OPPO Reno3 A (ColorOS 11)の便利機能や使い方まとめ!初期設定からのカスタマイズ

OPPO Reno3 A にColorOS 11のアプデートがきました。便利機能や知っておきたい使い方をまとめたので参考に。

スポンサーリンク

パーソナルカスタマイズ

設定→パーソナルカスタマイズで、見た目のカスタマイズがまとめてあります。

  • テーマ
  • 壁紙
  • アイコンスタイル
  • アプリレイアウト
  • 指紋のスタイル
  • カラー
  • フォント&表示サイズ
  • 通知ドロワー

指紋のスタイルは、設定→サウンドとバイブ→システムフィードバック→指紋アニメーションサウンドをオンにしておくと、どんな音がするのかも確認できます。

ホーム画面モード

設定→ホーム画面&ロック画面→ホーム画面モードで、画面モードの変更ができます。

  • 標準モード
  • ドロワーモード
  • シンプルモード

シンプルモードは、アイコンや文字が大きくなり、シニアの方にも操作しやすい簡易モード。

アイコンプルダウンジェスチャー

設定→ホーム画面&ロック画面→アイコンプルダウンジェスチャーをオンにすると、片手でアプリを起動しやすくなる。画面の左または右側を上にスワイプすると、アプリアイコンが下にまとまり、画面上部にあるアプリでも簡単に起動できる。

ホーム画面でスワイプダウン

設定→ホーム画面&ロック画面→ホーム画面でスワイプダウンは、初期設定で検索となっている。通知センターを開きたいときに、検索が開いてしまうこともあるため変更しておくと良いかも。

ロック画面設定

設定→ホーム画面&ロック画面→ロック画面設定に、端末を持ち上げたら画面オンと、ダブルタップして画面オンがあります。設定→便利ツール→ジェスチャーとモーションにもある。

端末を持ちあげたら画面オン

端末を持ち上げたら画面オンは、顔認証と組み合わせて使うとロック解除が楽になる。顔認証を登録した時に表示されるのと同じ。

ダブルタップして画面をオン

ダブルタップして画面をオンは、オンにしておくのがおすすめ。画面がスリープ状態の時は指紋センサーが反応しないため、ダブルタップしてから解除すると良い。

常時表示ディスプレイ

設定→ホーム画面&ロック画面→常時表示ディスプレイをオンにすると、スリープ状態でも時間などを確認できる。表示する項目は、日付、通知、電池の指定ができます。表示のタイミングは、省エネ、時間指定、終日の選択が可能。省エネだと動きを検知したときに表示してくれる。

ダークモード

設定→ディスプレイと輝度→ダークモードにすると、ダークモード設定が表示される。スタイルを、ブラック、中程度、グレーの3つのモードから選択できます。

アイコンフォート

設定→ディスプレイと輝度→アイコンフォートをオンにすると、ブルーライトを低減して疲れ目を防止する。時間を指定して自動でオンオフを切り替えられます。

ノッチの非表示

設定→ディスプレイと輝度→もっと見る→画面表示→アプリ毎のフロントカメラ表示設定で、ノッチを非表示にできます。アプリごとに設定する必要があり、一括設定はないようです。

低輝度アイコンフォートモード

設定→ディスプレイと輝度→もっと見る→低輝度アイコンフォートモードをオンにすると、チラつきで生じる目の疲れを軽減する。ノイズはそれほど気にならないと思うので、オンにしておいた方が良いかも。

その他の音とバイブ

設定→サウンドとバイブ→その他の音とバイブで、操作音のオンオフができます。スクリーンショットサウンドや、指紋アニメーションサウンドなどはここから。

バッテリー残量

設定→通知とステータスバー→バッテリー残量をオンにすると、ステータスバーのバッテリーアイコンに%表示される。アイコンの外に表示する設定はない。

バッテリーの設定にあるステータスバーにバッテリー残量(%)を表示と同じ。

指紋アイコンアニメーション

設定→ロック解除方法→指紋→指紋アイコンアニメーションでも、パーソナルカスタマイズと同じ変更が可能。システムフィードバックでサウンドをオンにしておけば、音も楽しめる。

顔認証の設定

設定→ロック解除方法→顔を登録したら、他の設定を変更できます。明るさ自動調整の補正は、暗いところでも画面が明るくなって解除しやすくなる。画面ロック解除は、自動ロック解除に変更しておくとスムーズに解除できる。

プライバシー保護

設定→プライバシーに、アクセスを制限する機能がまとまっています。設定したプライバシーパスワードやリセット方法は、設定→ロック解除方法から変更できます。

アプリロック

指定したアプリにロックを掛けられます。右上の設定から、ロックのタイミング、顔や指紋解除のオンオフ設定もある。

アプリを隠す

アプリを隠すでは、アクセスコードを設定する。電話アプリで入力するとアプリを表示できます。

プライベートフォルダ

プライベートフォルダ設定の右上から、顔認証と指紋認証を使うのと、ホーム画面上のアイコン追加などができます。

キッズスペース

キッズスペースでは、1度に使用が許可されている時間、アクセス許可されたアプリ、モバイルネットワークのオンオフの選択ができます。解除するときは、キッズスペースを終了するから本人確認をする。

ナビゲーション

設定→便利なツール→ナビゲーションから、ジェスチャ操作に切り替えられます。両側からスワイプジェスチャと、その他からスワイプアップジェスチャの2タイプがある。どちらのジェスチャ操作でも手動回転に対応しています。

キーボードの場所

ジェスチャ操作にした場合、キーボードの位置を上にあげて誤入力をしないようにできます。場所は、設定→その他の設定→キーボードおよび入力方式→キーボードの場所から。

ジェスチャーとモーション

設定→便利なツール→ジェスチャーとモーションに、便利な操作がまとめてあります。スクリーンショットについては次の項目でも操作できます。

スリープ時のジェスチャー

  • ダブルタップして画面をオン(ロック画面設定と同じ)
  • Oの文字を書いてカメラを起動
  • Vの文字を書いてフラッシュライトを起動
  • 音楽操作
  • ジェスチャーを追加

ジェスチャーを追加から、アプリを指定することもできます。

モーション

  • 端末を持ちあげたら画面オン(ロック画面設定と同じ)
  • 端末を耳に近づけると自動で応答
  • 端末を耳に近づけるとイヤーレシーバーに自動切換え
  • 端末を裏返して着信音を消す

スクリーショット

設定→便利なツール→スクリーンショットに、スクリーンショットの設定がまとまっています。オンオフの操作は、ジェスチャーとモーションにあるのと同じ。スクリーンショット後のプレビューウィンドウから、共有やスクロールスクリーンショットのの取得もできます。

画面録画

設定→便利なツール→画面録画に、録画設定がまとまっています。マイクサウンドの録音は、初期設定でオフとなっているので確認しておくこと。

スマートサイドバー

設定→便利なツール→スマートサイドバーに、オンオフ設定があります。アプリを起動したときの仕様が ColorOS 7 とは変更されたようです。

アプリを開くとフローティングウィンドウで表示されます。上部を長押しすると、全画面とミニウィンドウに切り替えが可能。ドラッグしてサイドまで持っていくと、格納される仕様。フローティングバブルではなく、視覚的に阻害しないサイドバー表示となりました。

画面分割

設定→便利なツール→画面分割に、オンオフ設定がある。3本指の分割の他、スマートサイドバーからの長押し、最近のタスクを表示して右上をタップしても画面分割は可能です。

電源ボタンでGoogleアシスタントを起動

設定→便利なツール→電源ボタンでGoogleアシスタントを起動をオンにすると、電源ボタンで起動できる。電源を切るときは、3秒間長押し。

最適化された夜間充電

設定→バッテリー→詳細なバッテリー設定→最適化された夜間充電は、バッテリーの劣化を防ぐ機能。オンにしておくと、毎日の充電パターンを学習して、夜間に充電速度を制御して過充電されないようにします。

アプリクローン

設定→アプリ管理→アプリクローンから、一部のアプリを複製できます。LINEも対応しているようです。

アクセシビリティ

設定→その他の設定→アクセシビリティ→ユーザー補助機能メニューをオンにすると、ショートカットを使えるようになります。仮想ボタンではアイコンが右下に表示。ジェスチャ操作では、2本の指を上にスワイプすると起動できます。ボリュームボタンを長押しするに割り当てることも可能。

ゲームスペース

ゲームスペースにアプリを追加すると、パフォーマンスを向上させツールバーにアクセスできるようになる。ホーム画面で左側からスワイプすると、アプリごとに撮影した画面キャプチャを確認できます。

ツールバーは、スマートサイドバーのように起動します。アイコンや表示されている機能は、長押しで場所を入れ替えることも可能。

まとめ

ColorOS 11では、デザイン面の変更が増えてカスタマイズ性が向上した。ColorOS 7 から変更されたところもあるので、アップデートした人は参考に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました