LAVIE Tab E(TE510/JAW)4つのスピーカー搭載した10.1型タブレット

LAVIE Tab E(TE510/JAW)は、スピーカーを4つ搭載している10.1型タブレット。迫力のある音響と大画面で、映像コンテンツを楽しみたい人に向いている。

スポンサーリンク

LAVIE Tab E(TE510/JAW)スペック

型番PC-TE510JAW
CPUQualcomm Snapdragon450 1.8GHz(8コア)
メモリ4GB(LPDDR3)
ストレージ約64GB
microSDカード(最大128GB)
OSAndroid 8.1(工場出荷時)
Android 9 にアップグレード可能
ディスプレイ約10.1型ワイドLED IPS液晶(WUXGA)
1920×1200ドット
質量約440g
バッテリー7,000mAh
USB Type-C
本体寸法(突起部除く)242mm×167mm×7mm
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.2
アウトカメラ約800万画素
インカメラ約500万画素
生体認証顔認証
指紋認証
センサーGPS
加速度センサ
照度センサ
付属品ACアダプタ
充電ケーブル(USB)
マニュアル

公式サイト:NEC Direct(NECダイレクト)

LAVIE Tab E(TE510/JAW)外観レビュー

10.1型のワイドディスプレイ。顔認証に対応したインカメラ、その右横にLEDインジケーター、下部に指紋センサーも搭載している。※顔認証の認識速度は少し遅く感じる。

背面カラーはホワイト、中央にLAVIEのロゴがあるシンプルなデザイン。アウトカメラとフラッシュライトは凹凸もなくフラット。

下部の両端にスピーカー。中央に接続端子らしきものがあるが、対応のアクセサリーがあるのだろうか?

上部の両端にもスピーカー。上下で4つのスピーカーを搭載しているのは特徴的。

左側面に、音量調節ボタンと電源ボタン。

右側面に、microSDカードスロット、USB Type-C、ヘッドフォンステレオ出力・マイク入力共用ミニジャック。

microSDカードスロットはイジェクトピンを挿して取り出す。データ通信SIMには対応していないWi-Fiモデルです。

付属品は、10WのACアダプターセット、イジェクトピン、マニュアル類。

LAVIE Tab E(TE510/JAW)ベンチマーク

AnTuTu Benchmark v8.4.3 で、ベンチマークスコアを計測してみました。結果は 93002 ほどで、重たいゲームをサクサクこなすのは期待できない。インターネット閲覧や動画の視聴などの軽作業に向いている。スマートフォンと比較すると、arrows M05と同じくらいの性能。

参考までに、Galaxy A20AQUOS sense3Xperia Aceなどが、少し高い11万点台になる。

LAVIE Tab E(TE510/JAW)バッテリーテスト

PCMark(Work 2.0 battery life)のバッテリーテストを何回か試してみたけど、正確には計測できませんでした。12時間までの動作は確認できたので、電池残量から計算してみると21時間以上も持つことになる。公式スペックの駆動時間は約10時間となっているが、電池持ちはかなり良さそうな感じです。

充電速度を計測

付属の10W充電器で、電池残量15%から充電し、30分おきにどれくらい回復するか計測してみました。

充電時間電池残量回復量回復差
開始時15%0%0%
30分30%15%+15%
1時間45%30%+15%
1時間30分60%45%+15%
2時間75%60%+15%
2時間30分87%72%+12%
3時間95%80%+8%

後半はゆっくり充電されるため回復量は少なくるけど、それまでは15%ずつ回復してくれました。バッテリー容量は7,000mAhと多いので、満充電までしなくても十分かも。

リバースチャージにも対応

OTGケーブルがあれば、LAVIE Tab E(TE510/JAW)本体をモバイルバッテリーのように使えるリバースチャージにも対応しています。スマホやiPhone、ワイヤレスイヤホンなどの充電ができるため、それぞれに対応したケーブルがあると便利。

迫力のサウンドで動画に最適

100均などでタブレットスタンドを購入しておくと便利に使えそう。選ぶときは上下の4つのスピーカーを塞がないものにすること。動画の視聴がしやすくなるので1つは持っておきたいところ。それと視聴時には、Dolby Atmos アプリからカスタマイズすると、迫力のあるサウンドを楽しめます。

Dolby Atmos はアプリ一覧から開くか、設定→音→アプリ起動でも開けます。デフォルトではダイナミックになっているので、映画にしてあげると動画視聴に適した迫力のサウンドを楽しめる。そのままでも悪くはないが、明らかに違うので試してみると良いと思う。ダイアログエンハンサーは、人の声を聴き取りやすくする機能。

LAVIE Tab E(TE510/JAW)使い方

ホーム画面にはインフォボードのウィジェットが表示されています。ニュース、天気、カレンダーの表示が可能で、メール、カメラ、Yahoo!検索、設定のショートカットアイコンがある。地域情報を変更するには、ウィジェット右上の全画面表示、もしくはアプリ一覧にある info.Board アプリから。

横持ちの場合は右下に設定のアイコンが表示され、縦持ちの時は上部にあります。全般の地域設定から住んでいる地域を設定するだけ。インフォボードウィジェットが必要なければ削除も可能。長押しして上部の削除まで移動すると無くなります。元に戻したいときや、他のウィジェットを追加したいときはホーム画面の何もないところで長押しすると選択できるようになる。

その他、初期設定や知っておきたい使い方などは別記事を参考に。

LAVIE Tab E(TE510/JAW)カメラ機能

カメラ機能は、写真、ビデオ、パノラマモードがある。アウトカメラの写真では、セピア、露光過度、アクア、スケッチ、モノ、ネガ、ポスタライズ、エンボス、ネオンなどのフィルター撮影に対応。

写真サイズや、ビデを画質を調整したいときは、左端から右にスワイプするとカメラ設定を開けます。

カメラ性能

アウトカメラインカメラ
写真サイズ8メガピクセル(4:3)●
8メガピクセル(16:10)
5メガピクセル(4:3)
5メガピクセル(16:10)
2メガピクセル(4:3)
5メガピクセル(4:3)●
5メガピクセル(16:10)
2メガピクセル(4:3)
ビデオ画質1080p ●
720p
1080p ●
720p
ズーム最大6倍最大6倍
撮影モードパノラマ
フィルター

●は初期値

ゲームの動作確認

ゲームタイトルをいくつか試してみました。アップデート等で仕様が変更になる可能性もあるので参考程度に。

ポケモンGOはAR+非対応

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)には対応していないため、AR+機能で遊ぶことはできない。またWi-Fiモデルのため、持ち歩きして遊ぶのではなく、自宅からリモートレイドパスを使って遊ぶなどは良さそう。

PUBGの初期設定

PUBGの初期設定は、クオリティがスムーズ、フレーム設定は中になっていた。動作は快適ではないけれど遊べなくはない。画面が大きいくて見やすいのだけれど、画面比率が16:10なので少し視野が狭く感じる。

PC用ブラウザゲーム

10インチの大画面なので、PC用のブラウザゲーム「ガンダムネットワーク対戦」を試してみた。基本的にはPC用になるのですが、Chromeの設定からPC版サイトの選択すると、ログインしてスタートできます。画面が大きくて良いかと思ったけれど、読み込み速度が遅く実用的ではない感じ。状況を監視するぐらいには使えそう。

まとめ

LAVIE Tab E(TE510/JAW)は、長時間駆動してくれるバッテリーに、迫力のあるサウンドシステムを搭載した10インチタブレット。動作はもっさりしているためゲーム用としては向かないけれど、大画面で動画の視聴をしたいという人には良いと思います。防水に対応したモデルなどもあるので、公式サイトを確認してみてください。

公式サイト:NEC Direct(NECダイレクト)

コメント

タイトルとURLをコピーしました