OPPO「R17 Neo」ディスプレイ指紋認証スマホがUQモバイルから発売

OPPO「R17 Neo」がUQモバイルから独占販売されます。日本初のディスプレイ指紋認証搭載という注目度の高いスマホです。

スポンサーリンク

ディスプレイの中に指紋センサー内蔵

OPPO「R17 Neo」が注目を浴びている1番の特徴は、日本初のディスプレイ指紋認証搭載スマホというところ。指紋センサーは一般的に背面に搭載されているものが多いのだが、ディスプレイの中に内蔵することにより背面のデザインがすっきりするのはメリット。しかし、使い心地がどうなのかは気になる。精度は通常の指紋センサーと変わらず、反応速度もわずか0.5秒だという。また、学習機能により使う頻度が高いと認識制度が高まるようです。

OPPO「R17 Neo」のスペック

OS ColorOS 5.2(Based on Android8.1)
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 660 オクタコア
メインメモリ RAM 4GB / ROM 128GB
外部メモリ microSD最大256GBまで
サイズ 高さ 158.3mm × 幅 75.5mm × 厚さ 7.4mm
重量 約156g
ディスプレイ 約6.4インチ/AMOLED/2340×1080
メインカメラ 1,600万画素 + 200万画素デュアルカメラ
インカメラ 2500万画素
バッテリー 3,600mAh
SIMスロット トリプルスロットデュアルナノ
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac (2.4 & 5 GHz)
Bluetooth® Bluetooth® 5.0
通信方式 GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
TD-LTE: Bands 38/39/40/41
防水・防塵 ×
おサイフケータイ ×
セキュリティ ディスプレイ指紋認証
同梱内容 OPPO R17 Neo 本体
ACアダプター
イヤフォン
マイクロ USB ケーブル
安全ガイド
クイックガイド
保護フィルム(貼付済み)
SIMカードスロット用ピン
スマホケース

ハイエンドモデルに近いスペックで、コストパフォーマンスは高い。唯一残念なのが充電端子がmicroUSBで、急速充電に対応していないところ。

水滴型ノッチスクリーンの大画面

ディスプレイの上部は、水滴型ノッチスクリーンになっていて、ほとんどが画面。占有率は91%と高く、6.4インチ有機ELスクリーンは、一般的なノッチデザインのスマホと比べて美しいと強調している。アスペクト比は19:9で、見やすい縦長の大画面ディスプレイ。

2500万画素のセルフィー向きインカメラ

OPPO「R17 Neo」ではインカメラがかなり強化されています。2500万画素のA.I.ビューティカメラが、顔の296個のポイントを正確に認識し、800万の美顔データに基づいてナチュラルな美しさを引き出してくれるという。自撮りをよくする人にはうれしい機能です。またそれだけでなく、アウトカメラでもA.I.機能が搭載されているため、カメラ機能は充実しています。

アップデートされたCollarOS 5.2

アップデートされたCollarOS 5.2では、スマートサイドバーという機能が搭載されている。画面右上から引き出すようにスワイプすると表示できるようで、Androidのマルチウィンドウに対応したアプリを呼び出し、フローティングウィンドウで表示できるようだ。見た感じだと、スクリーン録画機能も備わっていて便利そう。

カラーはブルーとレッドの2色

カラーは、ブルーとレッドの2色。OPPO「R15 Pro」や、「HUAWEI nova 3」では、レッドカラーが人気らしく、売り切れになるのは赤からだったと言います。OPPO「R17 Neo」でもレッドカラーの方が人気になると思うので、気になっている方は売り切れる前に購入しておく方が良いかも。UQモバイルでの発売予定は11月下旬からとのこと。

まとめ

OPPO「R17 Neo」は他のスマホにはない特徴がいくつかありました。性能的にも優れているのに価格はそれほど高くないため、コストパフォーマンスの良いスマホです。発売前でも、UQモバイルで製品詳細の確認はできます。マンスリー割の分を引くと、かなり安く購入できそうです。

UQモバイル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク