Rakuten Hand の便利機能や使い方まとめ!初期設定からカスタマイズ

Rakuten Hand の便利機能と知っておきたい使い方をまとめました。初期設定からのカスタマイズや、購入を検討している人も、どんな機能があるか参考に。

スポンサーリンク

ダークテーマ

設定→ディスプレイ→タークテーマをオンにすると、システムや一部のアプリで白黒反転し、目に優しく電池持ちが良くなる。日の入りから日の出までONにする設定もあり、自動化もできます。時間を指定したスケジュール指定はできないようです。

ナイトモード

設定→ディスプレイ→ナイトモードをオンにすると、ブルーライトをカットした視力保護モードになります。輝度の調節で黄味がかった色の濃さを調節し、スケジュールの自動化もできます。日の入りから日の出までONにする設定と、ダークテーマではなかった時間を指定した自動化もできます。

通知ランプ

設定→ディスプレイ→詳細設定→通知ランプで、通知ランプのオンオフを選択できる。初期設定ではすべてオンとなっています。緑と赤の色によって点灯時の意味が違ってくるため確認だけでもしておくと良いと思う。充電中も95%まで充電されると緑色に変わります。

ランチャーモード

設定→ディスプレイ→詳細設定→ランチャーモードで、ランチャー(オリジナル)に変更することもできます。オリジナルモードでもアプリを長押しして移動ができるため、よく使うものをトップに集めておくと使いやすくなる。右にスライドするとウィジェット、下にスライドするとその他のアプリが表示されます。ただ下に表示しているアプリはぼやけているため見にくいのが残念な仕様。これは違和感があるので改善してほしいところ。

ランチャーモードの下にあるNEWSの表示は、ホーム画面の左側にニュース画面を表示するオンオフの切り替えになります。ただし他のニュースアプリを使った方が良いので、オフにしておいて良い機能だと思う。

アンビエント表示

設定→ディスプレイ→詳細設定→ロック画面の表示→表示するタイミングの常にONを有効にすると、スリープ状態の画面に「時間・日付・通知アイコン・指紋センサー・電池残量」をアンビエント表示できます。消費電力は多くなるので、理解したうえで表示させること。

端末を持ち上げて画面ON

設定→ディスプレイ→詳細設定→端末を持ち上げて画面ONを有効にすると、手に取ったときに画面が点灯し生体認証でのロック解除がしやすくなる。

タッチ操作音

設定→音→詳細設定→その他の音やバイブレーションに操作音のオンオフがある。初期設定ではすべてオンになっています。タッチ操作音は高い音なので、気になるならオフにしておくと良いかも。

ディスプレイ内蔵の指紋センサー

設定→セキュリティ→画面ロック→生体認証で指紋を登録できます。指紋センサーはディスプレイ内蔵型で、精度も良くロック解除は快適。画面スリープ時でも登録した指を合わせるだけで反応してくれます。もしくは、画面を一度タップしてあげると指紋センサーが点灯してくれるので指を合わせやすい。アンビエント表示させておけば、指紋センサーの場所を常に表示させておくこともできます。ただし電力消費が多くなるので、端末を持ち上げて画面ONを有効にするで十分使いやすい。

顔認証

設定→セキュリティ→画面ロック→顔認証にある端末を持ち上げて画面ONは、ディスプレイ設定にあるのと同じ。オンになっていれば、手に取るだけで顔認証でロック解除してくれるようになる。ただし、端末を持ち上げて画面ONの反応が遅く感じることもあるので、顔と指紋を同時に認識させるように使うのがおすすめ。

※しばらく使っていると、顔認証を認識しない状態になることがあります。セキュリティ面での仕様だと思うのですが、なぜか顔認証のみで指紋での解除は可能。PINやパターンなどの設定してある方法(指紋以外)で、画面ロックを解除してあげると再び有効化されます。

ユーザー補助機能メニュー

設定→ユーザー補助→ユーザー補助機能メニューをオンにすると、ナビゲーションバーに人型アイコンが表示される。アイコンをタップすると様々なショートカットを使えます。Android ユーザー補助設定ツールの機能で、音量調整や画面ロックなど物理ボタンを操作しなくても良いのは便利。

※ユーザー補助機能メニューをオンにすると、キーボードの切り替えや手動回転アイコンはナビゲーションバーに表示されなくなる。

キーボードの切り替え

文字入力時にナビゲーションバー右下のキーボードアイコンから入力方法の選択ができる。初期設定では、日本語ノーマルiWnn IME になっています。Gboardになれている方が多いと思うので、お好みで変更してください。設定→システム→言語と入力→仮想キーボードから細かな設定ができます。

カメラのショートカット起動

設定→システム→ジェスチャー→カメラの起動は、電源ボタンの2回押しでカメラが起動する機能。初期設定でオンになっています。画面ロック時や違うアプリを起動中など、どの画面からでも起動できる便利なショートカット。

システムナビゲーション

設定→システム→システムナビゲーションでは、画面をすっきり見せるジェスチャーナビゲーションを選択することもできます。個人的には、初期設定の3つボタン ナビゲーションのままの方が好きです。これだと自動回転をオフにしたときに横向きにすると、ナビゲーションバーに手動回転アイコン(右下)が表示されるので使いやすい。

※ユーザー補助機能メニューをオンにいていると手動回転アイコンは表示されない。

着信音を停止

設定→システム→ジェスチャー→着信音を停止は、電源ボタンと音量大ボタンを同時に押すとバイブレーションまたはミュートにできる機能。スクリーンショットを撮るときに誤って押してしまうこともあるため、誤動作を防ぐならオフにしておいても良いと思う。

スクリーンショットの撮影方法

スクリーンショットは、電源ボタンと音量小ボタンの同時押し。もしくは電源ボタンの長押しで表示されるメニューの画面の保存からも撮影できます。縦長の画面を撮影するロングスクリーンショット機能はないようです。

※ユーザー補助機能メニューをオンにしている場合は、スクリーンショットアイコンをタップするだけで撮影ができます。

QRコードの撮影方法

QRコードの撮影はGoogleレンズを使用します。カメラを起動すると上部にレンズアイコンがあるので、タップして起動しQRコードを写し込む。ただし、インターネット環境がないと読み込めない。写真として撮影しておいて、インターネット接続後にGoogleフォトからGoogleレンズで読み込むことはできます。

※Wi-Fi設定にあるQRコードのスキャンは、Wi-Fi専用の機能。インターネット環境は関係なく認識します。

データ通信量の上限と警告設定

楽天モバイルの新プランでは、使った分だけ支払う従量制が導入されます。携帯料金をできるだけ抑えたいという人は、データ通信の上限や使用量の警告設定は把握しておきたいところ。設定方法は別記事でまとめてあるので、節約したいと考えている人は参考に。

Rakuten Hand 取扱説明書

その他の基本的な使い方やステータスバーのアイコン内容など、Rakuten Hand 取扱説明書で確認できます。

楽天モバイル公式のPDF
https://network.mobile.rakuten.co.jp/assets/pdf/product/Rakuten-Hand-manual.pdf

まとめ

Rakuten Hand の機能はとてもシンプルですが、どんな機能があるかは知っておきたいところ。初期設定から必要な機能をカスタマイズしてみてください。購入を検討している人もどんな機能があるか参考に。

Rakuten Hand 実質0円キャンペーン中! → 楽天モバイル

コメント

  1. 加藤榮一 より:

    ◎楽天ハンドのユーザーです。
    KDDIばかり掴んでちっとも楽天を掴まえてくれません。
    楽天用のバンド3固定の手順がわかりませんので、解説して頂けると助かります。
    宜しくお願い致します。

    • hipc より:

      通常 Rakuten Hand でバンド3を固定することはできないかと思います。
      手動で切り替えができたら便利なんですけどね。

タイトルとURLをコピーしました