格安スマホの「g06+」と「FLEAZ Que +N」を比較してみる

「g06+」と「FLEAZ Que +N」の比較

gooのスマホ g06+(グーマルロクプラス)と、COVIAのFLEAZ Que +N(フリーズキュープラスエヌ)を比較してみた。ライトユーザーやセカンドスマホにどちらが良いか参考に。

スポンサーリンク

「g06+」と「FLEAZ Que +N」のスペック比較

g06+ FLEAZ Que +N
OS Android 7.0 Android 7.0
CPU MT6737M クアッドコア 1.1GHz Cortex-A53 1.3GHz 4 core
ROM/RAM 16GB/2GB 16GB/2GB
外部メモリ micro SD/SDHC/SDXC / 最大 128GB micro SD/SDHC/SDXC / 最大 128GB
ディスプレイ 4.0インチ,WVGA IPS液晶,800×480ドット 4.5インチ IPS液晶
カメラ アウトカメラ 500万画素
インカメラ 200万画素
アウトカメラ 500万画素
インカメラ 500万画素
SIMスロット デュアルSIM(micro / micro) MicroSIMスロット × 1
バッテリー容量 1,700mAh 2,200mAh
サイズ 約126×63.2×10.8mm 132.4×66.5×10.35mm
重量 約129g 約125g
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz) IEEE802.11 a/b/g/n準拠(2.4GHz / 5Ghz)
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
ネットワーク ■LTE: B1(2100) / B3(1800) / B19(800)
■W-CDMA: B1(2100) / B6(800)
■GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
■LTE: B1(2100) / B3(1800) / B19(800)
■W-CDMA: B1(2100) / B6(800)
■GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
センサー A-GPS/GPS
加速度センサー
近接センサー
輝度センサー(照度センサー)
NFC搭載
GPS(A-GPS)/ GLONASS / QZSS(みちびき)対応
Gセンサー(加速度)
近接センサー
環境光センサー
デジタルコンパス
ジャイロセンサー
gooのスマホ g06+(グーマルロクプラス)は、安くてもそれなりに使えるコストパフォーマンスの優れたスマホ。サブ機としては最適で、子供の...
COVIAの4.5インチスマホ「FLEAZ Que +N(フリーズキュープラスエヌ)」が、OCNモバイルONEのらくらくセットで買うと端末...

「g06+」と「FLEAZ Que +N」のサイズ比較

「g06+」と「FLEAZ Que +N」のサイズ比較

左が4インチの「g06+」で、右が4.5インチの「FLEAZ Que +N」。「g06+」では画面の外に物理キー、「FLEAZ Que +N」は画面内にナビゲーションバーが表示される。ディスプレイの大きさは0.5インチだけでも大きく違う。

「g06+」と「FLEAZ Que +N」のサイズ比較

端末の厚さはほとんど変わらないが、「g06+」の方が角がある為、持ってみると厚みは感じるかも。しかし幅は狭く、手にはフィットするコンパクトさはある。「FLEAZ Que +N」は丸みがあるため薄く感じる。少し大きくても比較すると4gほど軽いようだ。

「g06+」と「FLEAZ Que +N」のSIMスロット

「g06+」と「FLEAZ Que +N」のSIMスロット

「g06+」では、microサイズのSIMスロットが2つあるけれど、日本国内の同時待ち受け(DSDS)には対応していない。「FLEAZ Que +N」ではmicroサイズが1つのみ。ちなみにmicroSDカードのスロットは、どちらもSIMカードスロットとは別の独立したものになる。

「g06+」と「FLEAZ Que +N」のベンチマーク比較

  • 「g06+」:25847
  • 「FLEAZ Que +N」:32244

ベンチマークの計測結果を見てみると、あからさまに数値の違いが出た。FREETELの「Priori 4」のベンチマークが、28000程度なので参考に。

「g06+」と「FLEAZ Que +N」の使用感比較

「g06+」と「FLEAZ Que +N」の使用感比較

使用感の違いとして、一番気になってのがLEDランプ。「g06+」では、充電や着信通知などLEDで知らせてくれるけど、「FLEAZ Que +N」にはない。通知ランプがないと未読のメールなどに気が付きにくいというデメリットがある。あとは若干「FLEAZ Que +N」の方が発熱しやすそうな印象を受けた。そのせいもあるのか電池の減り方が早いように感じた。バッテリーに関しては「g06+」の方が容量は少ないけれど、電池持ちは良い方なのかもしれない。※同一の使用環境ではなかったので参考程度に。

「g06+」と「FLEAZ Que +N」の価格比較

  • 「g06+」:7,800円(税込 8,424円)
  • 「FLEAZ Que +N」:11,800円(税込 12,744円)

OCNモバイルONEの音声対応SIMカード一緒になった「らくらくセット」で購入すると、SIMカードの初期費用を含んだ料金になりやすくなる。「g06+」の場合だと端末代は4,800円、「FLEAZ Que +N」の場合だとなぜか1円という激安特価。「らくらくセット」で購入したほうが得なので、端末だけでは買わないほうが良さそうだ。

gooのスマホ g06+(グーマルロクプラス)は、安くてもそれなりに使えるコストパフォーマンスの優れたスマホ。サブ機としては最適で、子供の...
COVIAの4.5インチスマホ「FLEAZ Que +N(フリーズキュープラスエヌ)」が、OCNモバイルONEのらくらくセットで買うと端末...

まとめ

スペック的には「FLEAZ Que +N」上だけれど、通知ランプがないのが残念なところ。しかし「らくらくセット」で購入すると1円なので、それを考えると妥協しても良いと思う。もし端末だけ購入したいというなら、「g06+」のコストパフォーマンスは抜群。どちらも価格以上の性能があるので、小さいスマホが欲しい人にはおすすめだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク