OPPO「R15 Pro」がColorOS 5.2にアップデート!スマートサイドバーが便利

OPPO「R15 Pro」が、ColorOS 5.2にアップデートされました。スマートサイドバーの使い方などは把握しておこう。

スポンサーリンク

アップデート内容

アップデートにより、バージョンNO: 「CPH1833EX_11_A.13」から「CPH1833EX_11_A.18」のソフトウェアは最新の状態になりました。アップデートがまだの場合には確認してみてください。記事作成時に調べてみたところ、OPPO公式サイトには、最新版はまだ公開されていないようです。

最新のOSは、ColorOS 5.2 になりより使いやすくなりました。OPPO「Find X」でアップデートされたときと、ほぼ同じ。違うのは、カメラを起動したときにGoogleレンズのアイコンが表示されないみたいです。

スマートサイドバーを使いこなせ!

一番の変更はスマートサイドバーが追加されたこと。設定→スマートアシスト→スマートサイドバーは、デフォルトで有効になっています。画面のふちに小さな枠があり、それをスワイプするとスマートサイドバーを表示される。

よく使うアプリを追加しておけば、ホーム画面に戻らなくてもここから起動できます。追加するのは6つを超えると次のページ登録され、スワイプすることで表示できます。慣れるとかなり便利なので使いこなしてみましょう。

また、スマートサイドバーの位置は変えることもできます。スワイプせずにタップしたままにすると枠が広がり、上下左右に移動も可能。自分の好きな位置に移動して使ってみてください。

電源ボタンでGoogleアシスタントを起動

電源ボタンの0.5秒押しでGoogleアシスタントを起動できる機能も備わりました。この機能はデフォルトでオフになっているので、設定→スマートアシストにて有効にしておくと良いです。Googleアシスタントを使うだけでなく、Googleレンズも起動しやすいです。QRコードを読み取るときなどにも使えます。

アップデートで追加されたアプリ

アップデートで3つのアプリが追加されています。ゲームスペースは、ゲームアプリを追加すると、パフォーマンスを上げたり、通知を制御できたりします。追加したアプリの起動中は、スマートサイドバーのメニューが変更されます。放置ゲーをやるときなどには、AFKを再生で消費電力を抑えることも可能。

Music Party は、他のOPPO端末と音楽を共有できるアプリになる。QRコードを読み取ることでリンクし、1つの曲を同時に再生できます。

ワンタップロック画面は、アイコンをタップすると画面がロックして消灯します。個人的にはすごい好きな機能で、スマートサイドバーに追加して使っています。電源ボタンを押さずに、画面をロックしたいときに便利です。

その他、名刺をスキャン機能や、時計アプリのタイマー機能追加、動画編集機能の拡張、消費電力を抑える機能なども追加されています。

Music Partyはステレオモードも可能

Music Partyでリンクしている端末は、ステレオモードでの再生も可能。初期設定ではセンターになっているため、L と R に切り替えて2台のスマホを左右に配置するだけ。ただし、再生できるのは端末内に保存してある音楽データのみ。Spotify などのアプリで再生する音楽には対応していない。

使用のヒントが見れなくなった

アップデートされてから使用のヒントが表示できなくなりました。もともと日本語表記ではなかったため、なくても良かったものですが、表示できなくするなら削除はできなかったのだろうか。内容は、OPPO「R17 Neo」の ColorOS 5.2使用のヒントを参考に。

まとめ

ColorOS 5.2へのアップデートで、OPPO「R15 Pro」がとても使いやすくなりました。おサイフケータイに対応していておすすめのスマホなのですが、現状で取り扱っているところがないのが残念なところです。OPPOの次世代スマホに期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました