスタマイズをリセット
  • 美肌:肌を滑らかにする
  • 細い顔:顔の幅を細くする
  • より大きな目:目を大きくする
  • より小さな鼻:鼻筋を細くする
  • 顎:顎を細くする
  • より小さな顔:顔全体を小さくする
  • タッチアップ:薄化粧をする
  • 3D:彫りを深くする

ズームは2倍と5倍の切り替えがあり、長押しかスライドすることで扇状のスライドバーから細かな調整ができます。最大で6倍のデジタルズームに対応する。

AIシーン強化は、シーンを認識し最適な色補正をしてくれる機能。オンにしてカメラを空に向けると、ブルースカイと認識してくれた。AIシーン強化オンのままでも、認識した文字をタップすることで効果をオフにできる。

サブメニューはプルダウンで表示。フレーム、タイマー、約4,800万画素の高画質撮影のオンオフ。カメラモードは、夜景、動画、写真、ポートレートが並ぶ。その他に、スローモーション、タイムラプス、エキスパート、超高解像度、パノラマ、テキストスキャナー、マクロ、ステッカーなど、複数の機能がまとまっています。

超高解像度で撮影すると、ソフトウェア処理によって約1億800万画素相当の写真になります。撮った写真を拡大すると通常撮影の時よりもズームが可能。ただし写真サイズは、29.5MB 9024×12032 と容量は大きくなる。ちなみに通常撮影では、5.6MB 3000×4000 ほど。

左:通常撮影・中:夜景モード・右:Reno5 A 夜景モード。夜景モード(ウルトラナイトモード)にすると暗い場所の撮影でも明るく撮れます。ただし、上位モデルのReno5 Aと比較すると控えめな機能になる。あまり過度な期待はしないほうが良いかも。

カメラ性能

アウトカメラインカメラ
写真アスペクト比
機能
4:3 ●
1:1
FULL
16:9
超広角モード
AIシーン強化
QRコード読み込み対応
48MP
AI美化処理
4:3 ●
1:1
FULL
16:9
AIビューティー
手のひらジェスチャー
フリップセルフィー(ミラー)
ビデオ解像度
機能
1080P (30fp) ●
720P(30fp)
フィルター
AI美化処理
1080P(30fps)
720P(30fp)●
フィルター
AI美化処理
ズーム最大6倍
・写真
最大6倍
・動画
・夜景
・タイムラプス
・エキスパート
・テキストスキャナー
・ステッカー
最大5倍
・超高解像度
カメラモード夜景
ポートレート
スローモーション
タイムラプス
エキスパート
超高解像度
パノラマ
テキストスキャナー
マクロ
ステッカー
Google Lens
夜景
ポートレート
タイムラプス
パノラマ
ステッカー

楽天モバイルやDSDSの動作確認

SIMフリーモデル(CPH2303)のSIMスロットは、ダブルnanoSIM+microSDカードのトリプルスロット。※au・UQモバイルモデル(OPG02)は、シングルnanoSIM+microSDカード。DSDVに対応しているのはSIMフリーモデルのみ。

楽天モバイルや格安SIMを試してみたところ、すべてのSIMでデータ通信を確認。楽天モバイルの製品対応状況確認でも、楽天回線対応製品となっています。楽天モバイルと他のSIMを併用したDSDV運用も可能。また、ガラケー(FOMA)SIMでも着信できたのでDSDSの動作も確認済み。

ゲームの動作確認

ゲームスペースに追加したアプリは、スマートサイドバーの代わりにゲームアシスタントツールを使えるようになる。パフォーマンスの調整や通知の制御、スクリーンショットや画面録画のショートカットなどがあります。

ポケモンGOはAR+対応

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)に対応しているため、AR+で遊ぶこともできる。

原神のバッテリー消費

原神のグラフィックス画質は低。初期設定のまま1時間プレイしてみたところ、電池残量は13%減少した。少しカクつくことはあるけれど長時間遊べそうだ。

PUBGの初期設定

PUBGのグラフィック初期設定は、クオリティがHD、フレーム設定は高になっていた。クオリティをスムーズにするとウルトラまで選択可能。

OPPO A54 5G 購入先

OPPO A54 5G 格安スマホセット

モデルの違いに注意!確認方法は

  • SIMフリー:型番 CPH2303
  • au・UQモバイル:型番 OPG02

OPPO A54 5Gには、デュアルSIMに対応したSIMフリー版と、シングルSIMのau・UQモバイル版の2つのモデルがあります。型番で見分けることができるので、購入時に確認すること。

中古ショップやフリマサイトでは、au・UQモバイル版のSIMロックを解除したものをSIMフリーと表記して販売されているものがあります。モデルの確認方法は、箱の上部もしくは裏面に「CPH2303」か「OPG02」の記載で判別できる。

au・UQモバイル版(OPG02)は、安く販売されているためDSDVで運用したい人は間違えないように。逆に、SIMを1枚しか使わないなら安いのを購入するのはあり。格安SIMの端末セットでなくても、povoLINEMOなら低料金で済ませることができます。フリマサイトを初めて使うなら、ポイントがもらえる招待コードを使ってください。

フリマサイト招待コード

まとめ

OPPO A54 5G は、バッテリー持ちの良い5G通信対応スマホ。OPPOのエントリーモデルとなるAシリーズの製品ではあるが、性能が低いわけではなく普段使いなら快適にこなせる。デザイン性も良く、側面指紋認証も使いやすい。格安スマホセットのセールを狙うか、安くなっているシングルSIMモデルを検討するのもあり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました