AQUOS zero(アクオス ゼロ)世界最軽量!日本製ゲーミングスマホ

SHARP AQUOS zero(アクオス ゼロ)は、世界最軽量の日本製ゲーミングスマホ。実際に持ってみるとモックかと思うほどの軽さで驚かされた。

スポンサーリンク

約146g!世界最軽量のゲーミングスマホ

最軽量の定義は、画面サイズが6インチ以上で、電池容量が3,000mAhを超える防水対応スマートフォンにおいて。大きな画面でも約146gしかなく、実際に持ってみるとその軽さに驚かされた。ハイエンドのスマートフォンだと質量は重くなりがちですが、防水とおサイフケータイに対応していて、ここまでの軽さを実現したのは凄い。※個体差があるようで、多少重さの違いはある。

AQUOS zero スペック

サイズ約73(W)x154(H)x8.8(D) (mm)
重さ約146g
OSAndroid™ 9 Pie
CPUQualcomm® Snapdragon™845
メモリRAM:6GB / ROM:128GB
バッテリー3,130mAh
急速充電対応
ディスプレイ約6.2インチ WQHD+ 2,992×1,440(有機EL / Corning® Gorilla®Glass 5)
アウトカメラアウトカメラ:2260万画素
インカメラ:800万画素
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth® 5
通信方式LTE:1/2/3/4/8/11/12/17/19/26/28/41/42
3G:1/2/4/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
SIMスロットnanoSIM
その他指紋センサー / 顔認証 / FeliCa / NFC / 防水(IPX5/8)・防塵対応(IP6X) / 緊急警報(国民保護情報(Jアラート)含む)対応 / GPS(GPS、GLONASS、BeiDou、GALILEO、QZSS(みちびき)対応) / 加速度センサ / 地磁気センサ / ジャイロセンサ / 近接センサ / 照度センサ / 簡易留守録
付属品保証書 / クイックスタートガイド / 3.5mmイヤホン変換アダプタ(試供品) / SIM取り出しツール(試供品)

参考:IIJmio

AQUOS zero 外観レビュー

アスペクト比18.7:9ノッチ型の約6.2インチ有機ELディスプレイ。インカメラは800万画素で顔認証にも対応。

背面シングルカメラは、2260万画素で高性能。カラーはアドバンスドブラックのみで、防弾チョッキと同じアラミド繊維が使われている。使いやすい指紋センサーも搭載。

右側面に電源ボタンと音量調節ボタン。

左側面には何もなし。指が掛かりやすい形状で、持ちやすく落としにくいように作られている。

上部にSIMスロット。上から見ると、画面は全体が緩やかにカーブするラウンドフォルムになっているのが分かる。

下部にType-Cの充電端子。イヤホンジャックはないため、3.5mmイヤホン変換アダプタが付属する。

AQUOS zero 軽さの秘密

アラミド繊維の背面パネルと、内部パネルにバッテリーや基板などを加え、バックライトの要らないペラペラの有機ELディスプレイで組み立てられる。パーツごとに持ってみてもそれぞれが軽く、バックライトが必要ないのも軽さの秘密。側面フレームにはマグネシウム合金を採用され、ボディの強度もしっかり保たれている。

AQUOS zeroのゲーミング性能

CPUは、Qualcomm® Snapdragon™845が搭載されていて、文句なしのハイスペック。内部性能だけでなくタッチチューニングも施されていて、早いタップ操作もしっかり反応してくれるといいます。また、湾曲したディスプレイが指の動きにマッチするような形状で、ゲーミング性能を向上している。

AQUOS zeroの取り扱い

AQUOS zeroは、大手キャリアだとSoftbankで取り扱われています。MVNOでの取り扱いも多く、スマホセットなら割安で乗り換えられる。安い端末ではないためコストは抑えたいところだ。

まとめ

AQUOS zero(アクオス ゼロ)は、大画面ゲーミングスマホでも超軽いのが特徴。おサイフケータイと防水対応スマホで、思う存分ゲームまで楽しみたい人にはかなりおすすめ。性能が良いため長期間使えることを考えれば、そこまで高くはないのかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました