モトローラ「moto g7 plus」機能を盛り込んだ上位モデル

モトローラ「moto g7」シリーズの上位モデル「moto g7 plus」は、いろいろ機能が盛り込まれた多機能スマホ。ミドルレンジの価格帯で、ここまでのは他にないかも。

スポンサーリンク

「moto g7 plus」スペック

OSAndroid 9
CPUQualcomm® Snapdragon™ 636(SDM636)
1.8GHz × 8 オクタコアCPU
Adreno 509
メモリ4GB
ストレージ64GB
バッテリー3,000mAh
ディスプレイ6.24インチ
2,270 x 1,080(フルHD+、 403ppi) IPS液晶
アウトカメラ1,600万画素(f/1.7、1.2μm) + 500万画素デュアルカメラ
デュアル相関色温度LEDフラッシュ
光学式手振れ補正
インカメラ1,200万画素(f/2.0、 1.25μm)
PDAF(位相差オートフォーカス)
TOFカメラ
Bluetooth®Bluetooth® 5.0
Wi-FiIEEE802.11 a / b / g / n / ac (2.4GHz/5GHz)
通信方式2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
3G:B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6含む)
4G:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
SIMスロットnanoSIM×2+microSDカード
DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応トリプルスロット
生体認証顔/指紋
サイズ高さ約157mm
幅約75.3mm
厚さ約8.27mm(最薄部)
重さ約172g
本体付属品USB充電器
USBケーブル
ヘッドセット
カバー
SIM取り出しピン
クイックスタートガイド
LG(法令 / 安全 / 規制)
備考防水・おサイフケータイ非対応

参考:OCN モバイル ONE

「moto g7 plus」外観レビュー

画面は6.24インチのじずくノッチ型ディスプレイ。時計ウィジェットの白い円で、電池残量も表示してくれる。

背面には指紋センサーと、1600万画素+500万画素のデュアルカメラ。カラーは、ディープインディゴの他に、ビバレッドがある。

右側面に、電源ボタンと音量調節ボタン。

左側面には何もなし。

上部にSIMスロット。デュアルスピーカーのため、受話口からも音が鳴り、臨場感のあるサウンド・サラウンドを楽しめる。

下部に、スピーカー、Type-C充電端子、イヤホンジャック。高価格帯のハイエンドモデルではないのに、こだけ音が良いスマホはないかもしれない。

「moto g7 plus」ベンチマーク

ベンチマークを計測してみると、116448という結果。一般的な使い方をするなら十分な性能があり、困ることはないレベル。マルチタッチテストは10点に反応。

「moto g7 plus」バッテリーテスト

バッテリーテストも、10時間49分という十分な結果だった。急速充電の速度も速いため、バッテリーに悩まされることもなさそうだ。

「moto g7 plus」急速充電速度

27Wの急速充電にも対応していて快適に利用できるのも特徴。試しに15%まで減らしてから、どのくらいの速度で充電されるか計測してみると、30分で65%(+50%)、1時間で97%(+82%)も回復してくれた。フル充電まであと20分と表示はされるが、後半はそこまで速いわけではない。実際はバッテリーに負担を掛けないように、後半の充電速度はゆっくりになる。計測結果では、30分で50%も充電できているので、本来ならその速度で充電できるという目安かな。

「moto g7 plus」使い方

「moto g7」シリーズには、MotoアクションやMotoディスプレイなど便利な機能がたくさん搭載されている。おすすめの初期設定や使い方など、別記事でまとめてあるので参考に。

「moto g7 plus」カメラ性能

アウトカメラインカメラ
写真
解像度
4:3(16MP)デフォルト
16:9(11.9MP)
19:9(10.1MP)
4:3(8MP)
16:9(6MP)
19:9(5MP)
4:3(12MP)デフォルト
16:9(9.4MP)
19:9(7.9MP)
4:3(8MP)
16:9(6MP)
19:9(5MP)
ビデオ4K UHD
FHD(60fps)
FHD デフォルト
HD
4K UHD
FHD デフォルト
HD
ズーム最大8倍最大8倍
スローモーションFHD(120fps)デフォルト
HD(240fps)
撮影可能
設定変更なし
タイムラプス

16×
32×


16×
32×

カメラ性能は良く、動画は4K撮影にも対応している。HUAWEI、ASUS、OPPOなど他社製品にあるようなAIシーン認識機能は搭載されていないけれど、いろんな撮影モードが搭載されており遊び心満載。

背景を違う写真に置き換えられる「カットアウト」。1つの色を選択すると、その色以外は白黒になる「スポットカラー」。

写真の一部分だけが動く「Cinemagraph」など、他のスマホでは搭載されていない面白い機能があるのも魅力。

タイムラプスは、4倍から32倍の4つの速度で撮影可能。

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)にも対応しているため、ARステッカーも楽しめる。

DSDSの動作を確認

SIMスロットは、nanoSIM×2+microSDカードが入るトリプルスロット、真ん中がSIM1で認識される。ドコモのガラケーSIM(FOMA)と、au系データ通信専用SIMを入れて、DSDSでの運用を試してみた。結論から言うと、データ通信しながら着信はできるのを確認。しかし、初期設定は必要。

SIMの設定は初期設定で4Gになっているため、3Gに変更する必要がある。設定→ネットワークとインターネット→モバイルネットワーク→詳細設定→優先ネットワークタイプを3Gに変更する。一度リセットが必要なので、設定→ネットワークとインターネット→SIMカードにて、オフにしてからオンに戻すとリセットされる。もしくはスマホを再起動してもOK。

また、どちらも音声通話のSIMの場合は、どちらのSIMで通話するか、あらかじめ設定しておける便利な機能もあります。個人用と仕事用で、2台持ちをする必要はなくなりそうだ。

ゲームの動作確認

ゲームタイトルをいくつか試してみました。アップデート等で仕様が変更になる可能性もあるので参考程度に。

ポケモンGOはAR+に対応

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)に対応しているため、AR+で遊ぶこともできる。ポケモンGOプラスの接続もスムーズで、他の動作も特に不具合は感じなかった。

黒い砂漠を1時間連続プレイ

グラフィックはそこそこ、デュアルスピーカーのため臨場感は抜群。1時間連続でプレイをしてみたところ、電池残量は88%まで減った。バッテリー消費量も悪くないようだ。

PUBGは快適画質

初期設定では快適画質に設定された。グラフィックのクオリティはスムーズ、フレーム設定は中。このままで設定で、そこそこ遊べそうな感じ。

まとめ

「moto g7 plus」はミドルレンジのモデルでも、デュアルスピーカーとType-Cの急速充電に対応したコストパフォーマンスの高いスマホ。カメラ性能も良く、いろんな機能が搭載されているのも面白い。また、DSDS対応のトリプルスロットというのも魅力の一つ。

スマホセットで購入するならOCN モバイル ONEが安い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました