楽天モバイル0円プランが最安!大手キャリア乗り換え戦争に勝利か

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」が発表されました。キャンペーンで0円ではなく、1GBまでならタダという今までになかった従量制プランです。

スポンサーリンク

0円~上限2,980円の従量制プラン

楽天モバイルの通信プラン Rakuten UN-LIMIT V から VI に変わる新料金プランが発表されました。今までは2,980円で使い放題だったものが、使用量によって段階的に料金が変わる従量制プランになります。

  • 0~1GBまで:0円
  • 1GB~3GBまで:980円
  • 3GB~20GBまで:1,980円
  • 20GB~無制限:2,980円

あまり使わない人は安くなり、たくさん使う人でも今まで通りに使える理想的な改定。大手キャリア各社が打ち出している20GBまでの新プランと比較しても、1,980円で済むという圧倒的な安さです。新規ユーザーだけでなく、既存のユーザーも4月1日より自動で新料金プランにアップグレードされます。

大手キャリアと比較して最安値

楽天モバイル
Rakuten UN-LIMIT VI
docomo
ahamo
au
povo
Softbank
LINEMO
プラン料金0~1GBまで0円
1GB~3GBまで980円
3GB~20GBまで1,980円
20GB~無制限2,980円
2,700円2,480円
かけ放題はオプション
2,480円
データ容量楽天回線エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB
20GB20GB20GB
※LINEはカウントフリー
速度制限時パートナー回線エリアのみ
最大1Mbps
最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps
データチャージパートナー回線エリア
500円/1GB
500円/1GB500円/1GB
使い放題オプション
200円/24時間
500円/1GB
国内通話Rakuten Linkアプリ利用時
かけ放題
5分かけ放題
5分以降は20円/30秒
かけ放題は+1,000円
5分かけ放題500円/月
5分以降は20円/30秒
かけ放題は+1,500円
5分かけ放題500円/月
5分以降は20円/30秒
かけ放題は+1,000円
メールアドレス2021年夏頃予定
申し込み方法Web
店舗
WebのみWebのみWeb+LINE

プラン料金を比較すると、あまり使わない人なら圧倒的に楽天モバイルが安い。またRakuten Linkアプリを使うことで、国内通話やショートメッセージサービス(SMS)も無料になる。オプションではなく、追加料金等がないのはメリット。

ただし、他のキャリアと比べると楽天回線エリアは狭く、通信の安定性に劣るのがデメリット。2021年夏までに人口カバー率96%へ拡大予定なので今後に期待したい。2023年以降にはスペースモバイル計画として、衛星から電波を飛ばして100%のエリアカバーを目指しているようだ。

通信エリアには注意

一番注意したいのが通信エリアになる。地域によって快適に使えている人もいれば、繋がりにくいという人もいます。いくら安くてもつながらなければ意味がないので、安定性を求めるならば今の楽天モバイルはおすすめしない。場所によっては全くつながらないこともあり、いざQRコード決済をしようとしても読み込めないという事が起こりえます。うまくやり繰りできる人ならいいけど、大手キャリアのような安定した通信環境を期待していると満足いかないかもしれません。

楽天モバイルの他にデータ通信用の格安SIMを使ったデュアルSIM運用なら、通信エリアをカバーすることができます。

すべてのデータでカウント

データ利用量は楽天回線エリア、パートナー回線エリア(国内)、パートナー回線エリア(海外)全てのエリアでカウントされます(データ高速モードがOFFであってもデータ利用量はカウントされます)。

楽天モバイル

データ通信量はすべてのエリアでカウントされるようです。また、データ高速モードがOFFの時でも使用量が加算されていくので、データ管理はしっかりしておきたいところ。端末のデータ上限の設定や警告方法を別記事でまとめてあるので、しっかり節約したい人は参考に。

2回線目以降は980円~

2回線目以降の場合0~1GBまでは0円ではなく、0~3GBまで980円となり、3GB以上は同じ。家族で複数回線を考えているなら、これは把握しておきたいところ。あまり使わない人の場合は、違う楽天IDで契約したほうがお得になる。他の大手キャリアの新プランでも家族割は対象外となるため、もともと家族利用者をターゲットにしていないプランです。楽天モバイルも家族割というのはないけれど、他と比べると料金プランは安いため節約するには向いている。

スマホセットも魅力

スマホセットで最大27000円相当のポイント還元があるのも魅力。楽天モバイルのオリジナルスマホ「Rakuten Hand」だと、本体価格が実質0円となるポイント還元に他のキャンペーンも併用すると購入代金よりも多いポイントがもらえます。片手で操作しやすい小さいサイズのスマホがよく、カメラ機能をあまり重視しないという人にはおすすめ。開通後にRakuten Linkアプリを使用するなど条件もあるのでしっかり確認しておくこと。

レビュー記事や使い方などは別記事でまとめてあるので、購入検討の参考にしてみてください。

300万名対象1年間無料はあとどれくらい

楽天モバイルがキャリア参入した昨年の4月から、300万名対象で1年間無料キャンペーンをしていました。先日の新プラン発表会見の時には、220万超えたとのことで残り80万弱ということになる。Rakuten UN-LIMIT VI の新プランは大手キャリアのどこよりも安く、負担が少なくなることから新規申し込みが急増するかと思われます。通信エリアが心配で契約をためらっていた人も、1年間どれだけ使っても無料なうちに申し込みだけしておくのも悪くないかもしれない。申し込みの事務手数料や解約手数料もかからないので、早めに検討してみるのが良いでしょう。

公式サイト:楽天モバイル

※1年間無料キャンペーンの終了が発表されました。4月7日(水)まで。

まとめ

楽天モバイルの新料金プランは、1GBまでならタダというあまり使わない人には理想的なプラン。通信エリアが気になるところですが、タダで使えるなら試してみる価値はある。満足いくならそのまま使えばいいし、不満ならば他社SIMと併用して使うのも悪くない。楽天回線エリアは順次拡大しているようなので今後に期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました