Redmi Note 11 急速充電が快適なエントリーモデル

Redmi Note 11 は、6.43インチの有機 EL(AMOLED)ディスプレイにデュアルスピーカーを搭載した動画視聴に向いているスマホ。33Wの急速充電に、薄型軽量なデザインも魅力。

スポンサーリンク

Redmi Note 11 スペック

OSAndroid 11 ベースの MIUI 13
CPUQualcomm® Snapdragon™ 680
メモリ+ストレージ4 GB + 64 GB
ディスプレイ6.43 インチ FHD+ 有機 EL(AMOLED)ディスプレイ
リフレッシュレート:最大 90 Hz
タッチサンプリングレート:最大 180 Hz
解像度:2400 × 1080
サイズ高さ:159.87 mm
幅:73.87 mm
厚さ:8.09 mm
重量179g
バッテリー5,000 mAh
USB Type-C
33W 急速充電対応
アウトカメラ5000 万画素広角カメラ
800 万画素超広角カメラ
200 万画素マクロカメラ
200 万画素深度カメラ
インカメラ1300 万画素
スピーカーデュアルスピーカー
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth®5.0
NFC非対応
おサイフケータイ非対応
SIMスロットnanoSIM×2+microSDカード(最大512GB)
DSDV/DSDS対応トリプルスロット
通信方式4G: LTE FDD: 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/66
4G:LTE TDD: 38/40/41 (2545-2650MHz)
3G: WCDMA: 1/2/4/5/6/8/19
2G:GSM:850 900 1800 1900 MHz
生体認証サイド指紋センサー
顔認証
防水/防塵ー(IP53の防滴仕様)
センサーGPS L1 | Glonass G1 | BDS B1 | Galileo E1
近接センサー
環境光センサー
加速度計
電子コンパス
IR ブラスタ
ジャイロスコープ
本体付属品ACアダプタ
USB Type-C ケーブル
SIM 取り出しツール
保護ケース
クイックスタートガイド
保証に関するお知らせ
Redmi Note 11 格安スマホセット

Redmi Note 11 外観レビュー

有機ELで発色が良く鮮やかなパンチホールディスプレイ。6.43インチに5000mAhのバッテリーを搭載で179gと軽量なのも特徴。インカメラは1300万画素。

背面は、指紋の付きにくいマットな質感の樹脂製パネル。光の当たり方で見え方が変わり、安っぽくは見えない工夫が施されている。カラーは、トワイライトブルー。他にスターブルーとグラファイトグレーがある。

左側面上部にSIMスロット。本体の厚さは、8.09mmという薄型設計。

右側面に、指紋センサーを内蔵した電源ボタンと、音量調節ボタン。

上部に、マイク穴、赤外線ブラスター、スピーカー、イヤホンジャック。ディスプレイには保護フィルムも張られています。

下部に、マイク穴、USB Type-C、スピーカー。

付属品は、SIMピン、保証のお知らせ、クイックスタートガイド、ソフトタイプのクリアケース、33Wアダプタ、A to CのUSBケーブル。

クリアケースには、充電端子を保護するキャップもついています。防滴という観点からするとメリットですが、充電するのに邪魔になら切ってしまうか、違うケースを探してみるのも良いと思う。

Redmi Note 11 ベンチマーク

機種
プロセッサー
Redmi Note 11
Snapdragon 680
Redmi 9T
Snapdragon 662
OPPO A54 5G
Snapdragon 480 5G
Geekbench 5シングル:355
マルチ:1633
シングル:314
マルチ:1394
シングル:521
マルチ:1632
3DMark
Wild Life
451369977
PCMark
for Android Benchmark
65865950
(Work 2.0)
7279

旧モデルのRedmi 9Tと比較すると高くなっているが、同価格帯のOPPO A54 5G(OPPO A55s 5G も同程度)と比較するとパフォーマンスは落ちるようです。

Redmi Note 11 バッテリーテスト

PCMark の Work 3.0 battery life で計測してみたところ、17時間37分という結果になった。電池残量20%までは、14時間51分ほど。これだけ持てばバッテリーの消耗を気にすることはなく使える。33Wの急速充電も快適なので、エントリーモデルの中ではかなり優秀。

急速充電の速度を計測

付属している33Wの急速充電気を使い、電池残量15%からどのくらいの速度で充電できるか計測してみました。

充電時間電池残量回復量回復差
開始時15%0%0%
30分65%50%+50%
1時間98%83%+33%

電池残量が少ない状態からだと、30分で50%も回復してくれました。少しの時間充電するだけでもしばらく使えそうです。

リバースチャージ対応

リバースチャージに対応しているのも確認しました。OTG対応ケーブルを持っていれば、Redmi Note 11 本体をモバイルバッテリーのように使うこともできます。ワイヤレスイヤホンの充電や、メインスマホを充電するサブスマホとしても活躍できる。

「Redmi 9T 」「OPPO A54 5G」と比較

Redmi Note 11Redmi 9TOPPO A54 5G
CPUSnapdragon 680Snapdragon 662Snapdragon 480 5G
ディスプレイ6.43 インチ
有機EL
6.53インチ
液晶
6.5インチ
液晶
サイズ高さ:159.87 mm
幅:73.87 mm
厚さ:8.09 mm
高さ:162.3mm
幅:77.3mm
厚さ:9.6mm
縦: 約162.9mm
横: 約74.7mm
厚さ: 約8.4mm
重量179g198g190g
バッテリー5,000 mAh
33W 急速充電対応
6,000mAh
18W急速充電 対応
5,000mAh
18W急速充電対応
スピーカーデュアルスデュアルモノラル
NFC非対応非対応対応
本体付属品33W急速充電器
保護ケース
保護フィルム
22.5W急速充電器
保護ケース
保護フィルム
保護ケース
保護フィルム

Redmi 9T 」「OPPO A54 5G」と比較してみても、薄型軽量に33Wの急速充電気を付属しているのはうれしいところ。充電器を付属しないメーカーが増えてきているので、購入コストも考慮する必要はありそうです。

Redmi Note 11 使い方

発売時のOSは、Android 11 ベースの MIUI 13 になります。ボタンショートカットに機能を割り当てたり、画面オフ時でも再生できるビデオツールボックスなど、他のAndroidにはないオリジナル機能がいくつも搭載されている。カスタマイズ性も高く、どこに何があるか把握するのが大変なほどです。ただし他のXiaomi製スマホと違い、画面分割など対応していない機能もあります。使い方は別記事にまとめてあるので参考に。

Redmi Note 11 カメラ性能

上部の大きいレンズが、5000万画素のメインカメラ。左側に、800万画素の超広角カメラと、200万画素のマクロカメラ。右側に、200万画素の深度カメラとフラッシュライト。インカメラは1300万画素。

フレーム内下部から、広角・標準・ズームの切り替え。ズームボタンの長押しで、最大10倍までのスライダーが表示されます。

最大倍率の10倍にしても画質はそれほど荒くはならない。

上部にあるAIカメラを有効にすると、自動でシーンを認識して最適化してくれる。アイコンは認識したシーンによって変わります。

カメラモードはもっと見るまでスライドして表示。編集から配置を変えることもできます。ショートビデオやパノラマなど、グレーに表示されていない機能はダウンロードが必要。ちなみにパノラマは縦横の両対応。

カメラを起動した右上の「≡」から設定を開き、カスタマイズからレイアウトやサウンドの変更も可能です。

左「Redmi Note 11」と、右「Redmi Note 10 Pro」の夜景モード比較。Redmi Note 11 は少し明るさが弱い。Redmi Note 10 Proのカメラは性能と機能ともに優秀。

カメラ機能

アウトカメラインカメラ
写真画質

カメラフレーム
高 ●
標準


3:4 ●
9:16
Full
1:1
高 ●
標準


3:4 ●
9:16
Full
1:1
機能AI
ビューティ
フィルター
広角
最大10倍ズーム
AI
ビューティ(美肌、小顔、大きな目)
フィルター
手のひらシャッター
ビデオ1080P 30FPS●
720P 30FPS
広角
マクロ
最大6倍ズーム
ビューティ
フィルター
1080P 30FPS ●
720P 30FPS
ビューティ
フィルター
ショートビデオ720P 30FPS ●
1080P 30FPS
速度変更5段階
広角
最大6倍ズーム
ビューティ
フィルター
万華鏡
720P 30FPS ●
1080P 30FPS
速度変更5段階
ビューティ
フィルター
万華鏡
スローモーション最大3倍ズーム
タイムラプス1080P 30FPS ●
720P 30FPS
速度4×~1800×
時間∞~240
フィルター
中央重点/平均測光/スポット測光
広角
最大6倍ズーム
1080P 30FPS ●
720P 30FPS
速度4×~1800×
時間∞~240
フィルター
その他
撮影モード
ポートレート
夜景
パノラマ
プロ
50M
ドキュメント
ポートレート
パノラマ

●は初期値

楽天モバイルやDSDSの動作確認

SIMスロットは、nanoサイズが2枚とmicroSDカードが入るDSDV対応のトリプルスロット。楽天モバイルや格安SIMをいろいろ試してみました。

LINEMOは、挿しただけでワイモバイルのAPNが割り当てられそのまま使えました。楽天モバイルとOCNモバイルONEではAPNを選択するだけ、povoはAPN設定の追加が必要です。これに加え、ガラケー(FOMA)SIMは、優先ネットワークタイプを「3Gを優先」に切り替えることで着信し、DSDSの動作も確認済み。

2枚のSIMで使っていた後に、1枚に切り替えたときに注意点があります。データSIMを設定していなかった側に挿した場合、モバイルデータが自動的にオフとなります。通常はモバイルデータをオンにすることで使えますが、楽天モバイルだけは一度SIMを抜かないと認識してくれないようです。

ゲームの動作確認

ゲームターボにアプリを追加すると、画面左上からツールボックスを起動できるようになる。左側にはフローティング表示できるアプリアイコンが並びます。ゲーム起動時にフローティング表示することで、ドラクエウォークをしながらポケモンGOを起動することも可能ですが、メモリが少ないせいかよく落ちます。

ちなみに、ドラクエウォークはフローティング表示に対応していないため、逆のポケモンGO上には表示できない。

ポケモンGOはAR+対応

発売当初は未対応でしたが対応しました。Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)インストール後に、ポケモンGOの設定からNiantic AR(AR+)にチェックを入れることで遊べます。

※デュアルアプリは非対応になっています。

原神でのバッテリー消耗

グラフィックス画像のデフォルトは低。この設定のまま1時間プレイしてみたところ、電池残量は17%も減少した。遊べないことはないが、動作はカクつくこともあり、ストレージ容量も圧迫するためやめた方がよさそう。

PUBGの初期設定

PUBGの初期設定は、グラフィックのクオリティはスムーズ、フレーム設定は中。この設定のままプレイしてみたところ十分遊べそうな感じ。

Redmi Note 11 メリット・デメリット

Redmi Note 11 は、あくまでもライトユーザー向けのエントリーモデルのため、過度な期待をしすぎないこと。

メリット

  • 鮮やかなディスプレイ
  • デュアルスピーカー
  • 5000mAhの大容量バッテリー
  • 薄型軽量デザイン
  • 急速充電が快適
  • 33Wアダプタ付属

デメリット

  • ゲーム向きではない
  • 容量が多くはない
  • MIUI 13 でも使えない機能がある
  • NFC・おサイフケータイ非対応
  • 5G非対応

デメリットが気にならないなら、コスパが良く後悔はしないと思います。

Redmi Note 11 購入先

Redmi Note 11 格安スマホセット

まとめ

Redmi Note 11 は、有機ELの鮮やかなディスプレイにデュアルスピーカーを搭載しているため、動画視聴に向いているスマホ。性能的には高くはないエントリーモデルだが、大容量バッテリーでも薄型軽量、33Wの急速充電は快適だ。しかし、画面分割などには対応していないため、使える機能をあらかじめ確認しておくこと。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました