ROG Phone 5 すべてが快適!最強で最高のゲーミングスマホ!

ROG Phone 5は、圧倒的なパフォーマンスを誇るゲーミングスマホ。快適な動作に、オーディオ性能と急速充電の速さには驚かされた。

スポンサーリンク

ROG Phone 5 スペック

カラー
型番
ファントムブラック
ZS673KS-BK256R16(16GBモデル)
ZS673KS-BK256R12(12GBモデル)
ストームホワイト
ZS673KS-WH256R16(16GBモデル)
ZS673KS-WH256R12(12GBモデル)
OSAndroid 11(ROG UI)
サイズ高さ:173mm
幅:77mm
奥行き:9.9mm
質量約239g
ディスプレイ6.78インチ ワイドAMOLEDディスプレイ
Corning® Gorilla® Glass Victus
2,448×1,080ドット (フルHD+) (144Hz)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 888 5G (オクタコアCPU) 2.84GHz
Adreno 660
メモリ16GB
12GB
ストレージ256GB
アウトカメラ6,400万画素 広角カメラ内蔵 (メインカメラ)
1,300万画素 超広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
500万画素 マクロカメラ内蔵 (3rdカメラ)
インカメラ2,400万画素カメラ内蔵
サウンド機能Hi-Res
Dirac HD Sound
デュアルフロントスピーカー内蔵
クアッドマイク内蔵
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax (周波数帯域:2.4GHz/5GHz)
Bluetooth5.2
SIMスロットnanoSIM×2
5G+5GのDSDV対応
microSDカード非対応
通信方式5G NR n2/n5/n7/n12/n20/n25/n38/n40/n66/n71/n77/78/n79
FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28/B29/B30/B32/B66/B71
TD-LTE B34/B38/B39/B40/B41/B42/B48
キャリアアグリゲーション 7CA(DL)/2CA(UL) 対応
W-CDMA B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE 850/900/1,800/1,900MHz
生体認証顔認証
ディスプレイ内蔵指紋認証
バッテリー6,000mAh
USB Type-C
最大65W (Quick Charge 5.0/USB Power Delivery 3.0対応)
センサーGPS(GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS、NavICサポート)
加速度センサー
電子コンパス
光センサー
近接センサー
ジャイロスコープ
指紋センサー(画面内認証)
NFC
超音波センサー
付属品USB ACアダプターセット
SIMイジェクトピン
Aero Case(ファントムブラックのみ)
Transparent case(ストームホワイトのみ)
左側面ポート用保護キャップ
ユーザーマニュアル
製品保証書

メモリ18GB、ストレージ512GBの最上位モデルROG Phone 5 Ultimate (ZS673KS-WH512R18)は、夏に発売予定となっています。このモデルにはAeroActive Cooler 5が付属する。

オンラインストア:ASUS Store

ROG Phone 5 概観レビュー

6.78インチ ワイドAMOLEDディスプレイに、耐久性の高いCorning® Gorilla® Glass Victusを採用。リフレッシュレート144Hz、タッチサンプリングレート300Hz、タッチ反応速度は24.3msの超高速。

背面カラーは、ストームホワイト。この他にファントムブラックがある。中央にあるROGのロゴは、さまざまなライティングに対応する。※ASUSからお借りしているので、管理番号のステッカーが貼ってあります。

右側面に、AirTriggers、電源ボタン、音量調節ボタン。

AirTriggersは、ゲーム時の超音波ボタンに対応。ゲーム時外でも握る操作に機能を割り当てることもできる。

左側面に、サイドコネクタ、SIMスロット。

サイドコネクタにはキャップが付いていて、簡単に外れやすいので注意したいところ。サイドコネクタには、別売りの冷却クーラー「AeroActive Cooler 5」の接続や、充電にも対応する。※前モデルの「AeroActive Cooler 3」は使うことができない。

上部には、マイク穴のみ。画面中央のスリットは受話口とスピーカー。インカメラの反対側あたりにLEDインジケーターも搭載している。

下部に、マイク穴、USB Type-C、イヤホンジャック。画面中央にあるスリットがスピーカー。前面にあるため、ゲーム時にスピーカーを塞ぐことがないのがメリット。左右対称デュアルフロントステレオスピーカーは、スマートフォンとは思えないほど抜群の音質。

付属品は、65WのACアダプター、USB Type-Cケーブル、左側面ポート用保護キャップ、SIMイジェクトピン、ユーザーマニュアル、ステッカー、製品保証書、Transparent case。※ファントムブラックモデルでは、透明ではないAero Caseが付属。

今まで冷却クーラーが標準で付属されていたが、今回は別売りとなる。最新のAeroActive Cooler 5には、ボタンも付いていて操作を割り当てることもできます。

ROG Phone 5 ベンチマーク

Geekbench 5シングル:1129
マルチ:3750
3DMark
Wild Life
5810
PCMark
for Android Benchmark
11775

計測に使ったのは16GBモデル。Xモードをオフにした状態でもかなりのパフォーマンスがでています。チューニングを行えば、Antutuベンチマークで80万以上のスコアが出るようです。

ROG Phone 5 バッテリーテスト

Xモードオフの状態で PCMark の Work 3.0 battery life の計測してみたところ、17時間19分という結果になった。電池残量20%までは、14時間37分ほど。より負荷を掛けたり、AeroActive Cooler 5を装着したりすれば、これよりも短くなるとは思うけど存分に楽しめる駆動時間です。

65Wの急速充電が快適

付属している65Wの充電器を使うと、HyperCharge 65 と表示され急速充電が開始する。電池残量15%の状態から30分充電してみたところ90%まで回復。30分で75%も充電できるのは凄い。

リバースチャージ対応

ROG Phone 5 本体をモバイルバッテリーのように使えるリバースチャージにも対応。他のスマホやワイヤレスイヤホンの充電にも使えます。

ROG Phone 5 ゲーム機能

ROG Phone 5のゲーム機能で大きく変わったのがAirTrigger。モーションコントロールがさらに進化して、10種類のジェスチャーに対応する。

  • 前方に傾ける
  • 後方に傾ける
  • 左に傾ける
  • 右に傾ける
  • 左に回転
  • 右に回転
  • 振る
  • 前進
  • 左に水平移動
  • 右に水平移動

別売りの AeroActive Cooler 5 には物理ボタンがあり、指定した操作を行うことができるようになった。

他にも、画面の色が反転するスカウトモード、ショートカットを追加できるクイックコントロール、指定したエリアをタッチすると振動するハプティックオーディオなどの新機能も追加。別記事でまとめてあるので参考に。

ROG Phone 5 使い方

ゲーム機能だけでなく、通常のスマートフォンとしての機能も充実している。指紋センサーのアイコンデザインをROGのロゴに変更できたりするのは面白い。端末の重さが気にならなければかなり快適に使えると思います。

たくさんある機能は別記事でまとめてあるので参考に。

ROG Phone 5 カメラ機能

アウトカメラは、6,400万画素 広角、1,300万画素 超広角、500万画素 マクロ。インカメラは2400万画素。

カメラは山のアイコンで、広角と標準の切替。ズームはタップで2倍に切り替わり、ピンチアウトで最大8倍まで拡大できる。

ポートレートモードでは、肌のトーン、ファンデ、美白、目の大きさ、小顔の補正が可能。

カメラモードは、スローモーション、タイムラプス、動画、写真、ポートレート、パノラマ。その他に、モーショントラッキング、PROビデオ、PROモード、マクロ、夜景がある。

PROビデオモードでは録音方向を、3Dサラウンド、マイクフォーカス、前方、後方を選択できます。

アウトカメラインカメラ
写真4:3(64MP)
4:3 ●
16:9
1:1
全画面表示
4:3(24MP)
4:3 ●
16:9
1:1
全画面表示
動画の解像度8K 7680×4320
4K 3840×2160(60fps)
4K 3820×2160
FHD 1920×1080(60fps)
FHD1920×1080 ●
HD1280×720
FHD 1920×1080(60fps)
FHD1920×1080 ●
HD1280×720
モーショントラッキング4K 3840×2160(60fps)
FHD 1920×1080(60fps)●
スローモーション4K 3840×2160(120fps)
FHD 1920×1080(240fps)●
FHD1920×1080 (120fps)
HD1280×720(480fps)
タイムラプス4K 3820×2160
FHD1920×1080 ●
HD1280×720
ズーム写真:最大8倍
動画:最大4倍
その他機能
カメラモード
AIシーン検出
美人エフェクト
広角撮影
ポートレート
パノラマ
夜景
PROモード
PROビデオ
マクロ
美人エフェクト
ポートレート

※●が初期値

楽天モバイルとDSDSの動作確認

SIMスロットは、表と裏に1枚ずつnanoサイズのSIMが入る設計。microSDカードは非対応。楽天モバイルや格安SIMをいくつか試してみました。

上記のSIMを挿して動作確認してみたところ、楽天モバイル以外は使えました。これに加え、ガラケー(FOMA)SIMでも着信できたのでDSDSの動作も確認済み。

ROG Phone 3 では後から対応されたので、今後のアップデートで対応される可能性はあります。楽天モバイルの通信を可能にする方法はあるのですが、アップデートに期待。

ゲームの動作確認

ゲームタイトルをいくつか試してみました。ゲーム機能については別記事を参考に。

ポケモンGOはツインアプリやAR+に対応

ポケモンGOはツインアプリに対応しているため、2つのアカウントで同時プレイも可能。複製したアプリに別アカウントでログインし、画面分割をすると上の画像のような表示にできます。

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)に対応しているため、AR+で遊ぶことも可能。

UNI’S ON AIR(ユニゾンエアー)がプリインストール

櫻坂46・日向坂46の音楽ゲームアプリ「UNI’S ON AIR」がプリインストールされています。タッチ反応が良く、オーディオ性能は抜群なので臨場感のあるゲーム体験ができる。ただ画面が長いので中央のボタンが押しにくいかも。

PUBGのグラフィック初期設定

PUBGのグラフィック初期設定は、クオリティがスムーズ、フレーム設定は高。最高でFHDのウルトラまで上げることができるようです。シューティングゲームは、AirTriggerのギミックで快適に遊べるので、訓練場で試してみるのがおすすめ。

ROG Phone 5 購入先

公式サイト

ROG Phone 5 アクセサリー同時購入10% OFFキャンペーンをしています。
2021年5月26日(水)~ 6月28日(月)10時00分受注分まで

ECサイト

格安スマホセット

まとめ

ROG Phone 5 は、パフォーマンス、操作性、オーディオ、急速充電など、すべてにおいて快適なゲーミングスマホ。一般的なスマホと比べて重さが気になるところだけど、通常機能も充実していてとても使いやすい。1つ残念なのが、AeroActive Cooler 5 が別売りとなってしまったので、別途購入しておきたいところ。上位モデル ROG Phone 5 Ultimate には同梱しています。

ASUS Storeでは、ROG Phone 5 アクセサリー同時購入10% OFFキャンペーンをしています。
2021年5月26日(水)~ 6月28日(月)10時00分受注分まで

コメント

タイトルとURLをコピーしました