nuroモバイルの3GBは格安SIM最安値!Softbank回線を試してみた

nuroモバイルの新プラン料金は、大幅値下げされ業界最安値の格安SIMになった。これだけ安くても通信速度は大丈夫なのか?Softbank回線を契約して試してみました。

スポンサーリンク

格安SIM料金比較

対応回線1GB2GB3GB4GB5GB6GB8GB
NURO
d/a/s
792円990円1,485円
IIJ
d/a
858円1,078円1,518円
OCN
d
770円990円1,320円

格安SIMの新プランで安いところを比較してみました。提供している容量に違いはあるけれど、nuroモバイルが一番安く設定されている。また回線は、docomo/au/Softbankの3キャリアに対応しているため、選択肢が多いのもメリット。データ通信専用SIMの料金も安く、3GBであれば627円だけで済む。今回は一番安い、データ専用3GBのSoftbank回線を契約してみました。

nuroモバイル エントリーパッケージ

nuroモバイルを申し込むときに、急ぎでなければエントリーパッケージを購入すると初期費用を抑えられます。必ずしも購入する必要はないのだけれど、事務手数料3300円が無料となるため、購入金額との差額分が安く済む。手間と配送に時間がかかるため、急ぎならnuroモバイルからそのまま申し込んだ方が早い。

エントリーパッケージには、エントリーコードをパスワードが記載されているだけでSIMカードは入っていません。専用のページで入力した後に通常の申し込み作業が必要。申し込み完了後にSIMカードが配送されます。

nuroモバイルの申し込み

申込ページに進み必要なものの確認する。今回はデータ専用SIMを契約するため本人名義のクレジットカードだけ必要になった。音声通話SIMを契約するときには、運転免許証や保険証などの本人確認書類が必要になる。それと今使っている電話番号を乗り換える場合には、あらかじめMNP予約番号を取得しておくこと。

プラン選択では、dプラン(ドコモ回線)、sプラン(ソフトバンク回線)、Aプラン(au回線)の3種類から選択できます。今使っているスマホがキャリアで購入したものなら、同じ回線を選ぶことでSIMロックを解除することなく使えます。SIMカードのサイズは、選んだ回線により違いがある。ソフトバンクの場合だと、iPhone専用というのがあるので注意したいところ。※プレスリリースによると、2017年8月以降に販売されたiPhoneであれば、通常のnanoSIMでも使えるようです。

プランを選択したら、オプションとお客様情報の入力する。クレジットカード情報の有効期限は、月の入力を01と2桁にすること。使えないカードの場合は、この時点で入力できても、申し込みの最後でエラーが出ます。申込内容の確認の時には、1年間の支払い目安の確認もできる。月額料金は初月無料のため11か月分。エントリーパッケージで申し込んでいるため事務手数料はなく、初期費用はSIM発行手数料の440円だけ。

午後2時までに、申し込み手続きが完了(音声通話SIMの場合は本人確認も含む)すると最短で当日発送するとのこと。今回は2時を過ぎていたので、2日後に発送、3日後に到着、サービスの開始日は発送日になるようです。申し込み時に「大変好評につき、通常よりも配送にお時間をいただく場合がございます。」と記載がありました。初月無料のため月初めは混雑するかも。

nuroモバイルのAPN設定

  • 名前:任意
  • APN:so-net.jp
  • ユーザー名:nuro
  • パスワード:nuro
  • 認証方式:PAPまたはCHAP

届いたSIMを挿したら、APN設定をします。Androidの場合は、アクセスポイント名から追加する。名前は自分で把握できればなんでも良い。

iPhoneの場合は、付属しているマニュアルにあるQRコードからAPN構成プロファイルをダウンロードできます。

Softbank回線の速度は快適

スピードテストをしてみたところ、混雑する12時台でダウンロード26.4Mbpsという快適な速度でした。19時台では8.14Mbpsとなり、お昼時よりも出ていないが十分な速度。料金が安くてもしっかりした速度が出ているようです。もしかしたらSoftbank回線は狙い目なのかも。※docomo回線やau回線でも同じような速度が出るとは限りません。地域や使用環境によって通信速度は変わるので参考程度に。

ご利用者向けページにログイン

nuroモバイルから、ご利用者向けページにログインできます。ログインIDは、SIM電話番号。パスワードは、SIMが付いている台紙の裏に記載されています。ログインしたらパスワードを変更しておくと良い。

ログインすると、使用量や残りの容量を確認できます。他の格安SIMであるような高速通信をオフにする切り替えはないです。低速モードで節約して使いたいという人には向かない。逆に低速でたくさん使うと人がいないから、通信速度を維持しやすいのかもしれない。

プラン変更もここからできるはずなのですが、初月は無料となるため変更ができないようにしてあるのかも。料金は安いので容量の多いプランを選択しておくのも良いと思います。

ご契約内容の確認・変更に「通信の最適化の適用・非適用の変更」という項目もあります。ネットワーク帯域の混雑状態でも通信品質を確保できるように最適化してくれる機能で、初期設定では適用となっています。混雑時に通信速度が出るのは、この機能が影響しているのかも。ただし、コンテンツの品質が圧縮されてしまうというデメリットはあるため、適用しないの設定にできるのも理解しておくこと。

データ容量をプレゼント「Gigaプラス」

新プランでは「Gigaプラス」というサービスが追加され、契約プランに応じて3か月ごとにデータ容量をプレゼントしてくれます。適用されるのは5GBと8GBプランで、残念ながら3GBにはなし。

  • 5GB(VM)プラン:3か月ごとに3GB
  • 8GB(VL)プラン:3か月ごとに6GB

もらったデータは翌々月(3か月)まで使えます。余ったデータの有効期限が短いほうから使ってくれるようで、毎月プラス1GBされるよりも使いやすい。平均して6GBと9GBの容量だと考えると、料金の安さは圧倒的。

端末セットで購入

申し込みページでは端末の在庫があるものしか表示されないようです。このときにはモバイルルーターしか表示されませんでした。在庫が表示されないときでも端末セットが欲しい場合には、ひかりTVショッピングでもnuroモバイル契約のキャッシュバックキャンペーンというのをやっている。端末の種類は豊富で、キャッシュバック金額も端末により多いのもあります。期間限定でエントリーも必要なので確認してから申し込むように。

まとめ

nuroモバイルの新料金プランは安くても通信速度(Softbank回線)は快適でした。急ぎでなければエントリーパッケージを購入してから申し込むと、事務手数料が無料となるのでおすすめ。端末セットで購入するならひかりTVショッピング経由だと選べる機種が多くおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました