モトローラ「moto g7」シリーズはどれがいい?違いを比較してみた

モトローラ「moto g7」「moto g7 plus」「moto g7 power」のシリーズ3製品の違いを比較してみました。どれが良いのか参考に。

スポンサーリンク

「moto g7」シリーズ スペック比較

moto g7moto g7 plusmoto g7 power
CPUSDM632SDM636SDM632
バッテリー3,000mAh
15W急速充電
3,000mAh
27W急速充電
5,000mAh
15W急速充電
ディスプレイ6.24インチ
2,270 x1,080
LTPS液晶
6.24インチ
2,270 x1,080
IPS液晶
6.2インチ
1,520 × 720
LTPS液晶
アウトカメラ12MP+5MP16MP+5MP12MP
インカメラ8MP12MP8MP
Bluetooth®4.25.04.2
Wi-Fia / b / g / n
(2.4GHz / 5GHz)
a / b / g / n / ac
(2.4GHz/5GHz)
b / g / n
(2.4GHz)
通信方式4G:B26非対応
サイズ高さ約157mm
幅約75.3mm
厚さ約7.92mm
高さ約157mm
幅約75.3mm
厚さ約8.27mm
高さ約159.4mm
幅約75.3mm
厚さ約9.3mm
重さ約174g約172g約193g
スピーカーシングル
Dolby Audio対応
デュアル
Dolby Audio対応
シングル
非対応
税込価格33,880円42,680円28,380円
カラーセミブラック
クリアホワイト
ディープインディゴ
ビバレッド
セミブラック
ベンチマーク108094116448108422
バッテリーテスト9時間25分10時間49分22時間59分

OS、メモリ、ストレージなどは共通で、違いのある所だけを掲載した。通信方式は、ほぼ一緒のため省略、「moto g7 power」の 4G:B26だけ対応していない。それぞれのレビュー記事を参考に。

「moto g7」シリーズの大きな違いは

「moto g7」をベースに、CPU、カメラ、スピーカー、通信関連を強化したのが「moto g7 plus」。逆に、ディスプレイ、カメラ、通信関連の性能を落として、バッテリー持ちに特化させたのが「moto g7 power」となる。

ソフトウェア的なものは、「moto g7」と「moto g7 plus」では違いは見つからなかったので、まったく一緒と思ってよさそう。「moto g7 power」では、サウンドの機能を減らして、価格を抑えているようだ。Motoアクションなどの便利機能は共通で、使い勝手は変わらない。

「moto g7」シリーズ 見た目の違い

「moto g7」と「moto g7 plus」の見た目はほぼ一緒。カメラ部分だけ、少し厚みに違いがある程度で、ケースをしてしまうと気が付かない程度。「moto g7 power」はノッチ部分が広めで、SIMスロットが左側、イヤホンジャックが上部に配置されている。

「moto g7」シリーズ 3製品使ってみた感想

「moto g7」シリーズ共通して、カメラ機能が面白い。1つの色だけ残して後は白黒にするスポットカラーや、写真の一部だけ動かせるCinemagraphなど良くできていて、SNS投稿向きかもしれない。さらに低価格帯のモデルであっても、Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)に対応しているため、ARステッカーや対応ゲームを楽しめるのはうれしい。

「moto g7」は低価格でバランスの良いスマホだけれど、「moto g7 plus」を試してしまうと、デュアルスピーカーや急速充電の快適さには魅力を感じてしまう。予算があるなら間違いなく「moto g7 plus」の方がおすすめ。

「moto g7 power」はバッテリー持ちが半端なく、価格が安いのも魅力。ただし、価格を抑えているせいか、Wi-Fiが5GHz帯に非対応なのはデメリット。使っていてモバイル通信では問題ないけれど、Wi-Fiの通信が少し遅延するように感じた。

まとめ

モトローラ「moto g7」シリーズの3製品で、どこが違うのか比較してみました。予算があるなら「moto g7 plus」が快適に使えておすすめ。予算を抑えてDSDS運用したいなら、バッテリー持ちが良い「moto g7 power」がコスパ最高です。それぞれのレビュー記事も参考に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました