OPPO Reno A 防水+おサイフケータイ+DSDV対応スマホ第2弾

OPPO Reno A は、防水+おサイフケータイ+DSDV対応した OPPO R15 Pro に次ぐ第2弾。性能が良いのに価格は安く、注目度がとても高いスマホです。

スポンサーリンク

OPPO Reno A スペック

型番CPH1983
カラーブルー/ブラック
サイズ縦: 15.84cm / 158.4mm
横: 7.54cm / 75.4mm
厚さ: 0.78cm / 7.8mm
重量約169.5g
OSColorOS 6(Android 9ベース)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 710
オクタコア2.2GHz + 1.7GHz
Adreno 616
メモリ6GB
ストレージ64GB
128GB(楽天モバイル版限定)
ディスプレイ6.4 インチ
2,340 x 1,080 (フルHD+)
AMOLED (有機EL)
Gorilla® Glass 5
バッテリー3,600mAh
接続端子USB Type-C
アウトカメラ約1,600万画素 (ƒ/1.7 絞り値) + 約200万画素 (ƒ/2.4 絞り値)
インカメラ約2,500万画素 (ƒ/2.0 絞り値)
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth®Bluetooth® 5.0
おサイフケータイ対応
SIMスロットnanoSIM×2
microSDカード排他利用(最大256GB)
通信方式LTE:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41
3G:B1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1,800/1,900MHz
キャリアアグリゲーション対応
生体認証指紋認証 / 顔認証
防水 / 防塵IPX7 / IP6X
センサーGPS/A-GPS/GLONASS/Beidou/Galileo
磁気センサー
光センサー
近接センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
本体付属品AC アダプター
イヤフォン
USB データケーブルType-C
安全ガイド
クイックガイド
SIM カードスロット用ピン
保護ケース
保護フィルム (貼付済み)

OPPO Reno A 概観レビュー

6.4インチ水滴型ノッチスクリーン。大画面でも画面占有率は91%あるコンパクトサイズで、重量は約169.5gと比較的軽い。指紋センサーはディスプレイ内蔵型。

背面カラーはブルー、カメラは1600万画素+200万画素のデュアルレンズ。カラーは、ブラックもあるが、ブルーの方が人気がありそうな感じ。

左側面には、SIMスロットと音量調節ボタン。

右側面には、電源ボタンのみ。

上部には、マイク穴にのみ。インカメラは約2500万画素もあり、自撮りの方が高画質。LEDインジケータは搭載されていない。

下部に、スピーカー、Type-C充電端子、イヤホンジャック。

付属品に、イヤホン、ACアダプタ、USB Type-Cケーブル、クリアケース。ケースは側面周りだけつや消しになっていて少し安っぽい感じがする。

OPPO Reno A ベンチマーク

ベンチマークの計測結果は、155385という価格以上のスコア。さらに、設定→電池→高パフォーマンスモードをオンにして計測してみると、172876まで数値が上がりました。

計測方法が変わったようで再計測してみたところ、188197というスコアになっています。高パフォーマンスモードでは、209096という高い結果。

OPPO Reno A バッテリーテスト

PCMark の Work 2.0 battery life を起動して計測してみたところ、何度も途中で止まってしまい正確には測れませんでした。最高で12時間34分までは計測できたので、バッテリー持ちは良い方だと思います。

OPPO Reno A 充電速度

OPPO Reno A は急速充電に対応していないのがデメリット。電池残量18%からどのくらいの速度で充電できるか試してみました。

充電時間電池残量回復量回復差
開始時18%0%0%
30分43%25%+25%
1時間71%53%+28%
1時間30分90%72%+19%
2時間98%80%+8%

OPPO「Reno 10x Zoom」の急速充電は、30分で44%も増加していました。それと比較してしまうと、25%~28%では頼りなさは感じる。しかし、電池持ちが悪いわけではないため、夜のうちにしっかり充電できる人なら気にならないと思う。OPPO Reno A は、急速充電に対応させていないことで、価格を抑えているのでしょう。

OPPO Reno A 使い方

OPPO Reno A には、Android9をベースにした独自のOS 「ColorOS 6」が搭載されています。同じAndroidでも少し使い方が違うので、初めて使う人は戸惑うかもしれません。初期設定や使い方などは、別記事でまとめてあるので参考に。

OPPO Reno A カメラ性能

カメラは、自動で22シーンを判別してくれるAI認識機能を搭載。食べ物や景色などの認識だけでなく、近くの被写体を撮影するマクロレンズにも対応している。ハイエンドモデルでないと近くの撮影はピントが合わないことが多いので、これはうれしい機能。※写真は、OPPO Reno A をOPPO Reno A で撮影しているときのスクリーンショットです。

アウトカメラインカメラ
写真
アスペクト比
4:3 デフォルト
1:1
全画面表示
4:3 デフォルト
1:1
全画面表示
ビデオ
解像度
4K
1080P(30fps)デフォルト
720P
1080P(30fps)デフォルト
720P
ズーム最大10倍機能なし
モードポートレート

パノラマ
エキスパート
タイムラプス
ステッカー
ポートレート
パノラマ
タイムラプス
ステッカー

画質はインカメラの方が高く、AIが分析して最適な補正を施すビューティーセルフィーに対応。写真はアスペクト比を変更するだけで画質は変えられない。

DSDSの動作確認

SIMスロットは、nanoSIMが2枚入るだけでmicroSDカード排他利用。DSDVで運用することを考えるとSDカードが使えなくなるため、楽天モバイル版の128GBモデルの方が魅力的かもしれない。

ドコモのガラケーSIM(FOMA)と楽天モバイルの通話SIMを入れて、DSDSの動作確認をしてみました。データ通信をしながらどちらのSIMでも着信できたので、デュアルSIMデュアルスタンバイでの運用も問題ないようです。ドコモの場合、SIMを入れただけで「【ドコモからのお知らせ】正しくつながったことをお知らせします。」というSMSが届きます。特別な操作は必要なく、APNの設定をしなくても大丈夫です。ただ、通知に設定してくださいと表示されるので、何でもいいから選択しておくこと。

もし通信ができなかった場合には、設定→デュアルSIMとネットワーク→SIM1もしくはSIM2を選択し、有効にするを一度オフにしてから有効に戻すと、リセットされ通信可能となったりもします。もしくは端末の再起動でも可能です。

ゲームの動作確認

ゲームタイトルをいくつか試してみました。アップデート等で仕様が変更になる可能性もあるので参考程度に。

ポケモンGOはAR+に対応

Google Play 開発者サービス(AR)(旧ARCore)に対応しているため、AR+で遊ぶこともできる。ポケモンGOプラスの接続もスムーズで、他の動作も特に不具合は感じなかった。

ドラクエウォークはゲームスペースで便利になる

ゲームスペースにアプリを追加すると、スマートサイドバーの内容が変わります。ドラクエウォークでAFKを再生すると、WALKモードでも画面を暗くして消費電力を抑えることもできます。

黒い砂漠を1時間プレイしたバッテリー検証

黒い砂漠のグラフィックはきれいに表現された。1時間連続プレイをしてみたところ、電池残量は89%残っていました。電池持ちも良く、長時間のプレイも問題なさそう。

PUBGの初期設定はHD画質

PUBGの初期設定はHD画質、グラフィックのクオリティはHD、フレーム設定は高になっていた。タッチブーストや、フレームブーストが効いているのか比較できていないけれど、動きは滑らかで快適に遊べそうな感じです。

様々な機能を備えた「ゲームブースト2.0」が、快適なゲーム操作を可能にします。例えば、画面をタップしてから実際に反応するまでのわずかな時間を高速化する「タッチブースト」や、画面のカクツキを抑えて滑らかな描写を可能にする「フレームブースト」など、モバイルゲーマーの期待に応える様々な機能を搭載。

OPPO公式サイトより

まとめ

OPPO Reno A は、 防水+おサイフケータイ+DSDV対応に、Snapdragon™ 710とメモリ6GB の組みあわせで動作も快適でいうことなしのスマホ。あえて残念なところ上げるとするならば、急速充電に対応していないところだ。 その分、価格は抑えられているため注目度は高く、売れ行きも好調のようです。

OCNモバイルONEのスマホセットが一番安いです。人気のため在庫があるうちに申し込んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました