「HUAWEI nova lite 2」はおすすめ!一番使いやすい格安スマホかも

「HUAWEI nova lite 2」

「HUAWEI nova lite 2」を使ってみたらかなり快適だった。スマホ選びに迷ったら、これにしておけば間違いないかも。

スポンサーリンク

「HUAWEI nova lite 2」のスペック

OS Android 8.0 / EMUI 8.0
CPU HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU (4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
メインメモリ RAM:3GB / ROM:32GB
外部メモリ micro SDスロット( 最大256GB)
サイズ 約72.05×150.1×7.45mm
重量 約143g
ディスプレイ 約5.65インチ 18:9 TFT, 2160×1080ピクセル
アウトカメラ ダブルレンズ: 1300万画素 + 200万画素,LEDフラッシュ,像面位相差 + コントラスト AF
インカメラ 800万画素 ,FF
バッテリー容量 3,000mAh(一体型)
ネットワーク FDD LTE:B1/3/5/7/8/19/20
W-CDMA: B1/2/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数(音声通話のみ)
SIMスロット デュアルSIM(nano / nano)
Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth® Bluetooth® 4.2
センサー 加速度, コンパス, 環境光, 近接, 指紋認証

価格はOCNモバイルONEのらくらくセットが安い。

OCNモバイルONE

「HUAWEI nova lite 2」の外観レビュー

「HUAWEI nova lite 2」の全面

上下のベゼル幅が狭く、見やすい18:9の縦長ディスプレイ。細身で手の小さな女性でも持ちやすい。

「HUAWEI nova lite 2」の背面

背面の指紋センサーの感度はかなり良い。カメラは、低価格帯のスマホなのにダブルレンズなのが凄い。カラーはブルーの他、ブラックとゴールドがある。

「HUAWEI nova lite 2」の右側面

右側面に音量調節ボタンと電源ボタン。

「HUAWEI nova lite 2」のSIMスロット

左側面にはSIMスロットがある。nanoSIM×2で1つはmicroSDカードと共用。

「HUAWEI nova lite 2」の上部

前面トップには受話口とインカメラがあり、通知ランプはその間。上部には端子類はなくすっきりしている。小さな穴はマイク穴だろうか。

「HUAWEI nova lite 2」の下部

ナビゲーションメニューは画面内にあり、幅の狭いベゼル部分にはロゴがあるだけ。端末下部にはイヤホンジャック、microUSB充電端子、スピーカー。

「HUAWEI nova lite 2」の付属品

レビューしているのはグローバルモデルのため、アダプタの形状が違う。通常モデルだとケースまで付いているようだ。

「HUAWEI nova lite 2」のベンチマーク

「HUAWEI nova lite 2」のベンチマーク

ベンチマークスコアを計測してみると、88104という結果が出た。

「HUAWEI nova lite 2」のマルチタッチテスト

マルチタッチテストでは10点も反応した。

どこよりも詳しい便利な使い方

「HUAWEI nova lite 2」を使ってみると便利な機能がたくさんあった。詳しく書こうとしたらあまりにも多くなってしまったので、別記事にしてあります。使い方で特におすすめなのは、顔認証とダブルタップで画面点灯する組み合わせ。いろいろ書いたので参考に。

「HUAWEI nova lite 2」はコストパフォーマンスが高く、買って損しないおすすめな格安スマホだ。しっかり使いこなせるように、設...

18:9の画面は持ちやすくて見やすい

「HUAWEI nova lite 2」の大画面

18:9の縦長ディスプレイとても見やすい。画面は大きいのに小型で軽量化されているのが分かる。また横幅が狭いと持ちやすくなるというのもメリット。とても扱いやすく、これから発売されるスマホは、この18:9が主流になっていくかもしれない。

背景のぼかしを後から調節できるワイドアパーチャ

「HUAWEI nova lite 2」ワイドアパーチャ

メインカメラは1300万画素 + 200万画素のダブルレンズで、一眼レフで撮影したような立体感のある写真が撮れる。背景をぼかすことで雰囲気のある写真にするのだけれど、ワイドアパーチャを有効にして撮影すると、後からでもぼかす場所やぼかし具合を自由に調節することができてしまう。その他にもアニメーション写真や、ポートレートモードもあり、カメラ機能も充実している。

ゲームを4タイトルやってみた

※今後アップデート等で仕様が変更になる可能性はあります。

パズドラではモンスターボックスが見やすい

「HUAWEI nova lite 2」でパズドラをやってみた

画面が縦長のおかげで、モンスターボックスにたくさん表示してくれるので見やすいというメリットがあった。パズル時は大きな違いはなく、モンスターが表示されているところが大きく余白もある。またバージョン14.0.0にアップデートされたばかりで、以前よりも楽しめるようになっていた。ダンジョンクリアでレベルアップできるようになったり、モンスター交換所のおかげで、始めたばかりの人でも進化しやすくなっているようだ。

モンストでは全画面表示に対応

「HUAWEI nova lite 2」でモンストをやってみた

画面下に全画面表示とあり、タップすると画面が少しだけワイドになる。切り替えるときにはアプリが再起動されるので、クエストに入る前にしておいた方が良さそう。ゲーム自体の不具合は感じなかったので問題なくできそう。

ポケモンGOでは位置情報の精度はそこそこ

「HUAWEI nova lite 2」でポケモンGOをやってみた

「HUAWEI nova lite 2」のスペック表にジャイロセンサーの記載がなくても、ARモードでしっかり表示してくれた。ポケモンGOプラスの接続は一度失敗したけれど、再接続をを試みるとつながり、動作は良好。ジムバトルも問題なく、不具合は感じられない。しかし位置情報の精度はそこそこで、多少のブレはあるようだった。

リネレボを1時間連続でやってみた

「HUAWEI nova lite 2」でリネレボをやってみた

リネレボで初期設定のまま、音量は中で1時間連続でやってみたところ、電池残量は79%まで減った。バッテリー容量は3,000mAHなので、電池持ちは良さそう。発熱具合は、少し端末上部が温かくなる程度で問題ないレベル。こういった横持ちのゲーム方が、大きな画面がメリットになるかな。

まとめ

「HUAWEI nova lite 2」は、18:9の縦長ディスプレイに、ダブルレンズカメラ、機能も優れていて、コストパフォーマンスの優れた格安スマホになる。とても扱いやすく、購入後に後悔する人は少なそうな気もする。実際に売れ行きも良いようで、乗り換えを検討している人にはおすすめ。

端末セットが安い → OCNモバイルONE

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク