moto g8 シリーズのカメラ機能が面白い!楽しみ方はアイデア次第

moto g8 シリーズの標準カメラには面白い機能が搭載されています。カラーを抜き出したり、一部だけ動く写真を作れたり、アイデア次第でいろいろ楽しめる。

スポンサーリンク

moto g8 シリーズのカメラ比較

左から、moto g8、moto g8 power、moto g8 plus。左右にある moto g8 と moto g8 plus の見た目は 4眼に見えるけれど、レーザーオートフォーカスが割り当てられている。

カメラ位置
上から
moto g8
3眼
moto g8 power
4眼
moto g8 plus
3眼
1800万画素
118°超広角
800万画素
118°超広角
1,600万画素
117°超広角アクションカメラ
21,600万画素
メインセンサー
1,600万画素
メインセンサー
4,800万画素
メインセンサー
3200万画素
マクロ
200万画素
マクロ
500万画素
深度センサー
4
レーザーオートフォーカス
800万画素
望遠 光学2倍ズーム

レーザーオートフォーカス
5フラッシュライト
インカメラ800万画素1,600万画素2,500万画素

特に上位モデルの moto g8 plus は、縦持ちでも横向きの動画が撮影ができるアクションカメラが特徴的。手振れ補正機能により安定もするし、動きのある動画を撮影したい人に向いている。

moto g8 シリーズのカメラ機能

カメラモードは面白い機能がたくさんあり、右上(?アイコン)から使い方を確認できます。※対応モードはモデルにより違いあり。

写真モードmoto g8moto g8 powermoto g8 plus
ポートレート
カットアウト
マクロ
スポットカラー
ナイトビジョン
Cinemagraph
シネマグラフ
パノラマ
ライブフィルタ
動画モードmoto g8moto g8 powermoto g8 plus
マクロ
スローモーション
タイムラプス
ARステッカー
インカメラmoto g8moto g8 powermoto g8 plus
ポートレート
スポットカラー
Cinemagraph
シネマグラフ
グループ自撮り
(パノラマ)
ライブフィルタ
スローモーション
タイムラプス

カットアウト

カットアウトモードでは、人を認識して背景をブラックアウトさせる写真が撮れる。カ撮影した写真は、Googleフォトで確認するとカットアウトのアイコンが付きます。他の写真とは違い、表示して編集をタップすると、背景を追加という項目が表示される。

背景を追加では、自身で撮影したカメラのアルバムから新しい順に表示されます。写真がたくさんあると見つけづらいかも。ここでは、インカメラで撮影した写真やスクリーンショットなどは選択できないようです。

サンプルも何枚かあり、ビーチや砂漠などを背景にすることもできます。

マクロ

moto g8 と moto g8 power では、マクロレンズを搭載しているため、マクロモードでの撮影に対応。接近してもぼやけることなく、鮮明なディテールを写真に残すことができます。試しにSIMスロットを撮影してみると、小さな文字もしっかり表示してくれました。ここまで撮れるのとかなり実用的、しかも動画モードにまで対応しているのも珍しい。ただし、動画だと画質は良くはない。

※moto g8 plus はマクロモードに対応していないが、少し離してズームで撮影というのも良いと思う。

スポットカラー

スポットカラーは、指定した色を残して他は白黒にしてくれる面白い撮影方法。保持したい色をタップすると、色が変わります。

タップしても、他の色が少し残ってしまうときには、下のスライドバーで調整する。

調整ができたら、シャッターボタンを押して撮影。カラースポットでは色がはっきり分かれているところの方がうまく撮れそうです。

Cinemagraph(シネマグラフ)

シネマグラフは、動く写真を作成できる撮影モード。録画してから動かしたい部分を指でなぞります。ループ方法は、繰り返すレギュラーループと、再生と逆再生を繰り返すバウンスループの選択が可能。プレビューから保存方式を、GIFかMP4を選択して保存で完成。

ARステッカー

ARステッカーは、moto g8 power と moto g8 plus で使える機能。立体的に動くキャラクターを呼び出して、現実世界と一緒に撮影できる。テキストの入力も可能で、このまま写真や動画の撮影もできます。

moto g8 シリーズのカメラ性能比較

写真moto g8moto g8 powermoto g8 plus
4:316MP●
8MP
16MP●
8MP
12MP●(48MP/クアッドピクセル)
8MP(32MP/クアッドピクセル)
16:911.9MP
6MP
11.9MP
6MP
9MP(36MP/クアッドピクセル)
6MP(24MP/クアッドピクセル)
19:910.1MP
5MP
7.6MP(30.3MP/クアッドピクセル)
5MP(20.2MP/クアッドピクセル)
19.5:99.8MP
4.9MP
ズーム
デジタル

最大8倍
光学ズーム2倍
最大8倍

最大8倍
広角118°118°
動画moto g8moto g8 powermoto g8 plus
ビデオサイズ4K UHD
4K UHD(19.5:9)
FHD(60fps)
FHD●
FHD(19.5:9)
HD
4K UHD
4K UHD(19:9)
FHD(60fps)
FHD●
FHD(19:9)
HD
4K UHD
4K UHD(19:9)
FHD(60fps)
FHD●
FHD(19:9)
HD
アクションカムFHD(60fps)
FHD●
FHD(19:9)
HD
スローモーション設定なし
インカメラは機能なし
FHD●(120fps)
HD(240fps)
FHD●(120fps)
HD(240fps)
タイムラプス4×●

16×
32×
4×●

16×
32×
4×●

16×
32×
ズーム最大8倍最大8倍最大8倍
広角118°118°117°
手振れ補正
インカメラmoto g8moto g8 powermoto g8 plus
4:3
解像度の変更なし
16MP
4MP●(16MPクアッドピクセル)
25MP
6MP●(25MPクアッドピクセル)
16:9解像度の変更なし11.9MP
3MP(11.9MPクアッドピクセル)
18.7MP
4.7MP(18.7MPクアッドピクセル)
19:910.1MP
2.5MP(10MPクアッドピクセル)
15.7MP
3.9MP(15.7MPクアッドピクセル)
19.5:9解像度の変更なし
ビデオサイズFHD●
FHD(19.5:9)
HD
FHD●
FHD(19:9)
HD
FHD●
FHD(19:9)
HD
ズーム最大8倍最大8倍最大8倍

※●が初期値

まとめ

moto g8 シリーズのカメラ性能は価格以上に充実していて、面白い機能がいくつも備わっていました。特にシネマグラフは、アイデア次第でいろいろ楽しめそうです。レビュー記事も参考に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました