arrows M05 見やすくシンプルに使える初心者向けスマホ

arrows M05 は、見やすくシンプル使える機能を搭載した初心者向けスマホ。防水やおサイフケータイなど、必要な機能は十分備わっている。

スポンサーリンク

arrows M05 スペック

OSAndroid™ 9.0
CPUQualcomm® Snapdragon™ 450
オクタコア 1.8GHz
メモリ3GB
ストレージ32GB
microSD(最大400GB)
ディスプレイ約5.8インチ
2,280 x 1,080 (フルHD+)
バッテリー2,880mAh
USB Type-C
アウトカメラ約1,310万画素 + 500万画素 CMOS
インカメラ約800万画素 CMOS
サイズ高さ:約149mm
幅:約72mm
厚さ:約8.8mm
質量約166g
Wi-FiIEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth®Bluetooth® 4.2
NFC対応
おサイフケータイ対応
SIMスロットnanoSIM×1
microSDカード×1
通信方式LTE:B1/3/5/12/17/19/26
3G:B1/5/6/19
GSM:850/900/1,800/1,900MHz
生体認証指紋認証
防水/防塵防水:IPX5/8
防塵:IP6X
耐衝撃:MIL規格の落下に準拠した試験をクリア
センサーGPS (GPS、GLONASS、BeiDou)
ジャイロ
指紋センサー
本体付属品SIM取り出しピン(試供品)
スタートガイド
ご利用時の注意事項およびご利用方法について
お願いとご注意
保証書
ワイド保証サービス説明

参考:OCNモバイルONE

arrows M05 概観レビュー

約5.8インチのノッチ型ディスプレイ。インカメラは約800万画素。

背面に、約1,310万画素+500万画素のデュアルカメラに指紋センサーを搭載。※緑の部分は、管理用のシールが貼られているだけで通常はないです。

右側面に、ストラップホール、アシスタントキー、音量調節キー、電源ボタン。音量調節キーが下側にあるため、握り方によっては押してしまうので注意。

左側面にSIMスロット。

上部には、マイク穴とイヤホンジャック。電池アイコンの外側に、通知用のLEDインジケーターを搭載。

下部に、マイク穴、USB Type-C、スピーカー。

SIMスロットは、nanoSIMとmicroSDカード。

※本体付属品に、クリアケースや充電用のケーブルなどは含まれていない。

arrows M05 ベンチマーク

AnTuTu Benchmark v8.2.8 のスコアは、95586という結果。性能は高くはないけれど、ゲームなどをあまりやらないライトユーザーであれば十分。参考までに、Galaxy A20AQUOS sense3Xperia Aceなどが、少し高い11万点台になる。

arrows M05 バッテリーテスト

PCMark(Work 2.0 battery life)で、バッテリーテストを行ってみたところ、10時間4分という結果。これだけ持ってくれれば、普段使いで困ることはない。充電するには、本体付属品にACアダプタやUSBケーブルは付属していないので、自身で揃える必要がある。急速充電に対応しているわけではないため、ダイソーなど安いもので十分かも。

最適化されたシンプルモード

arrows M05 の特徴は、スマホ初心者のシニア層でも使いやすいように最適化されたシンプルモードが搭載されていること。

ホーム画面がシンプル化されるだけでなく、電話や電話帳、メッセージアプリなどが大きい文字で見やすくなります。すべてのアプリが対応しているわけではないですが、Exlider機能により、指紋センサーで拡大表示させることも可能です。

拡大するだけでなくスクロールにも対応しているため、片手での操作もしやすく便利に使えます。その他にも、拡大鏡や選べるキーボードなど、他のスマホにはない機能もあるので別記事を参考に。

arrows M05 カメラ性能

カメラは、ポートレート、スローモーション録画に対応。画質は高くないため、カメラ機能はあまり期待しない方が良いかも。インカメラでは、肌の色を調整する美肌補正に対応。カメラ設定からアウトカメラで使えるようにもできます。

アウトカメラインカメラ
写真13M(4160×3120)
10M(4160×2340)
8M(4160×1970)●
Square(1936×1936)
3M(2048×1536)
Full HD(1920×1080)
8M(3264×2448)
6M(3264×1840)
5M(3264×1546)●
Square(1936×1936)
3M(2048×1536)
Full HD(1920×1080)
動画Full HD(1920×1080)
1.7M(1920×908)●
HD(1280×720)
ケータイメール(640×480)
Full HD(1920×1080)
1.7M(1920×908)●
HD(1280×720)
ケータイメール(640×480)
ズーム最大8倍

※●は初期値

ゲームの動作確認

ゲームタイトルをいくつか試してみました。アップデート等で仕様が変更になる可能もあるので参考程度に。

ポケモンGOはAR+非対応

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)には非対応。AR+では遊ぶことができないだけで、その他は普通に遊べた。ポケモンGOプラスの接続と動作も確認済み。

ドラクエウォークの長時間は不向き

ドラクエウォークも問題なく遊ぶことはできるが、電力消費は多いため長時間のプレイには向いていない。しかし、Exlider機能で拡大したスクリーンショットを撮ったり、違う遊び方を楽しむことはできた。

PUBGの初期設定

PUBGの初期設定は、クオリティがスムーズでフレーム設定は中。遊べないことはないけれど、読み込み速度は遅いためストレスになる。

まとめ

arrows M05 は、ガラケーからスマホに乗り換えようとしている人にも安心して使えるような機能がいくつも搭載されている。ゲーム性能は高くないけれど、電話やLINEなどのメッセージが使えれば良いというライトユーザーなら十分。予算を抑えてスマホデビューができるので、プレゼント用としても需要がありそう。

arrows M05のスマホセットが、OCNモバイルONEでセール特価!

コメント

タイトルとURLをコピーしました