「dynabook UZ63/F」バランスの取れたコスパ最高のモバイルノートPC

今までいろんなノートPCを試してみた結果、「dynabook UZ63/F」を購入することにした。持ち運ぶことが多いモバイルノートPCとしてコストパフォーマンスが最高にいいぞ。

スポンサーリンク

性能の割に価格が安くコスパ最高

「dynabook UZ63/F」を購入するのに、一番の決め手となったのはコストパフォーマンスが良いこと。おすすめは第8世代のインテル® Core™ i5-8250U プロセッサーを搭載し、メモリが8GB、ストレージはSSD256GBのモデル。Core™ i7でSSD512GBのモデルもあるけれど、第8世代のCPUは性能が飛躍的に向上しているので、Core™ i5でも十分。

さらにオンラインストアの会員登録することで大幅に値下げされ、コストパフォーマンスは最高になる。ログインすると割引が適応された会員価格が表示されるので、登録して見ると良いです。

→ dynabook UZ63/F

キーボードが打ちやすい

最近のモバイルノートPCではキーストロークが浅くて、打ち心地がイマイチなものが多いなか、「dynabook UZ63/F」はキーボードが打ちやすいというのも購入した理由の1つ。87キー(JIS配列準拠)、キーピッチは19mm、キーストロークは1.5mmと一般的なサイズで、タイピングのしやすいフルサイズキーボードになります。

バッテリー駆動時間が長い

モバイルノートPCに求められるバッテリーの駆動時間も「dynabook UZ63/F」なら十分に持ってくれる。公式のスペック表記では16.5時間となっていてかなりのバッテリー性能。実際の使用環境ではそこまでは持たないけれど、充電環境がないところでも十分活躍してくれそうだ。また、30分の充電で約4.5時間駆動してくれる「お急ぎ30分チャージ」という急速充電も備わっている。

ポート類が充実している

薄型のモバイルノートPCでは、USB Type-Cだけしかないものもあり、持ち運びに特化しているせいか拡張性は低い。それらと違い「dynabook UZ63/F」なら、一般的なType-AのUSB3.0が1つにHDMI端子までもついている。ポート類が充実している分、USB Type-Cだけしかないものと比べると少し厚みが出てしまうのだけれど、それでも十分薄型で軽量なので、個人的には全く気にならない。

堅牢性もあり持ち運ぶのも安心

持ち運ぶことの多いモバイルノートPCは頑丈なつくりであってほしいもの。オンラインストアの「dynabook UZ63/F」おすすめポイントに、しっかり耐久テストをしていると記載があった。

軽量で強度に優れたマグネシウム合金ボディを採用することで、軽く、薄く、強い筐体を実現。また、高負荷のかかるパームレスト部や背面には、ねじれに強いハニカムリブ構造を採用し、堅牢性を確保しています。さらに、堅牢設計の信頼性を上げるために、将来の経年劣化を検証するHALT(高加速寿命試験)をはじめ、第三者機関を使った過酷な耐久テストも実施しています。

実際に持ってみると薄型でもしっかりしているのが分かる。これなら持ち運ぶのも安心だと思う。

非光沢のディスプレイで目が疲れにくい

ディスプレイも購入の決め手となる要素の1つ。光沢ディスプレイの方が見た目がきれいだけれど、長時間の作業では目が疲れやすいので個人的にはあまり好きではない。「dynabook UZ63/F」なら非光沢ディスプレイなので、反射を抑えて目が疲れにくい。タッチ対応のモデルもあるけれど、個人的には必要ないかな。

まとめ

「dynabook UZ63/F」を購入した理由を書いてみました。使いやすくてコストパフォーマンスの良い、バランスの取れたモバイルノートPCです。定期的に購入者限定キャンペーンもやっているみたいなので、オンラインストアで確認してみてください。

dynabook UZ63/F

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク