Galaxy A20 最安値おサイフケータイ対応スマホ!コスパは最強

Galaxy A20 は、低価格でありながら「防水+おサイフケータイ」に対応。スマホデビュー向けのエントリーモデルとしてだけでなく、セカンドスマホとしても良さそうだ。

スポンサーリンク

Galaxy A20 スペック

カラーレッド
ホワイト
ブラック
サイズ高さ:約150mm
幅:約71mm
厚さ:約8.1mm
重さ約151g
ディスプレイ約5.8インチ
1560×720
アウトカメラ約800万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー3,000mAh
USB Type-C
OSAndroid 9
CPUExynos 7884B
1.6GHz/2コア+1.35GHz/6コア
メモリ3GB
ストレージ32GB
おサイフケータイ対応
防水
防塵
IPX5/IPX8
IP6X
BluetoothBluetooth 5.0
Wi-Fia/b/g/n/ac
生体認証

参考:UQモバイル

Galaxy A20 概観レビュー

画面占有率の高い、約5.8インチのノッチ型ディスプレイ。手に納まるサイズ感で、約151gと軽量なのは魅力。インカメラは約500万画素、ちょっと残念なのが顔認証の速度が遅いところ。指紋認証は非対応。

約800万画素のシングルカメラ。カラーはレッドとブラックもあるけれど、安っぽく見えるのでホワイトが無難かも。

右側面には、電源と音量調節ボタン。

左側面に、SIMスロットとストラップホール。

上部にイヤホンジャックとマイク穴。

下部に、マイク穴、USB Type-C、スピーカー。

SIMスロットは、nanoサイズ+microSDカード。

付属品は、取扱説明書とクリアケース、写真には載せていないけどSIMピンもあります。コストを抑えているせいか、ACアダプターは入っていないため、自分で用意する必要がある。

Galaxy A20 ベンチマーク

AnTuTuベンチマークの計測結果は、111573というスコア。マルチタッチテストでは10点に反応。トータルスコアで比較すると、Xperia AceAQUOS sense3と同じくらいの性能になる。

Galaxy A20 バッテリーテスト

PCMark(Work 2.0 battery life)で、バッテリーテストを行ってみたところ、13時間21分という結果。普通の使い方なら十分持つので困ることはなさそう。

急速充電の速度を計測

専用の充電器は付属していないのですが、急速充電も可能です。対応している充電器であれば、充電した時に急速充電中と表示されます。どのくらいの速度で充電できるか、15Wの充電器で試してみたところ、30分の充電で34%(1,020mAh)回復してくれました。

充電時間電池残量回復量回復差
開始時14%0%0%
30分48%34%34%
1時間79%65%31%
1時間30分98%84%19%

Galaxy A20 使い方

かんたんモードでシンプルに使えるなど、スマホデビューにおすすめというエントリーモデルとなっている。しかしそれだけでなく、便利な機能はたくさんあり、あまり使わないライトユーザーや、ポケモンGOやドラクエウォークなど位置ゲーム用のセカンドスマホとしても悪くないと思います。どんな機能があるか別記事でまとめてあるので参考に。

Galaxy A20 カメラ性能

通常撮影
2倍ズーム
4倍ズーム

シャッター近くの木のアイコンを切り替えると2倍ズーム。さらにズームにしたいときはピンチアウトで4倍まで可能。シールをタップすると、顔を認識してデコレーションするライブスタンプにも対応。

アウトカメラインカメラ
写真4:3 デフォルト
16:9
1:1
全画面
4:3 デフォルト
16:9
1:1
全画面
動画16:9 FHD 1920×1080 デフォルト
16:9 HD 1280×720
全画面 1920×886
1:1 1072×1072
16:9 FHD 1920×1080 デフォルト
16:9 HD 1280×720
全画面 1920×886
1:1 1072×1072
ズーム最大4倍

ゲームの動作確認

ゲームタイトルをいくつか試してみました。アップデート等で仕様が変更になる可能もあるので参考程度に。

ポケモンGOのAR+は非対応

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)には非対応。AR+では遊ぶことができないだけで、その他は特に問題なく遊べた。ポケモンGOプラスの接続と動作も確認済み。

ドラクエウォークで省電力

ドラクエウォークの1時間プレイで12%ぐらいバッテリーが消耗した。さらにGame Boosterの画面タッチをロックを使うと、walkモード中の省電力に役立つ。軽量のスマホなので、ゲーム専用のセカンドスマホとして良いかも。

D2メガテンのオートモードにも

D2メガテンのアウラゲートをオートで動かしているとき、Game Boosterの画面タッチをロックをしていればスリープにならないのは便利。ただし放置してしまうと、誰でもロック解除できてしまうので注意。

PUBGの初期設定

デフォルト設定は標準画質。グラフィックの初期設定は、クオリティが標準で、フレーム設定は中。遊べない事はないけど、動きはスムーズでないためおすすめはできない。

まとめ

Galaxy A20 は、1番安いおサイフケータイ対応スマホ。初めてのスマホデビューやライトユーザー向けのエントリーモデルではあるが、性能を把握したうえで購入するならコスパは最強。動作はもっさりとしているけど、軽量なので位置ゲーには向いている。ゲーム用のセカンドスマホとして良いかもしれない。ただし、長期間使うことを考えているなら、他のスマホの方がおすすめ。

スマホセット:UQモバイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました