子供用におすすめ!低料金の格安SIM&格安スマホ

2016-03-27 02.30.56

Lineなどの普及により無料で音声通話もできるため、子供に持たせるスマホには電話番号は必要なくなってきている。電話番号のないデータ専用のSIMであれば月々の携帯料金をかなり安く済ませることができ、家計の負担を減らせるはず。

スポンサーリンク

端末代が安く済むFREETEL

スクリーンショット_032716_033402_PM

FREETELから販売されている「Priori 3 LTE」は、12,800円と端末代がかなり安い。性能はそこそこで普通に使うのには問題なく、コストパフォーマンスが非常に高い。iPhoneなど高い端末を買い与えてたと考えると、数回壊したとしてもおつりがくるので安心だ。一括購入だけでなく、保護フィルム、ケース、端末補償がセットになった分割払いにも対応している。SIMは使った分だけの従量制で、データ専用SIMであれば299円~料金が加算され、最高でも2,470円で済んでしまう。電話番号を付けなければそれ以上の支払いが請求されることがない。自宅にWi-Fi環境がある場合には使用量を抑えられて特におすすめ。

FREETELの詳細

利用制限をして管理できるTONE

スクリーンショット_032716_042419_PM

TSUTAYAのスマホ「TONE」では、居場所が分かったり利用制限したりする機能が無料で備わっているのが特徴。子供にスマホを持たせるのに使いすぎてしまうのが心配という声は多く、制限をかけられるのに越したことはない。月額料金もかなり安く、IP電話も利用できて月額1,000円で済んでしまう。ただし、デメリットもいくつかある。専用端末を購入する必要があり、小さい子供には大きすぎる5.5インチのみ。通信速度が500kbps~600kbpsとそれほど早くはない。最低利用期間が24ヵ月、2年縛りの自動更新ではないので安心ではある。音声通話SIMでなくても最低利用期間があるので、2年以上確実に使うのであればサポートも充実していておすすめ。

TONEの詳細

使いすぎることがないOCNモバイルONE

スクリーンショット_032716_050309_PM

OCNモバイルONEでは、1日ごとに容量が決まっている110MBと170MBのコースがあるのが特徴。毎日の使い過ぎを防ぐことができ、月末だけ容量が足りないということもなくなる。容量を使い切ったとしてもLineの通信には問題ないぐらいの速度のため、連絡は取れるので安心。また、格安SIMの導入には大抵初期費用として3,000円程度かかるもの。OCNモバイルONEではパッケージが安く売っているため、気軽に試すことができる。親が機種変更したときなど、端末が余っていたらそのまま使うことで費用はほどんと掛からない。ただし、ドコモ以外の端末であった場合にはSIMロックを解除してもらう必要はある。また、パッケージを購入するときにSIMサイズによって料金が違うので間違えないように。

OCNモバイルONEの詳細

かけ放題が必要なら楽天モバイル

スクリーンショット_032716_053039_PM

電話番号はやはり必要というのなら、かけ放題のオプションがある楽天モバイルが良いかもしれない。5分かけ放題で850円が追加されたとしても、3.1GBのプランであれば2,450円、5GBプランであれば3,000円で済む。また取り扱っているSIMフリー端末も豊富で、キャンペーンで安く購入出来たり、楽天スーパーセールで半額タイムセールなど期間限定で特別企画をしていることもある。通話SIMとのセット販売が対象となっていることが多いので、電話番号が必要ならば一番の検討候補に入れても良いと思う。

楽天モバイルの詳細

有料のモニタリングサービス

子供にスマートフォンを利用させるうえで、心配なことカバーしてくれる有料のサービスもある。

スマモリは、お子様のスマートフォンの使用状況をモニタリングし、それぞれのお子様に合わせて使用時間の調節やサイト/アプリケーションの制限を行うことができます。

スマモリ

お子様が利用するSNSやスマートフォンの利用データを取得し、分析します。
問題の早期発見、情報の要約と集約、状況の見える化を実現します。
親子で分析結果を共有することで、危険に気づき、対処することができます。

Filii

どちらも月額400円と有料ではあるが、こういったサービスも検討しておいた方が良いかもしれない。

まとめ

ドコモやauの学割やソフトバンクのギガ割など、25歳以下を対象とした割引サービスで家族の利用を囲い込んでいる3キャリア。割引でお得感はあるものの、実際にはまだまだ高い。格安SIMと格安スマホの組み合わせなら圧倒的に安く済むので、子供に初めてスマホを持たせるときなどには特におすすめ。ただしデータ専用SIMの場合ではSMSは使えないので、Lineの登録はFacebookアカウントで認証することになる。Lineが使えれば電話番号も必要ないという人は多く、データ専用SIMだけでも十分だ。料金を抑えられた分でモニタリングサービスなどを利用しみるのもよいだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク