Redmi Note 10 Pro カメラ機能まとめ!デュアルビデオやクローンに対応

Redmi Note 10 Pro には、ハイエンド並みの高性能カメラを搭載している。さらに、アウトとイン同時撮影ができるデュアルカメラや、分身を作れるクローンなど面白い機能も魅力。

スポンサーリンク

カメラ性能

アウトカメラインカメラ
性能1億800万画素 広角カメラ
800万画素 超広角カメラ
500万画素 望遠接写カメラ
200万画素 深度センサー
1,600万画素
写真画質

カメラフレーム
高 ●
標準


1:1
3:4 ●
9:16
Full
高 ●
標準


1:1
3:4 ●
9:16
Full
写真機能広角
最大10倍ズーム
AI
ビューティ
フィルター
ムービーフレーム
グリッド線を表示
スーパーマクロ
チルトシフト
タイムドバースト
AI
ビューティ(美肌、小顔、大きな目)
フィルター
ムービーフレーム
手のひらシャッター
グリッド線を表示
タイムドバースト
ポートレートAI
シネマティック効果
ビューティ
フィルター
ムービーフレーム
グリッド表示
AI
シネマティック効果
ビューティ
フィルター
ムービーフレーム
手のひらシャッター
グリッド表示
ビデオ720P 30FPS
1080P 30FPS ●
1080P 60FPS
4K 30FPS
720P 30FPS
1080P 30FPS ●
ビデオ機能広角
最大6倍ズーム
スーパー手振れ補正
ムービーフィルター
ビューティ
ムービーフレーム
グリッド線を表示
スーパーマクロ
動いている被写体を追跡
ムービーフィルター
ビューティ
ムーバーフレーム
グリッド線を表示
ショートビデオ720P 30FPS ●
1080P 30FPS
広角
最大6倍ズーム
速度変更5段階
ビューティ
フィルター
万華鏡
グリッド線を表示
720P 30FPS ●
1080P 30FPS
速度変更5段階
ビューティ(美肌、小顔、大きな目)
フィルター
万華鏡
グリッド線を表示
スローモーション720P 120FPS ●
720P 240FPS
720P 960FPS
1080P 120FPS
最大3倍ズーム
グリッド線を表示
720P 120FPS ●
1080P 120FPS
グリッド線を表示
タイムラプス720P 30FPS
1080P 30FPS ●
4K 30FPS
広角
最大6倍ズーム
中央重点
平均測光
スポット測光
ムービーフィルター
速度4×~1800×
時間∞~240
ムービーフレーム
グリッド線を表示
スーパーマクロ
720P 30FPS
1080P 30FPS ●
ムービーフィルター
速度4×~1800×
時間∞~240
ムービーフレーム
グリッド線を表示
その他
撮影モード
プロ
夜景
108M
パノラマ
ドキュメント
Vlog
デュアルビデオ
長時間露光
クローン
夜景
パノラマ

●は初期値。

撮影機能

カメラを起動したフレーム内の3つの点は、タップすると撮影機能が切り替わる。左側は広角、中央は標準、右側は2倍ズーム。2回タップすると、5倍、10倍ズームが表示されます。スライダーをずらして調整することも可能。

上部にあるAIを有効にすると、認識したときにアイコンに変わる。この時は葉っぱのアイコンになった。

カメラモード

もっと見るから、カメラモードの変更ができます。編集からスタート画面に表示されるのを入れ替えられるので、よく使うものを配置すると良い。各カメラモード起動時に、右上にある3本線からメニューが開きます。スーパーマクロモードはここから。設定からカスタマイズもできるので確認しておくこと。

カメラのカスタマイズ

設定→カスタマイズから、機能のレイアウト、カメラモード、色彩、サウンドの変更ができます。カメラモードからパネルに変更しておくと、上にスワイプするだけで表示できるようになって便利。色のカスタマイズやシャッター音の変更もできます。

108M

108Mモードでは、超高画質の写真が撮れます。撮影した画像をギャラリーで確認すると違いはないように見えるが、ピンチアウトでズームしてみるとかなり鮮明なのが分かります。ファイルサイズは、17.78MB 9000×12000pxと大きいので、拡大したいときに108Mモードで撮影すると良さそう。ちなみに通常撮影のファイルサイズは、7MB前後 3000×4000pxになります。

Vlog

Vlogは、テンプレートを選択し撮影すると、ショートムービーのようになります。はじめにダウンロードが必要。テンプレートはタップすると、どんな感じかを再生できます。

デュアルビデオ

デュアルビデオは、アウトカメラとインカメラを同時に録画できる機能。シャッターボタンの右側の矢印をタップすると上下が切り替わります。ただし撮影中はシャッターボタンに変わるため、撮影前に決めておく必要がある。カメラの表示範囲は、左上をタップすると、全画面とミニウィンドウになる。撮影中に切り替えると、画面に映っているそのままがビデオとして保存されます。

長時間露光

長時間露光はシャッタースピードを遅くして撮影する機能で、6つのモードが用意されています。左上にある「i」アイコンをタップすると詳細を確認できる。

  • 移動する群衆
  • ネオントレイル
  • 油絵
  • ライトペインティング
  • 星空
  • スタートレイル

クローン

クローンは、人を複製して撮影する機能で、3つのモードがある。

  • 写真:最大4体のクローンを作成できる
  • ビデオ:最大2体のクローンを作成できる
  • フリーズフレーム:最大4体のクローンを作成できる

モードをタップすると動きを確認できます。それぞれのモードを選択し、横向きにすると「i」が表示され、サンプルも見れる。

まとめ

Redmi Note 10 Pro のカメラ性能が良いだけでなく、いろんなカメラモードが搭載されていました。デュアルビデオにも対応しているし、クローンを作成する機能も面白い。アイデア次第でいろいろ楽しめそうです。

Redmi Note 10 Pro ハイエンド並みの性能で人気のスマホ
Xiaomi Redmi Note 10 Pro は、3万円台でありながらハイエンド並みの性能を備えたスマホ。発売してから、至る所で在庫がなくなるほどの人気です。Redmi Note 10 ProスペックOSMIU...

コメント

タイトルとURLをコピーしました