480円のワイヤレスゲートSIMを「priori2」に設定してみる

ワイヤレスゲートSIM

ヨドバシカメラオリジナル ワイヤレスゲート WiFi+LTE SIMカード・パッケージの480円(税込)プランを、9,980円(税抜)のSIMフリー端末「priori2」に設定してみます。現状で一番安い格安SIMと、1万円以下の格安スマホの組み合わせで、かなり料金を抑えることができる。

スポンサーリンク

ワイヤレスゲートSIM設定時の注意

2015-06-17 23.06.30

ワイヤレスゲートのパッケージに設定方法が載っているが、実はこの設定ではつながらない。「priori2」はLTE非対応なので、3G用の設定する必要がある。APNの入力を「xi01.wi-gate.net」ではなく「foma01.wi-gate.net」に、後は一緒。

・名前 ・・・ 任意(例:SIM)
・APN ・・・ foma01.wi-gate.net
・ユーザー名 ・・・ wg@sim
・パスワード ・・・ wg
・認証タイプ ・・・ ”CHAP”または”PAP”
・PDPタイプ(※) ・・・ IP
・MCC(携帯国番号 ※) ・・・ 440
・MNC(通信事業者コード ※) ・・・ 10
※一部端末で必要な項目となります

「priori2」のAPN設定

スクリーンショット_061715_112516_PM

設定→その他→モバイルネットワーク→アクセスポイント名でAPN設定ができる。

Screenshot_2015-06-17-22-16-36

「priori2」では、はじめからSIMカードのアクセスポイント情報がいくつも設定されている。しかしワイヤレスゲートの情報は見当たらないので、右上のメニューから「新しいAPN」をタップし新規登録する。

スクリーンショット_061715_113605_PM

名前は自分で分かればなんでもいい、今回はwgとした。APN、ユーザー名、パスワードを入力。下にスクロールして認証タイプを「PAPまたはCHAP」にする。完了したら右上のメニューで保存をする。

Screenshot_2015-06-17-22-17-44

保存をするとAPNリストに表示されるようになる。スクロールしていくと一番下に表示されていた。右側をタップして青丸がついたら有効化。丸より左側をタップしてしまうと編集画面が開いてしまうので注意。これで設定は完了。

ブラウザが立ち上がらない時には

設定がしっかり完了していれば、ブラウザを立ち上げた時にワイヤレスゲートの開通画面が表示されるはず。開通処理がしてあるSIMであればそのまま使える。もし表示されなかった時には一度SIMを無効にしてみる。

Screenshot_2015-06-17-22-18-40_061715_114847_PM

SIM管理から対象SIMのオンオフができる。これを試してみてもつながらない場合には設定が間違っている可能性がある。例えば、入力する時に「-」が「-」と大文字になっていたとかいう失敗例もある。「priori2」のキーボードなら間違えなさそうだけど、「o」「0」を間違えたりしていないか確認してみよう。

ワイヤレスゲートの開通

2014-09-11 16.14.37

ワイヤレスゲートのSIMを初めて使用する場合には開通処理を行う必要がある。APN設定がしっかりできていればブラウザを立ち上げた時に申し込みページが自動で表示される。申込みにはSIMカード電話番号、氏名、メールアドレス、クレジットカード情報を入力する。SIMカード電話番号は、SIMが付いていたカードの裏側に記載してある。申込み後にすぐに使えるようになる。

アプリのダウンロードはWi-Fi環境で

480円のワイヤレスゲートSIMだと速度が遅いので、アプリ等のダウンロードはWi-Fi環境下で行ったほうがスムーズ。容量の通信制限はないので時間がかかっても良いのであれば、ダウンロードを実行して放置しておいても良い。自宅にWi-Fi環境がないのであれば、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど、コンビニで提供している無料Wi-Fiを利用することができる。※店舗により取り扱っていないところもある。無料でWi-Fiを提供しているところは多いので、意外と困らないかもしれない。

まとめ

ワイヤレスゲートの480円SIMとSIMフリー端末「priori2」の組み合わせだと、かなり安くスマートフォンを利用できるようになる。ただし自分で設定しなければいけなく、間違えてしまえば当然つながらない。それが不安なら「priori2」を販売しているfreetelで、SIMの契約を一緒にしてしまえば初期設定は必要なく、利用できる状態にして配送してくれるので安心。自分で設定するのが面倒ならfreetelの一番安い670円(税抜)のプランにしておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク