モトローラ「moto g7 power」バッテリー持ち最強の低価格モデル

モトローラ「moto g7 power」は、5000mAhの大容量バッテリーを搭載したスタミナスマホ。「moto g7」シリーズの中では一番安い低価格モデルになる。

スポンサーリンク

「moto g7 power」スペック

OSAndroid 9
CPUQualcomm® Snapdragon™ 632 (SDM632)
1.8GHz ×8 オクタコアCPU
Adreno 506
メモリ4GB
ストレージ64GB
バッテリー5,000mAh
ディスプレイ6.2インチ
1,520 × 720(HD+、 271 ppi) LTPS液晶
アウトカメラ1,200万画素(f/2.0、1.25μm)
PDAF(位相差オートフォーカス)
LEDフラッシュ
インカメラ800万画素(f/2.2、1.12μm)
Bluetooth®Bluetooth®4.2
Wi-FiIEEE802.11 b / g / n(2.4GHz)
通信方式2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
3G:B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6含む)
4G:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B19 / B20 / B28 / B38 / B40 / B41
SIMスロットnanoSIM×2+microSDカード
DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応トリプルスロット
生体認証顔/指紋
サイズ高さ約159.4mm
幅約75.3mm
厚さ約9.3mm(最薄部)
重さ約193g
本体付属品USB充電器
USBケーブル
ヘッドセット
カバー
SIM取り出しピン
クイックスタートガイド
LG(法令 / 安全 / 規制)
備考防水・おサイフケータイ非対応

参考:OCN モバイル ONE

「moto g7」シリーズの他モデルと比較すると、Wi-Fiとカメラ性能を抑えて価格が安くなっている。

「moto g7 power」概観レビュー

画面は、6.2インチのノッチ型ディスプレイ、電池残量を時計ウィジェットで確認できる。5,000mAhの大容量バッテリーを搭載していても、約193gとそこまで重くはない。

背面に指紋センサーと、1200万画素の単眼カメラ。カラーはセラミックブラック1色のみ。

右側面に、電源ボタンと音量調節ボタン。

左側面にSIMスロット。他モデルでは上部に配置されている。

上部にイヤホンジャック。ノッチは少し広め、他モデルではしずく型で小さい。

下部に、Type-C充電端子。

付属品は、ヘッドセット、USBケーブル、USB充電器、クイックスタートガイド、SIMピン、クリアケース。

「moto g7 power」ベンチマーク

ベンチマークの計測結果は、108422というスコア。「moto g7」のスコアは、108094だった。マルチタッチテストは、しっかり10点に反応。

「moto g7 power」バッテリーテスト

バッテリーテストは、22時間59分という驚異的な結果になった。今まで計測してきた中で、20時間を超えたのは他にはない。とにかくバッテリー持ちの良いスマホを探している方にはおすすめ。

「moto g7 power」急速充電速度

低価格モデルであっても、急速充電に対応している。付属の付属の充電器を挿し込むと「TurboPowerが接続されました」と表示されます。電池残量15%まで減らしてから、どのくらいの充電速度か計測してみました。

経過時間電池残量回復量増加量
30分41%26%+26%(1,300mAh)
1時間69%54%+28%(1,400mAh)
1時間30分90%75%+21%(1,050mAh)
2時間98%83%+8%(400mAh)
2時間20分99%84%+1%(50mAh)

後半は、バッテリーに負担を掛けないように充電速度は遅くなるので参考値。前半には、30分で 26%~28% という増加量で、急速充電の割には少なく感じるかもしれない。これはバッテリーの容量が5,000mAhもあるから少なく感じるだけで、計算すると30分間で 1,300mAh~1,400mAh 分も充電されていることになります。これだけの充電速度があれば、十分快適に使えるはず。

「moto g7 power」使い方

「moto g7」シリーズには、MotoアクションやMotoディスプレイなど便利な機能がたくさん搭載されている。おすすめの初期設定や使い方など、別記事でまとめてあるので参考に。

「moto g7 power」カメラ性能

アウトカメラインカメラ
写真
解像度
4:3(12MP)デフォルト
16:9(9.4MP)
19:9(7.9MP)
4:3(8MP)
16:9(6MP)
19:9(5MP)
4:3(8MP)デフォルト
16:9(6MP)
19:9(5MP)
ビデオ4K UHD
FHD(60fps)
FHD デフォルト
HD
FHD デフォルト
HD
ズーム最大8倍最大8倍
タイムラプス

16×
32×


16×
32×

「moto g7」のカメラがシングルになっただけで、「カットアウト」以外の機能はそのまま搭載されている。

1つの色を選択すると、その色以外は白黒になる「スポットカラー」。写真の一部分だけが動かせるようになる「Cinemagraph」。4倍~32倍の速度を変えて撮影可能な「タイムラプス」。キャラクターを現実世界に表示させ、拡張現実を楽しめる「ARステッカー」。低価格帯のモデルでも、Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)に対応しているのは凄い。

DSDSの動作確認

SIMスロットは、nanoSIM×2+microSDカードが入るトリプルスロット。ドコモのガラケーSIM(FOMA)と、楽天モバイルの通話SIMを入れてDSDSの動作確認をしてみたところ、データ通信をしながら両方のSIMで着信できた。特に設定したのは楽天モバイルのAPN設定だけ、FOMAのSIMは挿し込んだだけで有効になった。「moto g7」シリーズの他モデルの場合は、設定が必要。

また、どちらのSIMで通話するか、あらかじめ設定しておける便利な機能もある。ただし他モデルと違い、設定せずに電話するとき、どちらのSIMで通話するのかを記憶しておく機能は搭載されていなかった。

ゲームの動作確認

ゲームタイトルをいくつか試してみました。アップデート等で仕様が変更になる可能性もあるので参考程度に。

ポケモンGOはAR+に対応

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)に対応しているため、AR+で遊ぶこともできる。この価格帯のスマホで対応しているのは凄い。ポケモンGOプラスの接続は、一度失敗したけど、再度チャレンジしてみたら問題なくつながった。バッテリー持ちが良いため長時間遊ぶのに向いている。

黒い砂漠はダウンロード速度が遅く断念

黒い砂漠は、3.74GBの大容量インストールが必要。ダウンロードの速度が遅く、なかなか進まなかったので試すのを断念した。モバイル通信は快適なのだけど、Wi-Fiの通信が遅いのはデメリット。

ドラクエウォークはかなりの時間遊べる

ドラクエウォークを3時間以上遊んでも、バッテリーは半分以上残っていた。満充電方試したわけではないので参考値として。価格は高くないため、専用スマホにするのも良さそう。

PUBGの初期設定は快適画質

初期設定では快適画質に設定された。グラフィックのクオリティはスムーズ、フレーム設定は中。快適とまではいかないけど、軽く遊ぶ程度なら良いかもしれない。

まとめ

「moto g7 power」は、バッテリーの持ちが良く急速充電にも対応しているため、電池切れに悩まされる心配がない。Wi-Fiが5Ghz帯に対応していないのが残念なところだけど、その分価格は抑えてられているコストパフォーマンスの良いスマホ。

スマホセットで購入するなら、OCN モバイル ONEが安い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました