Lenovo Tab P12 レビュー!薄くて万能な12.7インチの大型タブレット

12.7インチのタブレット「Lenovo Tab P12」のレビューです。大型でも薄くて取り扱いやすく、機能面でも優れていました。

※製品貸出によりレビューをしています。記事内にはアフィリエイトリンクも含みます。

スポンサーリンク

スペック

製品番号ZACH0002JP
初期導入済OSAndroid 13
プロセッサーMediaTek Dimensity 7050 プロセッサー
2.6 GHz x 2 コア + 2.0 GHz x 6 コア
メモリ8GB
ストレージ128GB
外部(microSDカード最大1TBまで)
ディスプレイ12.7 型ワイドパネル
(2944×1840 ドット)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac/ax
BluetoothBluetooth v5.1
LTE
オーディオJBLスピーカー×4
アウトカメラ800万画素
インカメラ1300万画素
サイズ高さ:約190.8mm
幅:約293.4mm
厚さ:約6.9mm
重量約615g
バッテリー10200mAh
センサー指紋センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
RGB センサー
GPS、Glonass、Galileo
主な付属品マニュアル類
AC アダプター(20W)
USB ケーブル
カードスロットピン
価格49,830円

外観チェック

12.7インチ、アスペクト比16:10、解像度2944×1840の3Kディスプレイ。大画面でも薄型で、重さは約615gと軽い。インカメラは上部(横向き時)中央に配置。背面カラーはストームグレー、上部中央の楕円部分に、別売りのLenovoペンが磁力で付くようです。

上部には、マイク穴と音量調節ボタン。下部に、別売りのキーボードを接続するスマートコネクター。端末の厚みは、6.9mmというスリムなデザイン。

左右に2つずつ配置されたクアッドスピーカー。左側面に、指紋センサー内蔵の電源ボタン、SDカードスロット。右側面に、USB Type-C。有線での映像出力には対応していない。

SDカードスロットには最大1TBまでのmicroSDカードが対応する。付属品は、USB Type-A to Type-Cケーブル、ACアダプター(20W)、カードスロットピン、マニュアル類。

ベンチマーク

機種
プロセッサー
Lenovo Tab P12
Dimensity 7050
OPPO Pad Air
Snapdragon 680
Geekbench 6シングル:993
マルチ:2442
シングル:414
マルチ:1415
3DMark
Wild Life
2149448
PCMark
for Android Benchmark
120086640

ミドルレンジのため、エントリー向けモデルのOPPO Pad Airと比較してもスコアは高い。価格差は1万円ほどしかないためコスパも優秀。AnTuTu Benchmark(v10.2.0)のスコアは50万ほど。

バッテリーテスト

PCMark の Work 3.0 battery life を計測した結果は9時間53分。電池残量20%までは8時間33分。10200mAhの大容量バッテリーを搭載しているからもう少し持つと思ったけど、画面が大きい分消費電力も多いみたいです。

急速充電の速度

付属している20Wの充電器で、電池残量を15%まで減らした状態から充電速度を計測。どれくらいで充電できるか目安にしてみてください。

充電時間電池残量回復量回復差
開始時15%0%0%
30分31%16%+16%
1時間53%38%+22%
1時間30分74%59%+19%
2時間92%77%+18%
2時間30分100%85%+8%

バッテリー容量が多いため、それなりに時間がかかりる。バッテリー設定には、負荷を軽減し寿命を延ばす「充電の最適化」という機能もあります。

リバースチャージ

他のデバイスを充電するリバースチャージも確認できました。

特別な機能

パソコンに「Lenovo Freestyle」をインストールすると、「Lenovo Tab P12」をサブモニターとして使ったりデバイス間のファイル共有ができるようになる。逆にパソコン側に表示したいときは、アプリごとに複数のウィンドウで表示できます。

生産性を上げるPCモードも備わっていて、パソコンのように複数のウィンドウを開いて作業ができます。純正キーボードでなくても、Bluetoothキーボードでも便利なショートカットに対応する。

キーマッピング機能もあり、ゲームパッドやキーボード/マウスのキーを割り当てることができます。万能ではないけれど、これだけできるのはかなり面白い。

他の便利機能や使い方などは、別記事でまとめてあるので参考に。

有料アプリが使える

有料のアプリがプリインストールされています。

MyScript Calculator 2

「MyScript Calculator 2」は、通常330円の計算機アプリ。手書きで入力や編集したり、「?」を変数として未知数を求めたりもできます。

Nebo

「Nebo」は、通常1,250円の多機能メモアプリ。GoogleドライブやDropboxを使用したクラウド同期にも対応しているようです。

カメラ性能

アウトカメラは単眼800万画素とフラッシュライト。インカメラは1300万画素。

カメラ設定は左側の≡から。右側の上にテキスト認識機能があるが、サポートするのは英語と中国語のみ。ズームは最大4倍まで、シャッターボタンはビューティ機能がオフの時に長押しすると最大50枚までのバーストショットができる。カメラモードは、中心ポートレート(動画)、ビデオ、カメラ、AIスキャン(ドキュメント)。

設定では、音量ボタンでシャッターになる、もしくはスケール(拡大縮小)にも対応。ウォーターマークは初期設定で「デバイス名」が表示されるようになっています。必要なければオフに。

カメラ機能

アウトカメラインカメラ
写真サイズ4:3 ●
16:10
1:1
4:3 ●
16:10
1:1
ビデオ品質1080p HD 30fps ●
720p HD 30fps
4K 30fps
1080p HD 30fps ●
720p HD 30fps
撮影モード中心ポートレート
ビデオ
カメラ
AIスキャン
中心ポートレート
ビデオ
カメラ
ズーム最大4倍
・カメラ
・AIスキャン
最大5倍
・ビデオ
その他ボケ
ビューティ
フィルター
AI
ライティング
ボケ
ビューティ
フィルター

●は初期値

ゲームの動作確認

ゲーム用のツールバーなどの機能はないですが、ゲームパッドやキーボード/マウスを割り当てるキーマッピングに対応しています。

AR+対応

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)にも対応。ポケモンGOのAR+でも遊ぶことができます。ただし、端末設定のスマート画面回転を有効にした横向き表示には対応していない。

原神

原神のグラフィックス画質は、低(デフォルト)。設定が低ければスムーズ遊べるけれど、画面が大きいため画質の粗さが目立ってしまい没入感は悪いです。

PUBG

グラフィックの初期設定は、クオリティがHD、フレーム設定が高。最高設定はHDRのウルトラ。クオリティをスムーズにすると、フレーム設定は極限の選択が可能になる。

パルワールド

最近話題になっているパルワールドをクラウドゲーミングで起動してみました。大画面で遊べるのは快適。必要なのはXbox Game Pass iconの加入と、タッチ操作はできないためコントローラーが必要。

まとめ

大きい画面でも薄型軽量で扱いやすいタブレットでした。機能面も優れていて、PCモードに切り替えるとマルチタスクな作業ができたり、キーボードを接続すればショートカットが便利に使えたりする。それにパソコンのサブモニターとして拡張にも対応し、大画面のメリットを活かせます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました