「dynabook UZ63/F」の使いづらいところや残念なところ

「dynabook UZ63/F」は基本的に気に入ってはいるのだけれど、もっとこうだったらよかったのになというところがいくつかあります。次のモデルで改善されることを期待したい。

スポンサーリンク

タッチパッドが手前すぎること

「dynabook UZ63/F」ではタッチパッドの配置が手前にあります。おそらくキーボード操作時に、母指球(親指の付け根)が当たらないように設計されているためでしょう。それはそれでも良いのですけど、クリックボタンまでが手前側にあり、クリック操作時には扱いづらいです。

タイピングのホームポジションから大きく外さないとクリックできないため、操作感が少し悪いのはデメリット。指紋センサーを別の位置に移動して、クリックボタンをキーボード側になったらもっと使いやすくなりそう。

指紋センサーの感度がイマイチ

「dynabook UZ63/F」はWindows Helloに対応していて指紋認証でロックの解除ができます。これは便利な機能だけれど、失敗することが多々あるのが残念なところ。指紋センサーの感度があまり良くはないようで、他社メーカーと比べると劣っているようだ。次のモデルでは、指紋センサーの感度が良くなるか、顔認証にも対応してくれるとありがたいかな。

USB Type-Cが両端に分かれていたらよかった

「dynabook UZ63/F」には、USB Type-Cが右側に2つあり、ACアダプタをどちらに挿して充電可能です。2つ付いていると充電しながら他のデバイスをつなげることができて便利ではあるのだけれど、欲を言うと右側に2つでなく、左側と1つずつにしてほしかった。右左どちら側でも充電できた方が使い勝手は間違いなく良いです。ただ、電池持ちが良いので、使わないときに充電すればと割り切れば問題ないかな。

USB変換アダプタが同梱されていたら良かった

最近の薄型モバイルノートPCには、USB Type-Cしかないものも多く、それらのほとんどにUSB変換アダプタが同梱されている。それらと違い「dynabook UZ63/F」にはUSBが1つあるせいか、変換アダプタは同梱されていないのが残念なところ。

ただし東芝ダイレクトで購入すると、USB-Type-C™アダプタやACアダプタがもう1つもらえたりする「必ずもらえるキャンペーン」というのを頻繁にやっています。定価で購入すると結構な価格のものなのでかなりお得。

東芝ダイレクト → dynabook UZ63/F

キャンペーンはエントリーなどの必要はなく、対象モデルを購入すると別送で送られてきます。自分が購入した時はACアダプタがもう1つもらえる期間で、製品到着からはかなり遅れて届きました。プレゼント品の到着前に住所が変わってしまうときには、東芝ダイレクト事務局までご連絡くださいと記載があるぐらいです。発送時期は遅いですが、タダでもらえるものなので気長に待ちましょう。

まとめ

「dynabook UZ63/F」は基本的には使いやすく、気に入ってはいるのですが、改善してほしいところをいくつか挙げてみました。特にタッチパッドの位置は改善してほしいところです。使っているうちにある程度は慣れそうだけど、次のモデルで変わってくれることを期待したい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク