ASUS Chromebook CM30 Detachable(CM3001)レビュー!8GB/128GBのWi-Fiモデル

着脱式でタブレットのようにも使える「ASUS Chromebook CM30 Detachable(CM3001)」のレビューです。ASUS USI Penを本体に収納し、メモリ8GBストレージ128GBと容量の大きいWi-Fiモデルになっています。

※貸出機のレビューです。記事内にはアフィリエイトリンクも含みます。

スポンサーリンク

スペック

製品名ASUS Chromebook CM30 Detachable (CM3001DM2A)
型番CM3001DM2A-R70006
OSChromeOS
更新スケジュール2033年6月
CPUMediaTek Kompanio 520 (8186)
メモリ8GB(LPDDR4X-3600)
ストレージ128GB(eMMC)
ディスプレイ10.5型ワイドTFTカラー液晶
グレア
1,920×1,200ドット (60Hz)
タッチ対応
インカメラ503万画素Webカメラ内蔵
アウトカメラ503万画素Webカメラ内蔵 (オートフォーカス対応)
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax (Wi-Fi 6)
Bluetooth5.2
バッテリー駆動時間約12時間
キーボード78キー日本語キーボード (JIS配列)
インターフェースUSB3.2 (Type-C/Gen1)
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック
サイズ/質量タブレットのみ
・幅259.5mm×奥行き169.2mm×高さ8.95mm
・約609g
タブレット + スタンドカバー
・幅267.76mm×奥行き177.5mm×高さ14.65mm
・約738g
タブレット + デタッチャブルキーボード + スタンドカバー
・幅267.76mm×奥行き182.85mm×高さ19.6mm
・約988g
付属品ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書、ASUS USI Pen (本体収納可能)、デタッチャブルキーボード、スタンドカバー
価格69,800円

外観チェック

ディスプレイは、10.5インチ解像度1,920×1,200(16:10)の光沢液晶。キーボードは取り外し可能で、リフト機能はなくフラットのまま使用するタイプ。

横向き上部に503万画素インカメラ、堅牢性を重視しているのかベゼル幅は広め。キーボードはしっかりしていて、程よく厚みがあり打ち心地は良い。

手触りの良いさらっとしたデザインのスタンドカバーとデタッチャブルキーボードの裏側。売れ行きの良かった前モデルChromebook Detachable CM3のような縦置きには対応はしていない。

下側にキーボードドックコネクタがあり、接続すると自動で認識。スタンドカバーは外すと約609gのタブレットとして使える。アウトカメラは内側と同じ503万画素。上部に、ASUS USI Penとマイク穴。

ASUS USI Penは左右対称のデザイン、プッシュポップアップ式で前モデルよりも取り出しやすくなった。筆圧レベル4096、傾き検知は最大55°、15秒の充電で約45分使用できる急速充電に対応する。

左側面に、電源ボタン、音量調節ボタン、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック、USB Type-C、スピーカー。右側面にはスピーカーのみ。スタンドカバーは最大170°まで開く。

スタンドカバーは縦用に開く機能はないけど、側面に傾斜があるため縦置きすることは可能です。角度調整はできないので、手前側に力が加わると弱いのですが意外と安定してます。付属するアダプタは45Wに対応。

ベンチマーク

CPUKompanio 520Celeron N5100
Octane2.02319829398
CrXPRT 277102
Speedometer2.028.445.5
Jetstream2.077.04495.281
Geekbench 5
(Android)
シングル:504
マルチ:1442
シングル:598
マルチ:1476

右側に比較対象として、Celeron N5100を搭載したASUS Chromebook CX1 (CX1102)を掲載。スコア的には負けているけど、バッテリーテスト結果からみても省電力設計のようです。

バッテリーテスト

音量50%ほど、輝度60%ほどの設定で、YouTubeの動画を再生してバッテリーの減り方を計測しました。1時間で10%程度減り、10時間以上の駆動を確認。バッテリー持ちは良いようです。

残量減少値減少差
1時間92%8%8%
2時間83%17%9%
3時間74%26%9%
4時間65%35%9%
5時間56%44%9%
6時間46%54%10%
7時間36%64%10%
8時間27%73%9%
9時間17%83%10%
10時間8%92%9%

急速充電の速度計測

充電時間バッテリー残量回復量
05%0
15分27%+22%
30分50%+23%
45分68%+18%
1時間78%+10%
1時間15分85%+7%
1時間30分91%+6%
1時間45分96%+5%
2時間99%+3%

バッテリー残量5%まで減らした状態からの充電速度を計測。70%ぐらいまでは急速に充電し、後はバッテリーに負荷がかからないようにゆっくり充電されます。

設定→デバイス→電源→アダプティブ充電を有効にすると、バッテリーを80%前後に保つことでバッテリーの寿命を伸ばす機能もある。

8GB/128GBのWi-Fiモデル

電源ボタンの上にSIMスロットがあるLTE対応モデルがau限定で販売されています。単体でモバイル通信が可能だけど、メモリ4GBにストレージは64GBと少なく、価格は同じ69,800円。SIMスロット以外の見た目は変わらず、型番は末尾が違う。

  • LTEモデル:CM3001DM2A-R70008
  • Wi-Fiモデル:CM3001DM2A-R70006

持ち運び用で常に通信が必要というわけではないなら、メモリ8GBにストレージ128GBのWi-Fiモデルの方が扱いやすい。

ゲームの動作確認

パズドラやポケモンGOは非対応。Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)も対応していなかった。

原神

ストレージ容量が大きいので原神をインストールしてみました。グラフィックスの画質は最低(デフォルト)となっていて見た目にもかなり荒い。動作はスムーズではなく無理はあるけれど動くのは確認できた。

作業用デバイスのためカジュアルゲームなら遊べるけど重たいゲームには不向き。インストール不要でブラウザで起動するクラウドゲームなら十分楽しめます。

パルワールド

Xbox Game Pass iconのクラウドゲーミングで、人気の「パルワールド」を試してみました。端末の性能を問わずブラウザで遊べるため、インターネット環境とコントローラーがあれば快適に遊べます。ただし、Androidアプリの「Xbox Game Pass」で起動すると画質が荒く文字が少し見にくいため、Chromeブラウザで起動したほうが文字ははっきり見える。

「ペルソナ3 リロード」など一部のゲームはタッチ操作に対応しています。しかし操作しにくいためコントローラーはあった方が良い。

Chromebookの特典

購入特典として、マインクラフト(2,660円相当)が無料で利用できます。特典の提供期間は6月30日までで、規定数に達した時点で終了とのこと。特典の利用期間は2024年7月31日まで。

その他にも、100GBのクラウドストレージが利用できる「Google One」を12か月無料でお試し、広告なしの「Youtube Premium」を3か月無料で体験できます。

まとめ

同じ着脱式で人気のあったDetachable CM3(CM3000)より、ASUS USI Penの取り出しが快適になった。バッテリー持ちも良く、タブレットでもノートパソコンとしても気軽に持ち運んで使えるChromebookです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました