OPPO AX7 コスパ抜群!長時間駆動する使いやすいスマホ

OPPO AX7 は、6.2インチの大画面に4230mAhの大容量バッテリーを搭載したスマホ。さらに節電能力までも高く、駆動時間は驚異的。

スポンサーリンク

OPPO AX7 スペック

カラーゴールド
ブルー
サイズ
(高さ/幅/厚さ)
155.9 x 75.4 x 8.1(mm)
質量約168g
ディスプレイ
(サイズ/種類/解像度)
6.2インチ/TFT/1,520 x 720 ドット HD+
CPUQualcomm Snapdragon 450/オクタコア 1.8GHz
バッテリー容量4,230mAh
OSColor OS5.2 (Based on Android 8.1)
内部メモリ4GB (RAM) / 64GB (ROM)
カメラメインカメラ(外側):1,300万画素/200万画素
フロントカメラ(内側):1,600万画素
生体認証指紋/顔
SIMスロットnanoSIM×2(DSDV対応)
microSD 最大2TB(トリプルスロット)
通信方式LTE:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/39/40/41
3G: B1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
Wi-FiIEEE802.11 b/g/n (周波数帯域:2.4GHz)
BluetoothBluetooth® 4.2
付属品スマホケース
保護フィルム(貼付済み)
ACアダプタ
USBデータケーブル

参考:楽天モバイル / IIJmio

OPPO AX7 概観レビュー

約6.2インチの水滴型ノッチスクリーンは、画面占有率は88.4%の大画面ディスプレイ。

背面には、デュアルレンズカメラと指紋センサー。カラーは、グリーンに近い感じのブルーで、ガラスコーティングされ高級感がある仕上がり。

側面は、背面と違いマットな感じ。右側には電源のみ。

左側面には、nanoSIM×2+microSDカードの3枚が入るトリプルスロットに音量調節ボタン。

上部には、マイク穴などもなくすっきりしている。カメラ部分の最小限をノッチにした作りで、通知LEDは非搭載。

下部には、スピーカー、microUSB、イヤホンジャック。

付属している純正クリアケースは、かなり分厚い。しっかり保護してくれそうではあるけれど、この厚みは気になるかも。

OPPO AX7 ベンチマーク

ベンチマークを計測してみると、71887という結果。控えめな数値ではあるが、普段使いなら問題ないレベル。マルチタッチテストも10点に反応。

バッテリーの持ちが驚異的

バッテリーテストでは、19時間41分という驚異的な結果が出た。今までの計測してきた中で、ここまで長時間駆動するスマホはなかったです。とにかくバッテリー持ちの良いスマホを探しているなら有力候補。

OPPO AX7 は使いやすいスマホ

「みんなが使いやすいスマホ」というキャッチフレーズ通り、OPPO独自のOSでカスタマイズされた使いやすいスマホです。特にスマートサイドバーやゲームスペースは便利で、使い方などは別記事にまとめてあるので参考に。

しかし、価格を抑えているので性能は控えめです。そのため、グラフィックスの高い負荷のかかるゲームなどには向きません。また、アプリ内のダウンロード速度や起動速度も速くはないです。逆に軽度なゲームであれば、バッテリーの持ちも良いため、サブ機としての購入もありかと思います。

インカメラは高画質で自撮り向き

カメラ機能は、インカメラの方が1600万画素の高画質で、自撮りをよくする人に向いている。AIビューティテクノロジーの自動補正や、顔に合わせてデコレーションできるARステッカー、タイムラプス動画を撮影する機能も標準搭載。また、撮影後でも編集機能が充実しているというのも特徴。

DSDSの動作を確認してみた

SIMスロットは、microSDカードを入れても2枚のSIMが入るトリプルスロットで、DSDV(4G+4G)の同時待ち受けにも対応している。DSDS(3G+4G)でも同時待ち受けができるか動作確認をしてみました。ドコモのガラケーSIM(FOMA)とデータ通信専用SIMを2枚入れてみたところ、電話の着信をしっかり受けることができることを確認。ドコモを解約したくない人でも、1台で十分運用できそうです。

OPPO AX7 でゲームをしてみた

ゲームアプリをいくつか試してみました。アップデート等で仕様が変更になるかもしれないので参考程度に。

パズドラとモンストは快適

パズドラやモンストは、軽度なゲームのため問題なく遊べました。モンストは全画面表示中に、ナビゲーションキーの設定を変えると表示がずれるため再起動すること。

ポケモンGOのサブ機として良さそう

ポケモンGOでは、ARCoreに対応しているため AR+で遊ぶことはできない。その他は、位置情報やポケモンGOプラスの接続もスムーズで問題なさそう。バッテリーの持ちが良いため、サブ機としても良いかもしれない。

リネレボで1時間連続プレイを試す

リネレボで1時間連続プレイを試してみると、電池残量は88%という結果になった。オートプレイの節電モードでも1時間試してみたところ、92%も残っていた。長時間のプレイが可能なため、放置狩りをしておくのにも良さそうだ。

PUBGのデフォルトは快適画質

PUBGの初期設定は快適画質。性能は高くないため、期待はしていなかったけど意外と遊べた。ちょっと楽しむぐらいなら良いかもしれない。

黒い砂漠のグラフィックは荒い

黒い砂漠ではグラフィックが荒いです。設定を品質優先に変更しても大きな改善は期待できない。画面が大きいのとスピーカーからの大音量は良いです。

D2メガテンではAFKを再生が便利

D2メガテンの初期設定は標準画質。ARCore非対応のためデビルスキャナは簡易ARのみ。ゲームスペースに追加すると、AFKを再生が利用できるようになり、スリープモードにならないように節電モードでのプレイが可能。

まとめ

OPPO AX7 はバッテリーの持ちが素晴らしく、使い勝手も良いのが魅力。スマホセットで安くなっているときが狙い目で、コストパフォーマンスは抜群。高負荷のかかるゲームには向かないけれど、軽いゲームならサブ機としても使うのも良いかと思います。

OPPO AX7 スマホセット

コメント

タイトルとURLをコピーしました