AQUOS zero(アクオス ゼロ)軽さが魅力!超軽量ハイエンドスマホ

AQUOS zero(アクオス ゼロ)の実機レビュー。約6.2インの大画面ながら、重さが約146gしかない超軽量のハイエンドスマホです。

スポンサーリンク

AQUOS zero(アクオス ゼロ)スペック

OSAndroid™ 9 Pie
CPUQualcomm® Snapdragon™ 845(SDM845)
2.6GHz(クアッドコア) + 1.7GHz(クアッドコア) オクタコア
Performance core 最大周波数(シングルコア):2.80GHz
Efficiency core 最大周波数(シングルコア):1.77GHz
メモリRAM 6GB
ストレージROM 128GB
バッテリー3,130mAh
ディスプレイ約6.2インチ 有機EL WQHD + (1,440 × 2,992ドット)
アウトカメラ有効画素数 約2,260万画素 CMOS 裏面照射積層型
インカメラ有効画素数 約800万画素 CMOS 裏面照射型
Bluetooth®Bluetooth®5.0
Wi-FiIEEE802.11a / b / g / n / ac
通信方式3G:Band1(2.1GHz) / Band2(1.9GHz) / Band4(1.7GHz/2.1GHz) / Band8(900MHz) / Band19(800MHz)
FDD:Band1(2.1GHz) / Band2(1.9GHz) / Band3(1.8GHz) / Band4(1.7GHz/2.1GHz) / Band8(900MHz) / Band11(1.4GHz) / Band12(700MHz) / Band17(700MHz) / Band19(800MHz) / Band26(800MHz) / Band28(700MHz)
TDD:Band41(2.5GHz) / Band42(3.5GHz)
GSM:850 / 900 / 1800 / 1,900MHz
SIMスロットnano×1
サイズ高さ:約154mm
幅:約73mm
厚さ:約8.8mm(突起部を除く)
重さ約146g
生体認証顔/指紋
防水防塵IPX5/8
IP6X
おサイフケータイ対応
本体付属品保証書
スタートアップガイド
3.5㎜イヤホン変換アダプタ
SIM取り出しツール(試供品)

参考:OCN モバイル ONE

AQUOS zero(アクオス ゼロ)外観レビュー

約6.2インチの有機ELディスプレイは、全体が緩やかにカーブする独自のラウンドフォルム。

背面に、指紋センサーと約2260万画素のシングルカメラ。デザインは、軽量でも強度のあるアラミド繊維で、手触りの良いマットな仕上がり。

右側面に、電源ボタンと音量調節ボタン。

左側面には、ボタン類など何もなし。

上部にSIMスロット。インカメラは約800万画素、ノッチ部分は少し広め。デュアルスピーカーのため受話口からも音が出る。

下部に、マイク穴、Type-C、スピーカー。付属品として、3.5㎜イヤホン変換アダプタが同梱されている。

AQUOS zero(アクオス ゼロ)ベンチマーク

ベンチマークの計測結果は、295165 という高スコアで、十分すぎる高性能。しかし、マルチタッチテストでは、5点しか反応しなかった。※新バージョンでは計測方法が変わったのか、328089 というスコアになった。

AQUOS zero(アクオス ゼロ)バッテリーテスト

PCMark for Android Benchmarkで、バッテリーテストを行ってみたところ、何度も途中で止まってしまい正確な計測ができなかった。だいたい6時間前後ぐらいになりそうな感じで、最近のスマホの中では物足りないかもしれない。もともと軽量を売りにしているので、バッテリー容量は3,130mAhと多い方ではない。バッテリーの持ちよりも軽さを重視する人向けになる。

今回のレビュー機では充電器がなかったため、充電速度は未計測。急速充電には対応しているので、充電環境を整えられるなら軽さを重視しても良いかもしれない。

AQUOS zero(アクオス ゼロ)の使いかた

初期設定から変更したところや便利な使い方を、別記事でまとめてあるので参考に。

AQUOS zero(アクオス ゼロ)カメラ性能

複数の撮影モードが搭載されていて、写真や動画サイズは幅広く対応している。QRコード・バーコード認識の機能も搭載し、カメラで写すだけ読取可能。

アウトカメラインカメラ
写真サイズ18:9 
15.0M(5480×2740)デフォルト
7.4M(3840×1920)
16:9
16.9M(5480×3084)
4K2K(3840×2160)
4:3
22.5M(5480×4112)
10.0M(3648×2736)
1:1
7.5M(2736×2736)
18:9
5.3M(3264×1632)デフォルト
1.8M(1920×960)
16:9
6.0M(3264×1836)
FULL HD(1920×1080)
4:3
8.0M(3264×2448)
2.8M(1920×1440)
1:1
5.8M(2400×2400)
動画【動画サイズ】
18:9
7.4M(3840×1920)
1.8M(1920×960)デフォルト
16:9
4K2K(3840×2160)
FULL HD(1920×1080)
FULL HD(1920×1080)60fps
HD(1280×720)
HD(1280×720)60fps
4:3
1.6M(1440×1080)
1:1
1.2M(1080×1080)

【画質とデータ量】
汎用モード(H.264)デフォルト
高画質モード(H.265)
軽量モード(H.265)

【手振れ補正】
光学式手ブレ補正
電子式手ブレ補正 デフォルト
OFF
【動画サイズ】
18:9
1.8M(1920×960)デフォルト
16:9
FULL HD(1920×1080)
HD(1280×720)
4:3
1.6M(1440×1080)
1:1
1.2M(1080×1080)

【画質とデータ量】
汎用モード(H.264)デフォルト
高画質モード(H.265)
軽量モード(H.265)

【手振れ補正】
ON デフォルト
OFF
スロービデオ120fps(デフォルト)
240fps
非対応
タイムラプス倍速30(0.25秒間隔で撮影)
60(0.5秒間隔で撮影)
150(1.25秒間隔で撮影)
300(2.5秒間隔で撮影)
非対応

ゲームの動作確認

ゲームタイトルをいくつか試してみました。アップデート等で仕様が変更になる可能性もあるので参考程度に。

ポケモンGOのAR+には非対応

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)には対応していないため、AR+で遊ぶことはできない。それ以外は特に問題なく、ポケモンGOプラスの動作も確認済み。

ドラクエウォークはくっきり表示

ドラクエウォークは、かなりくっきり表示された。バッテリーの持ちが心配になるので、あまり長時間のプレイには向いていないかも。

黒い砂漠を1時間プレイ

グラフィックはとてもきれいで、はっきり表示されていた。デュアルスピーカーで音も良く、没入感は最高。1時間オートプレイをしてみたところ、バッテリー残量は85%まで減った。

PUBGはHD画質

PUBGの初期設定はHD画質、グラフィックのクオリティはHD、フレーム設定は高になっていた。動作は快適だけれど長時間プレイしていると、端末の背面が温かくなってくる。

まとめ

最近のスマホは、大画面で大容量バッテリーのものが主流になりつつある中、AQUOS zero(アクオス ゼロ)は貴重な軽量スマホ。ただし軽量化している分、バッテリー容量は多くないため、ヘビーユーザーには向かない。また、ハイエンドモデルのため価格は高く、スマホセットで安く購入するのがおすすめ。OCNモバイルONEのキャンペーンで安い時が狙い目。

コメント

タイトルとURLをコピーしました