「HUAWEI P20 lite」は「HUAWEI nova lite 2」の強化版かな

「HUAWEI P20 lite」を使ってみると「HUAWEI nova lite 2」にとても似ている。性能と機能がアップした強化版と思ってよいかも。

スポンサーリンク

ディスプレイサイズが5.84インチの大画面

  • 「HUAWEI P20 lite」はアスペクト比19:9の5.84インチ
  • 「HUAWEI nova lite 2」はアスペクト比18:9の5.65インチ

「HUAWEI P20 lite」の方が縦長のディスプレイの縦部分が長く、画面が大きくなっている。しかし、全体的な大きさは少しだけ小さくなり、持ってみると今までになかったとても細いスマホだ。片手に収まるサイズ感でも画面が大きいので、手の小さな女性でも扱いやすい。

カメラ性能が大幅にアップしている

  • 「HUAWEI P20 lite」のメインカメラは、約1,600万画素 + 200万画素のダブルレンズで、インカメラは約1,600万画素
  • 「HUAWEI nova lite 2」のメインカメラは、1,300万画素 + 200万画素 のダブルレンズで、インカメラは800万画素

特にインカメラが2倍になっているので、自撮りをよくする人にはうれしい。さらにARレンズという新しい機能も追加されていて、アプリいらずでエフェクトや背景を変えて楽しめる。

CPUとストレージはそのままでメモリが4GBにアップ

どちらもCPUは全く同じ「Kirin 659」を使っている。ストレージは32GB(au版は64GBのようだ)で、メモリだけ3GBから4GBにアップした。そのためベンチマークスコアの違いはそれほどない。

Wi-Fiが5GHzに対応した

Wi-Fiの規格が、「HUAWEI nova lite 2」では2.4GHzのみでした。「HUAWEI P20 lite」では5GHzにも対応したので、より快適に使えるようになった。

「HUAWEI P20 lite」の方が見た目に高級感がある

見た目は圧倒的に「HUAWEI P20 lite」の方が高級感がある。最近はやりのノッチディスプレイに、背面はガラスコーティングで見る角度によって光の反射具合が変化する。「HUAWEI nova lite 2」と比べて、サイズが小さくなっているのに2gほど重くなっているのは、このコーティングによる違いなのかも。

持ち上げてスリープ解除に対応で快適

顔認証を使うときには、設定→スマートアシスト→モーションコントロール→持ち上げるにある端末起動を有効にしておくのが便利。持ち上げただけでスリープが解除されるので、そのまま顔認証され、ロック解除してくれる。「HUAWEI nova lite 2」にはなかった機能なので便利になったのだけれど、個人的に気に入っていたダブルタップでスリープ解除する機能はなくなっていたのが残念。

ダブルタップでオン以外の使い方は、ほとんど一緒なので参考にしてみてください。

「HUAWEI nova lite 2」はコストパフォーマンスが高く、買って損しないおすすめな格安スマホだ。しっかり使いこなせるように、設...

※アップデート等のバージョンによって変わってくるかも

PrivateSpaceが使えるようになったのはうれしい

「HUAWEI Mate 10 Pro」の時に使って便利そうだと思った、PrivateSpace機能が「HUAWEI P20 lite」でも実装されていた。メインスペースとプライベートスペースを分けて使えるので、アイデア次第で便利に使えそう。指紋やパターンを使い分けるだけで、スマホの中にもう1つのスマホを起動できる。アプリごとにロックする必要がなかったり、ユーザー情報を切り替えて使うというのも有りかな。

「HUAWEI Mate 10 Pro」は、ハイエンドモデルでも売れ行きの良い人気のスマホだという。Leicaダブルレンズカメラや、AIプ...

まとめ

「HUAWEI P20 lite」は「HUAWEI P10 lite」の後継機というよりも、「HUAWEI nova lite 2」に似ていて、性能と機能がアップしている。しかし価格が高くなっているわけでなく、コストパフォーマンスは最強レベルだ。

OCNモバイルONEの端末セットが安い!

OCNモバイルONE

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク