限定1000台!スターウォーズコンテンツが満載のノートPC

2015-11-13 20.05.30

HPから「Star Wars Special Edition Notebook」が1000台限定で販売される。外見だけでなく、スターウォーズのスペシャルコンテンツが複数収録されていて、ファンにはうれしい特別版だ。

スポンサーリンク

「Star Wars Special Edition Notebook」の外見

2015-11-13 20.08.03

トップカバーにはダース・ベイダー。ザラッとしたマットな質感で、激しい戦いを彷彿とさせる「バトル・ダメージパターン」として、あえてダメージ加工が施されている。

2015-11-13 20.06.40

キーボードは、シスの真紅のライトセーバーを連想させるバックライトキーボード。これだけでもカッコいい。

2015-11-13 20.09.11

パームレスト部分は「HP lmprint」テクノロジーを採用していて、塗装が剥げることなく、永らく美しい状態が保てるそうだ。銀河帝国軍の起動歩兵ストームトルーパーの横には、銀河標準語「オーラベッシュ」でGalactic Empire(銀河帝国)と書いてある。

2015-11-13 20.06.47

キーボード上部、トップカバーを閉じたときに見える位置にもオーラベッシュが書かれている。一見適当に見えるが、「1」と表示されているのは「i」だったりと、しっかりアルファベットに置き換えられる。実はこのスターウォーズPCには、オーラベッシュ・フォントが収録されていて、銀河標準文字でのタイピングも可能になるというのも面白い。

オーラベッシュはWordやExcelでも使える

オーラベッシュ・フォントはWord、Excel、Power Point、メモ帳でも使えるようで、いろいろ遊べそうだ。残念ながらブラウザなどでは対応していないようで、メールで送るということはできないとのこと。

化粧箱や緩衝材も特別

本品が入っている箱も特別で、シスがデザインされた専用の化粧箱になっている。箱を開けると、発泡スチロールの緩衝材が、ダースベイダーが搭乗した「TIEアドヴァンストx1型」になっているのも面白い。

スターウォーズの世界観に没入できるコンテンツ

2015-11-13 20.05.41

特別モデルならではのプレミアムなパソコン体験ができる「Star Warsコマンドセンター」では、テーマやギャラリーが複数収録されている。テーマでは、壁紙・Windows通知音、スクリーンセーバーなど、ギャラリーでは構想段階から撮影風景、公開シーンまでの秘蔵写真、クリエイターの手によるイラスト・絵コンテ・塗り絵など。舞台裏73枚、コレクション131枚、コンセプトアート159枚、イラストアート288枚、壁紙スライドショーは10種類346枚もあり、その日の気分によって変えられる。

その他にもトレイラーには、MP4ファイルでエピソード分+α 全9本のフルHDコンテンツを収録。コミックには、1977年エピソード4公開時に出版されたアニメを閲覧可能(インターネット接続が必要)。ライブラリーには、英語版のスターウォーズの書籍がPDFで5冊収録されている。

Windows通知音が選択可能

2015-11-13 20.10.39

デバイスの接続・切断、新着メール、予定表の通知など、12種類の通知音を8種類のテーマの中から設定ができる。USBを差し込んだ時に、R2-D2の電子音が鳴ったりという面白い仕掛けもある。ライトセイバーのサウンドもあり、それも聞かせてもらえばよかったと後悔している。

ゴミ箱アイコンがデス・スター

ゴミ箱のアイコンがデス・スターになっているというユニークな遊び心もある。空の状態では壊れかけの不完全な状態で表示され、中身が入っているときは完全体で表示される。デスクトップにWindows特有のゴミ箱アイコンがあっては世界観が揺るいでしまうので、こういったこだわりも素晴らしい。

スペシャルエディションアクセサリー

2015-11-13 20.06.12

銀河帝国デザインのワイヤレスマウスや、振動や衝撃から保護してくれるスリーブケースといったアクセサリーも販売されている。どちらも4,900円と少し高め、HP Directplusで購入できる。「※Star Wars Special Edition アクセサリーは11月以降の販売開始を予定しています」と記載あり。

スターウォーズPCのスペック

パソコンとしてのスペックも優秀で、CPUは第6世代インテルCore i5-6200Uプロセッサー、グラフィックスはNVIDIA GeForce 940M、8GBメモリに1TBハードドライブ、B&O Playデュアルスピーカー、15.6インチ 非光沢フルHD(1,920×1,080)ディスプレイと十分な仕上がり。問題なく使用できるレベルではあるものの、コレクションとして購入する人の方が多いと思う。約12万円と少し高額ではあるが、スターウォーズのファンは多いので、すぐに売り切れてしまうのではないだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク