Xiaomi のデータ移行アプリ「Mi Mover」を使ってみた

OPPO A5 2020 から Redmi Note 9S に乗り換えるのに、Xiaomi のデータ移行アプリ「Mi Mover」を使ってみました。ちなみに、OPPO の「Clone Phone」は受信側なので使えない。

スポンサーリンク

「Mi Mover」はGoogleプレイから

見つかりませんでした

Xiaomi のデータ移行アプリ「Mi Mover」はGoogleプレイストアからインストールできます。これは送信専用のアプリのため、他のAndroidスマホからXiaomi製のスマホに乗り換えるときだけのツールということになる。Xiaomi製スマホから違うメーカーのスマホに乗り換えは対応していない。

古いスマホ側の設定

今回試したのは、OPPO A5 2020から移行。「Mi Mover」を起動してから、システム設定の変更に必要な権限の付与が必要。続けるから進むと、システム設定の変更を許可するをオンに。使用履歴にアクセスできるアプリも許可。必須のアクセス許可に同意をすると使えるようになります。OPPO以外のスマホからだと画面は少し違うかもしれないが、権限の付与などは必要かと思います。

「Mi Mover」を使ったデータ移行

左側は古い端末、OPPO A5 2020。右側は新しい端末、Redmi Note 9S。ちなみに Redmi Note 9S の「Mi Mover」は、ホーム画面2ページ目のツールフォルダの中にある。「私は受信者です」をタップすると、GoogleプレイストアのQRコードが表示されるので、古いスマホ側で検索しなくてもダウンロードページに行けます。「インストールされました。転送を開始し…」をタップすると接続作業に進みます。

OPPO A5 2020 で「私は送信者です」をタップすると、見つけた新しいデバイスが表示される。表示された文字列をタップして接続します。

古いデバイス(OPPO A5 2020)で転送するアイテムを選択します。チェックを外して必要なものだけ転送が可能。画像は細かく選択できないが、メッセージ、連絡先、オーディオ、ビデオ、サードパーティのアプリは、選択して転送できる。

選択して送信をすると、新しい端末で受信中となる。転送するデータが多ければ、少し時間がかかるかと思います。自分の場合、全データ15GBぐらいで推定時間が20分と表示されていました。画像や連絡先などGoogleで同期できていれば、転送する必要はないと思います。使ってはみたものの、アプリだけ選択してあげれば十分かも。

Googleフォトなどを利用しておくと便利

写真や動画などは、Googleフォトでクラウドバックアップしておくのがおすすめ。無料で無制限に保存できるため、スマホを乗り換えるたびに転送する必要はなくなる。それと、連絡先もGoogleで保存できるため、アカウントでログインするだけで復元できます。データ転送アプリで移行するのは、メッセージ、オーディオで必要なものがあれば選択し、あとはアプリを一括転送するのには便利に使える。

OPPO の「Clone Phone」では移行できない

OPPOにも、データ転送アプリの「Clone Phone」というのがあります。このアプリをRedmi Note 9Sにインストールしても、送信専用となるためデータ移行はできません。新しいスマホに入っているデータ移行アプリを使うのが基本になるようです。

まとめ

「Mi Mover」は、Googleプレイストアにあるため、古いスマホでも簡単にインストールができて便利。OPPOのデータ移行アプリは、インストールしにくかったりしたので、Xiaomiの方がスムーズに移行ができました。作業工程も難しいことはなく、使いやすいと思います。その他の使い方などは別記事を参考に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました