Xperia Ace 5インチの小さいスマホ!片手に納まるおサイフケータイ

Xperia Ace は、片手サイズの小さいスマホ。画面は大型化しているのが多い中、これだけコンパクトなモデルは貴重。

スポンサーリンク

Xperia Ace スペック

型番J3173
カラーブラック/ホワイト
サイズ高さ:約140mm
幅:約67mm
厚さ:約9.3mm
質量約155g
OSAndroid™ 9 Pie
CPUQualcomm® Snapdragon™ 630
オクタコア 2.2GHz + 1.8GHz
メモリ4GB
ストレージ64MB
microSDカード最大512GB
ディスプレイ約5インチ
2,160 x 1,080 (FHD+)
TFT
バッテリー2,700mAh
USB Type-C
アウトカメラ広角約1,200万画素 (f/1.8)
オートフォーカス
LEDフラッシュ
手振れ補正
インカメラ超広角約800万画素 (f/2.4)
手振れ補正(動画)
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth®Bluetooth® 5.0
NFC対応
Felicaおサイフケータイ対応
SIMスロットnanoSIM×1
通信方式LTE:B1/3/4/5/8/12/17/18/19/26/38/41
3G:B1/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1,800/1,900MHz
生体認証指紋認証
顔認証は非対応
防水
防塵
IPX5/IPX8
IP6X
センサーGPS (QZSS、GLONASS、BeiDou、Galileoサポート)
加速度センサー
ジャイロセンサー
近接センサー
照度センサー
磁気センサー
本体付属品ACアダプタ充電器
USB Type-Cケーブル
保証書
クイックスタートガイド

参考:OCN モバイル ONE

Xperia Ace 概観レビュー

5インチの片手に納まるコンパクトサイズ。

カラーは、ホワイトとブラック。ブラックだと指紋等で汚れが目立つのが気になった。docomoと楽天モバイルモデルでは、パープルも用意されている。

上部にはイヤホンジャック。カメラレンズの隣にLEDインジケーターを搭載し、受話レシーバーはスピーカーにもなっている。

下部には、Type-Cの充電端子。前面にあるスリットがスピーカーとなっているため、横向きで持った時も塞がないで済む。コンパクトでもステレオスピーカーで楽しめる。

右側面に、電源ボタンと音量調節ボタン。電源ボタンは指紋センサーと兼用しているため、電源を付けると同時に指紋でロック解除できる仕組み。

左側面に、SIMスロット。SIMピンがなくても開くことができます。

microSDカードスロットを取り出してから、SIMスロットを引き出す仕組みで、爪で引っ掛けて引き出せます。抜き挿し作業をするときは、画面を下側にして行うとスムーズ。

Xperia Ace ベンチマーク

ベンチマークの計測結果は、116336というスコア。マルチタッチテストは、しっかり10点反応。参考値として、AQUOS sense3のスコアは、116045とほぼ同じ。

Xperia Ace バッテリーテスト

PCMark の Work 2.0 battery life で、バッテリーテストを行ってみたところ、10時間53分という結果でした。コンパクトモデルのためバッテリー容量は多くなく、2,700mAhでこれだけ持つのは良い方だと思います。また、バッテリーを長持ちさせるスタミナモードでは、状況に応じて節電レベルの調節も可能。

充電速度

急速充電には対応していないため、充電速度も計測してみました。 バッテリーの劣化を防ぐ「いたわり充電」機能を搭載しているため、使用環境によって調整されます。参考程度に。

充電時間電池残量回復量回復差
開始時17%0%0%
30分47%30%30%
1時間72%55%25%
1時間30分89%72%17%
2時間99%82%10%

Xperia Ace 使い方

Xperia Ace の使い方は別記事でまとめてあります。これから購入を検討している人も、どんな機能があるか参考にしてみてください。

Xperia Ace カメラ性能

カメラは、13種類のシーン×4つのコンディションを自動で判断し、だれでも手軽に撮影できる。横向きで撮影した時には、認識しているものを左下にアイコンで表示されます。この場合、シーンは「風景」、コンディションは「動き」が認識されている。

モードをタップすると、撮影モードを切り替えられます。ポートレートセルフィーでは、ぼけ、美肌、肌の明るさ、目の大きさ、輪郭補正の調節が可能。インカメラは、約120度の超広角撮影に対応していて、手のひらを向けるだけでシャッターを切れるハンドシャッターに対応。笑顔でシャッターを切る、スマイルシャッターにも切り替え可能。

4コマストーリーでは、4枚の写真を連続して撮影し、1枚まとめてくれる機能。4分割した1枚の写真になる4コマフォト、パラパラ動画のようになる4コマムービーを選択できます。連写ではなく、タイマーでタイミングを計れるので、動きのある4コマ撮影ができるのは面白い。

アウトカメラインカメラ
写真
画像サイズ
4:3(12MP)デフォルト
16:9(9MP)
1:1(9MP)
18:9(8MP)
4:3(8MP)デフォルト
16:9(6MP)
1:1(6MP)
18:9(5MP)
動画
ビデオサイズ
4K
18:9
フルHD デフォルト
フルHD(60fps)
HD
VGA
フルHD デフォルト
18:9
HD
VGA
ズーム最大5倍非対応
超広角非対応約120度
約80度
シーン認識【シーン】
料理
夜景&人物
逆光
低照度
夜景
ソフトスナップ
赤ちゃん
ドキュメント
風景
スポットライト
逆光&人物
マクロ
オート

【コンディション】
固定
動き
歩き検出
オート
対応

ゲームの動作確認

ゲームタイトルをいくつか試してみました。アップデート等で仕様が変更になる可能性もあるので参考程度に。

ポケモンGOはAR+非対応

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)には非対応のため、AR+で遊ぶことはできない。sの他は問題なさそうで、ポケモンGOプラスの動作も題確認済み。

ドラクエウォークはコンパクトで良いけど

ドラクエウォークなど位置ゲーには、コンパクトなスマホも良いけど、バッテリーの消費量は気になるところ。1時間で17%~20%ぐらいは消費するので、長時間遊ぶのには向かない。

黒い砂漠でバッテリー検証

黒い砂漠を1時間プレイしてみたところ、バッテリー残量は82%まで減少した。ステレオスピーカーで音が良いのはメリットだけど、画面が小さいためこの手のゲームはしんどいかも。

PUBGの初期設定

PUBGの初期設定は快適画質。グラフィックのクオリティがスムーズで、フレーム設定は中。ローディングが遅く、動作も快適というわけではないので、ちょっと楽しむ程度に。

まとめ

ソニーがSIMフリースマホの販売するのは Xperia J1 compact 以来、4年ぶりとなるようです。Xperia Aceのようなコンパクトモデルを待っていたという人は多いのではないでしょうか。ライトユーザーであれば、片手に納まるサイズ感は魅力的だと思います。ただし、価格は安くはないため、スマホセットで割引されているが狙い目。

コメント

タイトルとURLをコピーしました