ASUS ZenFone 4 カスタマイズモデル!高機能で低価格のロングセラー

ASUS ZenFone 4 カスタマイズモデルは、ZenFone 4の機能はそのまま、性能だけを控えめにして価格を抑えたモデル。1年以上も売れ続けているロングセラースマホです。

スポンサーリンク

ASUS ZenFone 4 カスタマイズモデルのスペック

OS Android™ 7.1.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 630 オクタコアCPU
メインメモリ RAM:4GB / ROM:64GB
外部メモリ Micro-SDスロット(最大2TB)
サイズ 高さ約155.4mm×幅約75.2mm×奥行き約7.5mm
重量 約165g
ディスプレイ 約5.5インチ ワイド フルHD 1,920×1,080 Super IPS+液晶(LEDバックライト) Gorilla® Glass 3
アウトカメラ 1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ) + 800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ), LEDフラッシュ
インカメラ 800万画素カメラ内蔵
バッテリー容量 3,300mAh
ネットワーク LTE:B1/2/3/5/7/8/18/19/28/38/39/40/41
3G:B1/2/3/5/6/8/B9
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
キャリアアグリゲーション:2CA/3CA対応
SIMスロット DSDS対応nanoSIMスロット×2
SDカード共用
Wi-Fi IEEE802.11a / b / g / n / ac(周波数帯域:2.4GHz/5GHz)
Bluetooth® Bluetooth® 5.0
センサー USBType-C/GPS(GLONASS/Beidou/Galileoサポート)/加速度センサ/電子コンパス/光センサ/磁気センサ/近接センサ/ジャイロスコープ/指紋センサ/RGBセンサ/NFC
付属品 USB ACアダプターセット(USBチャージャー/USB Type-Cケーブル)/SIMイジェクトピン/クリアケース/ZenEar/ZenEar交換用イヤーピース/ユーザーマニュアル/製品保証書

参考 → IIJmio

ZenFone 4(ZE554KL)との違い

ZenFone 4(ZE554KL)は、大容量6GBメモリを搭載した高性能スマホ。ゲーム向けの機能も備わっていて、ゲームを快適にやり...

ZenFone 4(ZE554KL)との違いは、CPUとメモリの容量だけ。

  • Snapdragon 660 → Snapdragon 630
  • RAM:6GB → RAM:4GB

カメラ性能やデザイン、他の機能もそのまま、性能を抑えてることで価格を安くています。便利な機能がたくさんあるので使い方などは、ZenFone 4(ZE554KL)を参考に。アプリの起動を加速化する機能のOptiFlexでは、10個ではなく最大4つまでという制限はあるようです。

ASUS ZenFone 4 カスタマイズモデルのベンチマーク

ベンチマークを計測してみると、88405という結果。ZenFone 4(ZE554KL)では、139858だったので違いは明らか。

デザインは一緒だけどケースの色味が違う

ZenFone 4(ZE554KL)とデザインは一緒で、光の反射で見え方が変わり高級感がある。

同梱してあるケースは透明ではなく、少し黄ばんでいる感じだった。厚みもありしっかり守ってくれそうではあるが、ボタンが少し押しづらくなる。

Googleレンズに対応!QRコードスキャンもOK

つい最近、日本でも対応になったGoogleレンズも使えるようになっていました。まだ対応しているスマホは少ないようで、これはうれしいです。写した文字をテキスト化したり、商品を検索したり、QRコードまで読み取れるようになりました。

やり方は、ホームボタンを長押ししてGoogleアシスタントを起動します。左下にサイコロのようなアイコンが表示されるので、そこをタップすれば使えます。

DSDSの動作を試してみた

ドコモのガラケーSIM(FOMA)と、IIJmioのデータ通信専用SIMタイプAの2枚を挿して、DSDSの動作を試してみました。しっかり通話の受信が確認できたので、問題なく使えそうです。

ASUS ZenFone 4 カスタマイズモデルでゲームをしてみた

ゲームタイトルをいくつかやってみました。アップデート等で変更になる可能性があるので参考程度に。

パズドラとモンストは問題なし

定番ゲームのパズドラとモンストをやってみたところ、まったく問題ないです。ゲームのライブ配信ができるGame Genieという機能もあるので、より楽しめる要素あり。過去記事を参考に。

ZenFone 4のGame Genie機能では、スマホのみでゲーム動画のライブ配信ができてしまう。パソコンなど追加機材が必要ないので、か...

ポケモンGOの位置情報は良好

ポケモンGOでは、位置情報は良好でジムバトルも問題なくできた。ただポケモンGOプラスの接続がスムーズではなく、何度かやり直してつなげることができた。

リネレボで1時間の放置狩り

リネレボを初期設定のまま、音量は60%ほどで、1時間の放置狩りをしてみました。発熱はほぼなく、電池残量は83%とバッテリー性能も良い結果です。

PUBGでは少しカクツクこともある

PUBGのデフォルト設定は快適画質に設定された。基本的には快適に動作してくれていたけれど、まれにカクツクことがあり本気の人には致命傷になるかも。

まとめ

見た目と機能は、ZenFone 4(ZE554KL)そのまま。使い勝手は変わらず、価格が抑えられているため長く売れているのかもしれません。さらにGoogleレンズにも対応してくれたというのも、おすすめポイントになります。

IIJmio

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク