ASUS VivoBook S15 M533IA ハイパフォーマンスな多目的ノートPC

ASUS VivoBook S15 M533IA は、AMD Ryzen プロセッサーを搭載したパフォーマンスの高いノートPC。15.6インチでも軽量薄型のコンパクト設計で、持ち運びもしやすく多目的に使える。

スポンサーリンク

VivoBook S15 M533IA スペック

本体カラーインディーブラック
リゾルトレッド
ドリーミーホワイト
ガイアグリーン
OSWindows 10 Home
CPUAMD Ryzen™ 7 4700U
AMD Radeon™ Graphics
メモリ16GB
ディスプレイ15.6型ワイドTFTカラー液晶
1,920×1,080ドット (フルHD)
ノングレア
タッチパネル非搭載
ストレージSSD 1TB
生体認証指紋認証
Wi-FiWi-Fi 6 対応
Bluetooth5.0
キーボード103キー日本語キーボード
3段階のバックライトに対応
インターフェースHDMI×1
USB3.1(Type-C/Gen 1)×1
USB3.0 ×1
USB2.0×2
microSDカードリーダー
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ高さ:16.1mm
幅:359.8mm
奥行::233.8mm
質量1.8kg
付属品ACアダプター
製品マニュアル
製品保証書

他の構成は、ASUS公式サイトを確認してください。

公式サイト:ASUS Store

VivoBook S15 M533IA 外観レビュー

15.6型インチでも薄型軽量で持ち運びも苦にならないコンパクトノートPC。ボディは、天板、パームレスト、底面でもアルミニウム合金が採用され堅牢性も高い。

ディスプレイは非光沢タイプ。ベゼル幅は、両端が5.6mm、上部は10.5mm、画面占有率は86%あり没入感も抜群。

天板カラーはドリーミーホワイト。写真ではわかりづらいが、角度を変えるとキラキラと輝くパール仕様の魅力的なデザイン。

全面両サイドのスリットがスピーカー。通気口の上に小さな突起があり、エアフローを確保している。

右側面には、microSDカードリーダー、USB 2.0×2。

ディスプレイの開閉角度はこれが最大。左側面のポート類は、電源ポート、HDMI、USB 3.0、USB 3.1(Type-C/Gen 1)、オーディオコンボジャック。Type-C は、データ専用となるようで、充電やディスプレイ拡張には非対応のようです。

キーボードは3段階のバックライトに対応。キーピッチ18.7mm、キートラベル1.4mm、キートップ窪み0.15mm。タッチパッド右上には指紋センサーを搭載。エンターキーが黄色のカラーブロックになっているのも良いデザイン。

45WのACアダプターは、軽量でコンパクトサイズ。コードも細身で収納しやすく持ち運びには便利。

昨年12月に発売した ASUS VivoBook S15 S531FA と同様に、オリジナルステッカーも同梱。しかし今回はポップな感じではないため、少し主張が強くなってしまうかも。

AMD Ryzen 搭載のハイパフォーマンスPC

CPUは、AMD Ryzen™ 7 4700U が搭載されています。一般的にはインテル製のプロセッサーが有名ですが、最近はAMD製を採用しているパソコンが増えてきました。性能が高いのに価格は抑えられているため徐々にシェアを拡大しているようです。Windowsの操作的には違いはないので、特にこだわりがなければ、コストパフォーマンスが高いほうがおすすめ。ベンチマーク結果を見てもパフォーマンスは明らかに高かったです。

VivoBook S15 M533IA ベンチマーク

PCMARK 10VivoBook S15 M533IA
AMD Ryzen 7 4700U
VivoBook S15 S531FA
Intel Core i7-10510U
SCORE46504104
Web Score81237574
Photo Score71313745
Rendering and Visualization Score4939
Apps Score783412052
Video Score30243244
Spreadsheet Score89778200
Productivity73197260
Chat Score76496988
Writing Score59686428
Essentials78668608
Digital Content Creation47403001

昨年12月に発売している ASUS VivoBook S15 S531FA と比較してみました。一部低いスコアもありますが、ほとんどがインテル製プロセッサーを上回った性能。数値は計測ごとに多少の違いはあるので参考程度に。

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク

FFXIV
ベンチマーク
VivoBook S15 M533IA
AMD Ryzen 7 4700U
VivoBook S15 S531FA
Intel Core i7-10510U
1920×1080
高品質
(デスクトップPC)
2574
やや快適
1443
設定変更が必要
1920×1080
高品質
(ノートPC)
3147
やや快適
1920×1080
標準品質
(ノートPC)
4194
快適
2733
やや快適
1280×720
標準品質
(ノートPC)
6101
とても快適
4927
快適

グラフィックス内蔵CPUでここまでのスコアが出るのは素晴らしい。ここでも比較してみましたが、グラフィック性能の違いは明らかなようです。

他にはない魅力的なカラー

レビュー機のカラーは、ドリーミーホワイト。ただのホワイトではなく、角度を変えるとキラキラと輝くパール仕様のデザインとなっている。写真では伝わりづらいのですが、角の色が違うのが分かるかと思います。光の当たり具合によりピンク色に輝くデザインは、魅力的で高級感もあります。

カラーバリエーションは全部で4色。インディーブラック、リゾルトレッド、ガイアグリーンというあまりパソコンには見かけないカラーもあるので、ASUS Storeで色合いを確認してみてください。

ホットキーを搭載したキーボード

F1~F12には、ショートカットが割り当てられています。

  • F1:ミュート
  • F2:音量ダウン
  • F3:音量アップ
  • F4:明るさダウン
  • F5:明るさアップ
  • F6:タッチパッド無効化
  • F7:3段階のバックライト切り替え
  • F8:スクリーン操作
  • F9:Windowsロック
  • F10:カメラをオフにするプライバシーモード
  • F11:プリントスクリーン
  • F12:MyASUS起動

初期設定でWindows標準のFキーを使用するときには、Fnキーを押しながら行う。標準キーをワンタッチで操作したいときは切り替えも可能で、Fn+ESCキーの同時押し、もしくはMyASUSから変更可能。簡単に切り替えられるので、使う頻度が多い方を優先するのが良い。

MyASUS ハードウェアの設定

ASUSのパソコンには、MyASUSというユーティリティソフトがプリインストールされています。これには独自の便利な機能がまとめられているのですが、さらに面白い機能が追加されていました。ハードウェア設定のTaskFirstでは、インターネット接続の利用可能な帯域をどのように分配するか選択できます。通信環境にもよるとは思いますが、スムーズなパフォーマンスを実現できるとのこと。例えばビデオ会議をするときには、ビデオ通話を優先するにしておけば通信を安定させることに役立ちそうです。

この他、バッテリーの設定やブルーライト軽減モードなどは便利機能はそのままなので、別記事も参考に。

多目的に使える高性能ノートPC

薄型のノートパソコンでもHDMIを搭載しているので、ディスプレイの拡張すれば在宅ワークなどにも使いやすい。高性能CPUにメモリが16GBもあるため、マルチタスクでの作業も快適にこなせるスペックです。メインのPCとしても十分な性能だし、持ち運びもしやすい軽量コンパクトサイズなので、これ1台あれば多目的に使えるかと思います。

※ひとつ残念なところを上げると、Type-C ポートはデータ専用ということ。充電やディスプレイ拡張などには使えない。

まとめ

ASUS VivoBook S15 M533IA は、AMD Ryzen モバイルプロセッサーを搭載したパフォーマンスの高い薄型軽量のコンパクトノートPC。デザインも魅力的で、4つのカラーバリエーションがあるのも特徴。色合いなどは公式サイトで確認してみてください。

公式サイトにてスペシャルセール開催中!
あんしん保証プレミアム3年パックとAI Noise-Canceling Mic Adapterをプレゼント!
2020年9月10日(木)~2020年9月30日(水)23:59まで

公式サイト:ASUS Store

コメント

タイトルとURLをコピーしました