満足度NO1はダテじゃない!UQモバイルの通信速度は快適だった

UQモバイルの通信速度

UQモバイルを15日間無料で試せるTry UQモバイルレンタルをして、通信速度がどれくらい出るのか試してみた。UQモバイルが人気な理由もわかる気がする。

スポンサーリンク

完全無料で試せるTry UQモバイルレンタル

Try UQモバイルレンタル

Try UQモバイルレンタルは、SIMだけでなく端末も一緒に借りることができる。手持ちのスマホでUQモバイルのSIMが使えるか試すのもいいし、P10 liteなどの最新機種も在庫があれば端末ごと借りられる。返送用の着払い伝票も入っているので、完全に無料で試せるのもスゴイ。

Try UQモバイルレンタルの条件

  • 日本国内に在住の20歳以上の方(実際にご利用される方も20歳以上であること)
  • お申し込み者ご本人様名義のクレジットカードをご登録いただける方
  • 過去180日間以内に本サービスのご利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方
  • その他、本サービス利用規約PDFに同意いただける方

申し込み条件が、Try UQモバイルレンタルのページに記載があった。返却を行わなかった場合には、SIMカードだけだと3,000円、端末セットだと30,000円の違約金が発生する。記事作成時の情報なので、申し込むときには利用規約は必ず確認すること。

UQモバイルのスピードテスト結果

UQモバイルの通信速度

スピードテストを何度か試してみたところ、思っていた速度が出ない。バーストモードのように初速は早いが、何度測っても500kbpsぐらいしか出てくれなかった。データ通信には高速プランと無制限プランがある。ちょうど500kbpsの速度がでているので、無制限プランなのかと思っていたら急に早くなった。

UQモバイルの通信速度

時間をおいて計ってみると、かなりの爆速!50Mbpsも出ているときもあり、安定して速度が出ている。月が替わってから速度が出たので、通信制限がかかったままのものが送られてきたということになる。前に使っていた人が、3GB以上使っていたのだろう。それにしても、そのまま送ってくるのはどうなものか、よく知らないとUQモバイルは遅いと思ってしまう人もいそうだ。

UQモバイルの通信速度

3GBを使い切るとどうなるか試してみると、やはり500kbpsまで制限される。逆に制限中でもこれだけ出るのは素晴らしい。UQモバイルのページでは3GBを超えた場合は、送受信最大200kbpsに制限されると記載がある。もしかしたらTry  UQモバイルレンタル用で、速度が出るようになっているのかもしれない。制限時の速度については、実際に契約して検証する必要がありそうだ。

サポートセンターにもつながりやすい

届いたときの通信速度があまり出なかったので、サポートセンターに電話してみた。格安SIMのサポートセンターはつながりづらいというところが多い中、UQモバイルではすぐにつながった。携帯からのフリーダイヤルにも対応していて、かなりの評価ポイントだ。

送られてくるのはデータ高速プラン3GB

送られてきた端末の中に入っているSIMは、データ高速プラン3GBだった。自分の場合は月末に申し込んだせいか、通信制限がかかった状態で届いた。このような状況はではしっかり使えないので、月初めから使えるように申し込むのがよさそう。どのタイミングで申し込んでも、100%使えるように改善してもらいたいものだ。

Try UQモバイルレンタル返却時の注意

返却時には端末の初期化をする必要がある。P10 liteの場合は、設定→詳細設定→バックアップとリセット→データの初期化でリセットをする。端末により少し違いがあるかも。

返送には、同梱されていた着払いのゆうパック伝票を必ず使う。返却予定日までに必着するように、前日に送った方がよさそう。また返送伝票はシールで張り付けないで、ビニールケースに挿入するだけでよい。

まとめ

Try UQモバイルレンタルをして通信速度を計測してみると、かなり快適に使えることが分かった。ただし届いたときから通信制限がかかっていることがあるので、月初めから使えるように申し込むのがよいかも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク