ASUS TUF Gaming FX505GD タフ仕様の15.6型ゲーミングノートPC

ASUS TUF Gaming FX505GD (FX505GD-I7G1050)は、ミリタリーグレードの堅牢性が特徴。どんな状況でも最強のゲーム環境を提供してくれる、タフ仕様の15.6型ゲーミングノートPC。

スポンサーリンク

FX505GD-I7G1050 スペック

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-8750H プロセッサー
メモリ16GB
ディスプレイ15.6型ワイドTFTカラー液晶
ノングレア
1,920×1,080ドット
タッチパネル非搭載
グラフィックスNVIDIA® GeForce® GTX 1050
記憶装置SSD:256GB (PCI Express 3.0 x2接続)
HDD:1TB
カメラ92万画素Webカメラ内蔵
通信LAN:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T (RJ45)
無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth®機能:Bluetooth® 4.1
キーボード100キー英語キーボード (RGB イルミネートキーボード)
インターフェースHDMI
USB3.0×2
USB2.0
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック
バッテリー
駆動時間:約7.0時間
充電時間:約2.1時間
消費電力:最大約120W
サイズ幅360mm×奥行き262mm×高さ25.8mm(突起部除く)
質量約2.2kg

参考:ASUS TUF Gaming FX505GD (FX505GD-I7G1050)

※性能を低くして、価格の抑えたモデルもあります。
低価格モデル:ASUS TUF Gaming FX505GD (FX505GD-I5G1050)

FX505GD-I7G1050 概観レビュー

タフなゲーミングPCといってもゴツイわけではなく、かなりスリムな印象。薄型コンパクトで約2.2kgと軽量化されている。

天板カラーは、マット加工のガンメタル。ASUSのロゴはミラー。

底面にはスリットがたくさん入っているけど、吸気は中央部分と右側に少し空いた2ヵ所+キーボード側に1ヵ所。背面両端にある赤いところからダブルファンで排気される。

右側面にはセキュリティロックがあるだけ。マウスを置く右側は、邪魔にならないようにあえてなにも配置していないらしい。前面側の赤いところはスピーカーで、両端から迫力のあるサウンドが楽しめる。

左側面に、電源ポート、LANポート、HDMI端子、USB2.0、USB3.0×2、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック。

ノングレアの15.6インチディスプレイ。サイドは約6.5mmの超狭額ベゼルのため、コンパクトでも大画面を実現。

ディスプレイの最大開閉角度。堅牢性が高くてもスリムに作られているのが分かる。

パームレストにヘアライン加工が施されていて、触り心地は良好。販売されているのは英語キーボードのみになるようです。

ACアダプターは約120W。

FX505GD-I7G1050 ベンチマーク

3DMARK

ベンチマークスコア
1905
グラフィックスのスコア
1711
CPUスコア
5354

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク

軽量品質(1280×720)
6517 快適
軽量品質
4470 普通
標準品質
3443 普通

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク

高品質(ノートPC)
12464 非常に快適
最高品質
10686 非常に快適
最高品質(1920×1080)
9167 非常に快適

ゲームのおすすめ設定

FF15のデモをやってみました。初期設定のグラフィックス設定が、最高フレームレート 30FPS、3Dグラフィックス解像度 75%、画質設定プリセット 低 になった。このままでは動きがスムーズでないため、フレームレートを60FPSにしてあげると良さそう。画質を抑えてあげれば、重たいゲームも十分に遊べる。ただし、キャラクターの髪質などの表現は荒くなるので、もったいない気はする。

BFVもやってみると、初期設定のままでは少し力不足を感じた。ビデオの詳細設定でDX12有効にして、グラフィックのクオリティーを動作優先にしてあげるとスムーズに遊ぶことができそう。ベンチマーク結果は高くなくても、設定を変えてあげることでプレイはしやすくなる。

TUF Aura Coreでカスタマイズ可能

TUF Aura Coreでバックライトをカスタマイズすることができます。エフェクト機能は、スタティック、ブレス、カラーサイクル、ストロボの4つ。デフォルトのカラーサイクル以外なら、カラーピッカーで1677万色の細かな設定が可能。明るさの調整は右上の輝度から、スリープ時に光るのを止めたいときは、上部のAURA設定から。

知っておきたい使い方

TUF Aura Coreでバックライトの明るさ調整はできるけど、Fnキー+矢印キーでも可能で、上と下で3段階の調節に対応。Fnキーと同時押しは、テンキーのエンターで計算機アプリを起動したり、F5にファンスピードが割り当てられたりしています。サイレント、バランス、オーバーブーストの3段階あり、状況に応じて切り替えると良いかも。

3D Fx を有効にして臨場感は抜群

音響の設定を変更できる DTS Headphone:X V1 アプリが搭載されていている。これは対応したヘッドホンだけでなく、内臓スピーカーにも適用できるので、ゲームをやる前に変更しておくのがおすすめ。3D Fx を有効にすることで、音が立体的に聴こえるようになり臨場感は抜群になる。

ミリタリーグレードの堅牢性

ASUS TUF(The Ultimate Force)GAMINGは、耐久性を重視したゲーミングシリーズになる。通常のASUS標準品質テストの2倍の衝撃に耐えるなど堅牢性は高く、米国軍事規格(MIL規格)もクリア。コンパクトなボディでも、耐久性・防滴性・防塵性を備え、24時間365日ゲームを楽しみたいゲーマーの、厳しい要求にもこたえてくれるという。

17.3型 TUF Gaming FX705GMと比較

同じタフゲーミングノートPC、17.3型 TUF Gaming FX705GMと比べてみた。見た目は大きさが違うだけでほぼ一緒の作り。違うところは、ディスプレイの下側が空いていることと、右側の排気口がない事ぐらい。ゲームをやることを考えると、大画面で没入感が高い17.3型 TUF Gaming FX705GMの方がおすすめ。性能も高いため、予算があるなら大画面の方が後悔はしないと思う。

まとめ

ASUS TUF Gaming FX505GD (FX505GD-I7G1050)は、約6.5mmの超狭額ベゼルでコンパクトなゲーミングノートPC。それでいて堅牢性も高く、過酷な環境下でも最高のパフォーマンスを提供してくれる。さらに、2W+2Wのステレオスピーカーで迫力のサウンドまで楽しめるのも特徴。

ASUS Store → ASUS TUF Gaming FX505GD (FX505GD-I7G1050)

コメント

タイトルとURLをコピーしました