mineoのauプラン(Aプラン) とドコモプラン(Dプラン)の速度比較

格安SIMのmineoより、プチ体験ができるプリペイドSIMを提供して頂きました。auプラン(Aプラン) と ドコモプラン(Dプラン)の速度比較をしてみます。

スポンサーリンク

mineoプチ体験プリペイドSIM

mineoプリペイドSIMは、200MBという少ない容量ではあるが、自分が使っているスマホに挿して試すことができる良いサービスです。残念ながらソフトバンク(Sプラン)は提供していなく、auプラン(Aプラン) と ドコモプラン(Dプラン)のみになります。

試してみたいというときは、Amazonもしくは楽天市場で、216円(税込)送料無料で購入できます。購入時には自身のスマホのSIMのサイズを確認して間違えないように。

Amazon → mineoプリペイドSIM

楽天市場 → mineoプリペイドSIM

開通手続きを電話で簡単!

mineoプリペイドSIMが手元に届いたら、電話による開通手続きが必要です。SIMを挿し込んでAPN設定をしただけでは使うことができません。とは言え開通手続きは簡単で、音声ガイダンスに従い、SIMパッケージに記載してある、ご利用者番号とパスコードを入力するだけ。

auプラン(Aプラン) の速度を計測

計測は OPPO R15 Proを使用して、11時から1時間ごとドコモスピードテストアプリで行いました。12時台と13時台のダウンロード速度が出ていなけれど、後はそこそこ。ただし、アップロードの速度が弱く、計測にたびたび失敗しています。

auプラン(Aプラン)は速いと評判が良いのですが、 今回の計測ではあまり良い結果ではありませんでした。

※計測地域により違いがあるため参考程度に。

ドコモプラン(Dプラン)の速度を計測

ドコモプラン(Dプラン)のSIMは、microSIMだったため、計測に RAIJINを使用しています。auプラン(Aプラン)と同様に、11時から1時間ごとドコモスピードテストアプリで行いました。12時台と13時台で速度が低下しているものの後は快適。16時に200MBを使い切ってしまったため、アップロードの計測は出来ませんでした。

お昼時に速度が低下するのは仕方がないとしても、1Mbps近くまで出ているので悪くはないと思います。その他は予想以上に速度が出ていて、混雑時以外はすべて爆速。この結果からすると、かなり快適に使えそうです。

※計測地域により違いがるため参考程度に。

auプラン(Aプラン) と ドコモプラン(Dプラン)の速度比較

プラン au(Aプラン)
ダウン/アップ
ドコモ(Dプラン)
ダウン/アップ
16時台 2.66/- 27.25/-
15時台 3.18/- 26.55/13.21
14時台 11.68/0.98 30.40/13.36
13時台 0.46/- 0.86/6.26
12時台 0.87/- 0.98/16.20
11時台 9.50/2.19 28.53/25.53

auプラン(Aプラン) と ドコモプラン(Dプラン)を表示して比較してみました。今回計測した地域では、圧倒的にドコモプラン(Dプラン)の方が使いやすそうです。

auプラン(Aプラン) と ドコモプラン(Dプラン)どちらがいいか?

auプラン(Aプラン) の方が速度が出やすいと認識していましたが、地域により違いがあるようです。どちらのプランがいいか悩んでいるなら、ドコモプラン(Dプラン)にしておけば間違いなさそうな感じです。ただし、auで購入したスマホで使うなら、SIMロックを解除する必要はあります。

まとめ

mineoのプリペイドSIMで、auプラン(Aプラン) と ドコモプラン(Dプラン)の速度比較をしてみました。今回計測した地域では、ドコモプラン(Dプラン)が圧勝。計測地域により結果は違うので、プリペイドSIMで試してみてはいかがでしょう。

mineo(マイネオ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました