Galaxy A30 最強のミドルスペック!全部入りスマホ

Galaxy A30 はミドルスペックの中では、最強クラスの全部入りスマホ。おサイフケータイに防水機能も備わっていいて、使い勝手までも良いです。

スポンサーリンク

Galaxy A30 スペック

寸法(高さ×幅×厚さ)約H160×W約75×約D8.0mm
質量約176g
ディスプレイ約6.4インチ/sAMOLED/2,340×1,080(FHD+)
カメラメイン:約1,300万画素+約500万画素
サブ:約800万画素
電池容量3,900mAh
15Wの急速充電対応
OSAndroid™9
チップセットExynos7904
1.8GHz/2コア+1.6GHz/6コア
メモリROM:64GB
RAM:4GB
対応外部メモリmicroSD、microSDHC、microSDXC/最大512GB
おサイフケータイ
防水・防塵 IPX5/IPX8
IP6X
Bluetooth5.0
Wi-Fi規格IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
カラーブルー
ブラック
レッド
付属品•クリアケース(試供品)
•データ移行用試供品 (Micro USBケーブル(試供品)、OTG対応USB変換アダプタ(試供品))
•取扱説明書
•データ移行用試供品取扱説明書
以下のものは同梱されていません。
– microSDメモリカード
– ACアダプタ
– USB Type-Cケーブル

参考:UQモバイル

Galaxy A30 外観レビュー

約6.4インチの有機ELディスプレイ。ノッチ部分はカメラ領域だけの省スペースとなり、通知LEDは非搭載。

背面にデュアルレンズカメラと指紋センサー。カラーはブラックで、光を反射する高級感あるデザイン。

右側面に、電源ボタンと音量調節ボタン。

左側面にはSIMスロットと、ストラップホールも搭載。

上部には、イヤホンジャックとマイク穴。

下部に、マイク穴、USB Type-C接続端子、スピーカー。

SIMスロットは、nanoサイズのシングルスロットに、microSDカードスロット。

Galaxy A30 ベンチマーク

ベンチマークを計測してみると、106431という結果。数値的には高くないが、一般的な使い方なら問題ないレベル。マルチタッチテストは10点に反応。おサイフケータイスマホで比較対象になりやすいAQUOS sense2 SH-M08と比べても性能は高い。

バッテリーテスト結果

バッテリーテストを行ってみたところ、11時間41分という良い結果が出た。有機ELディスプレイということもあり、消費電力が少ないのかもしれない。一日中フルに使っても十分足りるレベル。15Wの急速充電にも対応しているため、バッテリー関係で困ることはないだろう。

Galaxy A30 使い方

Galaxy A30 は機能が豊富なため、便利な使い方は別記事でまとめてあります。どこに何があるか把握しづらいため、参考にしてみてください。

カメラにもいろんな機能が備わっているため、別記事にまとめてみました。しかし、画質的にはそこまで高いわけではないです。おサイフケータイと防水機能が必要ないという方で、カメラ性能を重視したいなら、OPPO「R17 Neo」という選択肢もあります。

Galaxy A30 ゲームをやってみた

ゲームランチャーが搭載されているため、初期設定はしておきましょう。また、ゲームタイトルをいくつかやってみましたが、アップデート等で変更になる可能性があるので参考程度に。

パズドラとモンストで録画を試す

プレイ動画を録画できるゲームランチャーが搭載されているため、パズドラとモンストで試してみました。どちらも軽量なゲームのため、ほぼ問題なく録画できました。また、動くGIF画像の設定もできるため、チームのステータスを画像として表現できたりもします。

ポケモンGOではAR+に対応

ポケモンGOは、位置情報の不具合もなく動作は快適。ポケモンGOプラスの接続もスムーズで問題なかった。ミドルスペックのスマホでもARCoreに対応しているため、AR+で遊ぶことができるのもメリット。

リネレボで1時間連続プレイしてみた

リネレボで1時間連続してプレイしてみたところ、電池残量は90%まで減った。消費電力は少ないようで電池持ちは優秀なようです。それに、ゲームランチャーの画面ロックをして同じ環境で試してみたところ、93%という結果で1時間で3%も節約できることが分かった。

黒い砂漠の画質は荒い

画面が大きくてよいのだけれど、グラフィックス性能は高くないため、画質は荒くなってしまうようです。残念ながら、負荷のかかるゲームを思う存分に楽しむほどのスペックはない。

PUBGでも録画を試してみる

PUBGでも、プレイ中に録画を試してみました。ここではGIFではなく通常の動画です。デフォルト設定は標準画質、設定を変えずにそのままで意外とスムーズに録画してくれました。しかし端末が温かくなっていたので、あまり負荷はかけない方が良いかも。

D2メガテンはAR悪魔対応

初期の画質設定は高画質になった。ARCoreに対応しているため、デビルスキャナ機能でAR悪魔を呼び出せます。Androidで対応しているのは少ないため貴重なスマホになる。

まとめ

Galaxy A30 はミドルスペックの中では良くできたスマホです。おサイフケータイと防水機能を搭載したスマホが良いなら、これにしておけば間違いないでしょう。

Galaxy A30 → UQモバイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました