ASUS TUF Gaming A17 FA706QR レイトレーシングも快適!17.3型ゲーミングノートPC

ASUS TUF Gaming A17 FA706QR は、ミリタリーグレードの堅牢性というだけでなく性能も抜群。リアルタイムレイトレーシングも余裕でこなせるコスパの高いゲーミングノートPCです。

スポンサーリンク

ASUS TUF Gaming A17 FA706QR スペック

本体カラーエクリプスグレー
型番:FA706QR-R7R3070EC
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 7 5800H プロセッサー
3.2GHz/4.4GHz
3次キャッシュ 16MB
GPUNVIDIA® GeForce RTX™ 3070 (NVIDIA® Optimus™ Technology対応)
ビデオメモリ:8GB
外部ディスプレイ出力:最大3,840×2,160ドット
メインメモリ16GB
DDR4-3200
ストレージSSD:512GB (PCI Express 3.0 x4接続)
ディスプレイ17.3型ワイドTFTカラー液晶
ノングレア
1,920×1,080ドット (フルHD) (144Hz)
タッチパネル非搭載
光学ドライブ非搭載
Webカメラ92万画素Webカメラ内蔵
生体認証非搭載
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth®Bluetooth® 5.1
キーボード103キー日本語キーボード (RGB イルミネートキーボード)
インターフェースHDMI×1
USB3.2 (Type-C/Gen2) ×1
USB3.2 (Type-A/Gen1)×3
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
LANポート×1
バッテリー駆動時間:約12.8時間
充電時間:約1.8時間
消費電力:最大約200W
サイズ(突起部除く)幅:399.2mm
奥行き:268.9mm
高さ:23.99~25.2mm
質量約2.7kg
主な付属品ACアダプター
製品マニュアル
製品保証書

公式サイト:ASUS Store

ASUS TUF Gaming A17 FA706QR 外観レビュー

天板はメタル素材のエクリプスグレー。左側にTFUの文字と、右上にTUFゲーミングのブランドロゴがある。

天板4隅にダミーボルトのデザイン。

144Hzに対応した17.3型のノングレアディスプレイ。上部にWebカメラを搭載。

左側面に、電源ポート、LANポート、HDMI、USB3.2 (Type-A/Gen1)×2、USB3.2 (Type-C/Gen2)、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック。Type-Cは、映像出力に対応しているが給電は非対応。

右側面に、USB3.2 (Type-A/Gen1)、通気孔、セキュリティスロット。

103キー日本語キーボード。パームレストはヘアライン加工が施されたつや消しメタル仕上げ。ライティングは、スタティック、ブレス、ストロボ、カラーサイクルから変更が可能。

底面はハニカムデザイン。両サイドにスピーカーを搭載。

スピーカーは、底面側とサイド側にもスリットが空いている。

背面の通気孔。

ACアダプターは200W。他社メーカーと比較しても小型化されている。

TUFゲーミングブランドのステッカーも同梱されていた。

ASUS TUF Gaming A17 FA706QR 特徴

TFUシリーズは、コスパの良いリーズナブルなモデルというイメージだったけれど、今回の性能は抜群です。最新のAMD Ryzen™ 7 5800H プロセッサーに NVIDIA® GeForce RTX™ 3070(8GB)を搭載し、ほとんどのゲームを快適にこなせるほどのパフォーマンスを持ち合わせている。冷却性能にも優れていて、負荷をかけた作業時でも静音性と放熱性は十分。17.3型の大型ディスプレイは、ベゼル幅は狭く没入感も最高。

ミリタリーグレードの耐久性があるというのも大きな特徴。落下、振動、湿度、極端な温度にさらすなど、厳しい試験をクリアし信頼性を保証している。衝撃だけでなく熱や湿度にも強いゲーミングPCというのは安心感がある。

Armoury Crate

Armoury Crateは、ゲーム機能を管理できるソフト。使用状況の確認やパフォーマンスの変更、システムの設定などを操作できます。その中でも特に便利なのがシステムプロファイル。ゲームやアプリなどを指定しておけば、起動したときにあらかじめ設定しておいたものを自動で適用してくる。

双方向AIノイズキャンセリングの設定も、Armoury Crateからできます。モデルにより違いはありますが、その他の機能などは別記事でまとめてあるので参考に。

MyASUS

ASUSU製のパソコンには、MyASUSがプリインストールされています。ゲーミングPCの場合はArmoury Crateにて操作できることが多いため、ハードウェア設定には Battery Health Chargeing の機能のみ表示される。持ち運ぶことが少ないのであれば、マックスライフモードにしておくとバッテリーの寿命を延ばすことができます。

ASUS TUF Gaming A17 FA706QR ベンチマーク

Armoury Crate でパフォーマンスを変えると、ベンチマークスコアにどのくらいの違いがあるか計測してみました。サイレントでもそこそこのスコアが出ている。

CINEBENCH R23

Turboパフォーマンスサイレント
CPU(Multi Core)12591112078756
CPU(Single Core)143614181408
MP Ratio8.777.916.22

3DMark

Turboパフォーマンスサイレント
Time Spy Score936694528912
Time Spy Graphics Score852684858770
Time Spy CPU Score859187547776
Port Royal Score567554585436
DirectX Raytracing feature test24.90 FPS
NVIDIA DLSS feature testDLSS off 26.59 FPS
DLSS on 64.44 FPS

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク

Turboパフォーマンスサイレント
標準品質
1920×1080
11458
とても快適
11348
とても快適
6329
快適
高品質
1920×1080
8955
快適
8731
快適

リアルタイムレイトレーシングの動作テスト

リアルタイムレイトレーシングに対応しているゲームタイトルで、オンとオフのフレームレートを計測してみました。Armoury Crate の設定は、Turbo で計測しています。

Battlefield V

ビデオ→詳細設定→DXR有効を、左がオフ右がオン。ガラス窓には鉄橋がリアルに描写されている。フルスクリーン解像度は 1920×1080 144.00Hz、グラフィックのクオリティーは 自動 品質優先(中)で計測。

DXRオフオン
平均FPS119.186.7
最低FPS93.970.5

CONTROL

表示→レイトレーシングプリセットを、左がオフ右が中。ガラスに人や灯りがしっかり映りこんでいる。解像度は 1920×1080(16:9)、NVIDIA DLSS オン、レンダー解像度1280×720(16:9)にて計測。

DXRオフオン
平均FPS138.593.6
最低FPS115.167.9

レイトレーシングをオンにしても十分快適に遊べる性能。冷却性能にも優れていて、それほど熱くならずにファンの静音性も良いようです。

キーボードのホットキー

ファンクションキーには、Fnキーを押しながら使うことで以下の操作が割り当てられている。

  • F1:ミュート
  • F2:音量を下げる
  • F3:音量を上げる
  • F4:マイクミュート
  • F5:ファン速度の変更
  • F6:スリープ?
  • F7:画面の明るさを下げる
  • F8:画面の明るさを上げる
  • F9:マルチディスプレイの切り替え
  • F10:タッチパッドの無効化
  • F11:スリープ
  • F12:機内モード

この他にキーボードのライティングは、Fn + 方向キーに割り当てられています。

スピーカーの音量補正

音量を最大にしても物足りないときには、DTS:X™ Ultra に音量補整機能があります。アプリを起動したら、オーディオカスタムに変更し設定から音量補正をオンにする。その上にある3つの拡張機能はスライドバーで調節ができるので好みで変更。空間モデルも好みで変更してあげると、迫力のあるサウンドを楽しめます。もう少しスピーカーの音量が大きくても良いと思うけど、補整ができれば問題ない。

まとめ

ASUS TUF Gaming A17 FA706QR は、価格以上の性能でコストパフォーマンスの高いタフネスゲーミングノートPC。17.3型の大きなディスプレイで、DXRをオンにすれば没入感は抜群。レイトレーシング対応ゲームを遊びたい人におすすめ。

公式サイト:ASUS Store

コメント

タイトルとURLをコピーしました