「gooのスマホ g08」は画面が広い!使いやすく便利な格安スマホだ

「gooのスマホ g08」

「gooのスマホ g08」は細身でも画面が広くて見やすい特徴がある。見た目だけでなく機能も優れていて、コストパフォーマンスの高い優れたスマホだ。

スポンサーリンク

「gooのスマホ g08」のスペック

OS Android 7.1 Nougat
CPU MSM 8937/Qualcomm®Snapdragon™430, オクタコア1.4GHz x4, 1.1GHz x4
メインメモリ RAM:4GB / ROM:64GB
外部メモリ micro SD/ SDHC / SDXC / 最大128GB
サイズ 約152.3×72.8×8.3mm
重量 約162g
ディスプレイ 5.7インチ、 1440×720 pixels、282ppi、IPS液晶、フルビジョン
アウトカメラ 1600万画素
インカメラ 2000万+800万画素(ワイド&セルフィー・フラッシュ)
バッテリー容量 3,000mAh
ネットワーク

■LTE: FDD: B1(2100) / B3(1800) / B5(800) / B7(2600) / B8(900) / B18(800) / B19(800) / B20(800) / B26(800) / B28B(700) TDD: B38(2600) / B41(2500)
■W-CDMA: B1(2100) / B2(1900) / B5(800) / B6(800) / B8(900)
■GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

SIMスロット nano SIM x 2 (DSDS対応)
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth® Bluetooth® 4.2
センサー

A-GPS/GPS
Gセンサー(加速度)
近接センサー
環境光センサー
電子コンパス
ジャイロスコープ

18:9の縦長ディスプレイに、インカメラがダブルレンズでアウトカメラよりも優れているのが特徴。SIMスロットはSIM2枚入れてもSDカードも入るトリプルスロットというのも便利。性能までも優れているのに価格が安いのには驚かされた。本体カラーは4種類、在庫状況は公式サイトで。

OCNモバイルONE

「gooのスマホ g08」の外観レビュー

「gooのスマホ g08」

ディスプレイは5.7インチ。上下のベゼル幅が狭く画面が広い。片手に収まりやすいサイズ感で、手の小さな女性でも扱いやすい。

「gooのスマホ g08」のナビゲーションバー

ナビゲーションバーはオンディスプレイ。設定から左右の割り当てを入れ替えることもできる。

「gooのスマホ g08」のインカメラ

インカメラはデュアルレンズで、超広角&高画質でセルフィーに特化したセルフィスマホ。受話口の隣に通知ランプもある。

「gooのスマホ g08」の指紋センサー

背面のカメラはシングルで、その下にフラッシュライト、さらにその下には指紋センサー。側面には音量ボタンと電源ボタン。

「gooのスマホ g08」の背面

反対の側面にはSIMスロットがあるだけ。カラーはチェリーレッド。この他に、ディープグリーン、ゴールド、ブラックもあり全4種類。

「gooのスマホ g08」の上部

上部にイヤホンジャック。

「gooのスマホ g08」の下部

底面にはスピーカー、microUSBの充電端子は一般的な向きとは逆になっている。

「gooのスマホ g08」の付属品

付属品も多く、SIMピンのケース、クリアケース、保護フィルム、イヤホンまで同梱しているのはうれしい。

「gooのスマホ g08」クリアケーズ装着時

クリアケースは柔らかく装着しやすい。新品だと科学的な匂いがしたけれど、使っているうちに薄くなり気にならなくなった。

画面は広くて見やすい18:9

「gooのスマホ g08」の広い画面

コンパクトながら5.7インチの大きなディスプレイ。一般的なディスプレイの縦横比は16:9のものが多いけれど、18:9と大きな画面になっているのは特徴的。大きいというよりも、長くて広いという表現の方があっているかも。縦で持っているときは片手でも持ちやすいサイズで、スクロールする画面の閲覧などはより多くの情報を認識できるのはメリット。横にすれば広範囲な大画面で動画やゲームなどを楽しむのにも向いている。

SDカード独立のトリプルスロットでDSDSにも対応

「gooのスマホ g08」はトリプルスロット

一般的なSIMスロットはmicroSDカードと共用のものが多く、SIMを2枚入れてしまうとSDカードが使えなかった。g08では、SIMとSDカードが別のトリプルスロットになっていて使い勝手が良い。さらにDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にも対応していて同時待ち受けも可能。ただnanoSIM×2なので、ガラケーのSIMを使うときにはサイズ変更する必要があるかな。

インカメラの方が優れているセルフィスマホ

「gooのスマホ g08」のシーンフレーム

g08のカメラ機能は、インカメラが2000万画素+800万画素のデュアルレンズでアウトカメラよりも優れているのも面白いところ。高画質なのはもちろんのこと、120度の超広角セルフィーカメラで、グループショットも背景と一緒に広々と撮影できてしまう。またインカメラでもアウトカメラでもシーンフレームという加工機能もあった。13種類の中から好きな枠に自撮りや対象物を当てはめて撮影できるのも面白い。

Jアラート対応にも対応していて安心

goo防災アプリ

最近のSIMフリースマホでは緊急地震速報に対応しているものは増えてきてはいるものの、Jアラートにまで対応しているものはほぼないらしい。それをgoo防災アプリで対応していて、必要なければオフにもできる。

goo防災アプリのプッシュ通知設定

プッシュ通知設定から必要なものだけにチェックを入れれば、過剰な情報も抑えられるので、自身で設定するのが良さそう。

「gooのスマホ g08」のベンチマーク

「gooのスマホ g08」のベンチマーク

ベンチマークスコアを計測してみると、57857という結果が出た。

「gooのスマホ g08」のマルチタッチテスト

マルチタッチテストでは3つ反応した。

「gooのスマホ g08」でゲームを5タイトルやってみた

まずは定番ゲームのパズドラとモンストを試してみたけれど、「gooのスマホ g08」では普通にできた。今後アップデート等で仕様が変わらない限り問題なくできそうだ。

ポケモンGOでは位置情報の精度は良好

ポケモンGOのジムバトル

ポケモンGOを試してみたところARモードでも表示できるし、ポケモンGOプラスの接続もスムーズにできた。ジムバトルも問題なく、不具合は感じられない。位置情報の精度が比較的良好のようで、ブレることなく安定しているようだった。

リネレボを1時間連続でやってみた

リネレボを1時間連続でやってみた

リネレボを初期設定のまま1時間連続でやってみたところ、電池残量は73%まで減った。音量の大きさは中程度だったので、バッテリー性能も良いのかも。長時間連続でやっていても発熱はそれほどなく、端末上部が少し暖かくなる程度。音量を最大にすると迫力があり、スピーカーの性能も良いということが分かった。

D×2 真・女神転生 リベレーションでは軽量判定

D×2 真・女神転生 リベレーション

初回起動時に行われる端末スペック計測では、画質が「軽量」に判定された。少しだけタッチの反応がもたつくような気はしたけれど、基本的には快適に遊べるだろう。

「gooのスマホ g08」は便利な機能がたくさんある

「gooのスマホ g08」の片手モード

「gooのスマホ g08」は細身で持ちやすく操作しやすいのだけれど、手の小さな女性でも使いやすいように、画面を左右どちらかに寄せる片手モードという機能もある。その他にもいろいろ機能が搭載されてて便利に使える。たくさんあるので別記事を参考に。

「gooのスマホ g08」には便利な機能がたくさんあるのでまとめてみた。初期設定でも十分に使えるけれど、使い方は知っておいも損はない。 通...

まとめ

「gooのスマホ g08」は上下のベゼルの幅が狭く、縦横比が18:9の画面はとても見やすい。5.7インチのスマホでも細身で持ちやすいため、扱いやすいのも特徴。インカメラの性能がも良く、自撮りを良くするという人にはおすすめ。OCNモバイルONEの「らくらくセット」ならかなり安く買えるのでキャンペーン情報などはチェックしておくのが良いだろう。

OCNモバイルONE

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク