20GB以上の大容量プランがある格安SIMを比較してみた

格安SIMの大容量プラン比較

データ通信の容量は多い方がよいという需要が増えてきているようで、格安SIM業者の中には大容量プランを新たに設けているところもある。20GB以上のプランを提供しているところを比較してみた。

スポンサーリンク

20GB以上プラン料金比較表

プラン 20GB 25GB 30GB 40GB 50GB
U-mobile 2,380円
DMMモバイル 3,980円
mineo 3,980円 5,900円
楽天モバイル 4,050円 5,450円
OCNモバイルONE 4,150円 6,050円
DTI SIM 4,850円
エキサイトモバイル 3,980円 5,980円 7,980円 10,180円
FREETEL 4,870円 6,980円 9,400円 11,800円

表示価格はデータ専用SIMで、音声通話SIMにすると+700円。U-mobileの場合は+500円。

オプションで追加できるIIJmio

IIJmioの大容量オプション

IIJmioの場合は基本になるプランに、オプションとして追加するタイプなので比較表には記載しなかった。20GBだと+3,100円、30GBだと+5,000円の追加料金となる。例えば、データ通信専用の3GBミニマムスタートプランが900円。それに20GB追加すると、23GBで4,000円ということになる。

プラン 20GB
+3,100円
30GB
+5,000円
20GB+30GB
8,100円
3GB
900円
23GB
4,000円
33GB
5,900円
53GB
9,000円
6GB
1,520円
26GB
4,620円
36GB
6,520円
56GB
9,620円
10GB
2,560円
30GB
5,660円
40GB
7,560円
60GB
10,660円

20GBと30GBのオプションを同時に申し込んで+50GBにすることも可能。基本となるプランとオプションの組み合わせによって、IIJmioが一番安くなる。30GB以上の大容量がほしいならIIJmioのオプションがおすすめだ。

20GBならU-mobile(25GB)がおすすめ

20GBで比較してみると、25GBのU-mobileの方が安い。25GBでも2,380円の激安料金で、音声通話SIMにした場合では2,880円と圧倒的に安くなる。音声通話SIMは各社+700円となるが、U-mobileは+500円と200円安い。

しかし、安いのにはそれなりに理由がある。U-mobileのデメリットとして、余ったデータの繰り越しができないことだ。このページで取り上げている他の格安SIMでは、どこも余ったデータの繰り越しができる。毎月20GB以上使い切るという人ならU-mobileはおすすめ。

→ U-mobileの詳細

30GB以上ならIIJmioがおすすめ

30GB以上のプランで比較してみると、IIJmioのオプションを利用した方が安く済む。通信の安定性でも評判がよく、大容量プランの格安SIMでは一番おすすめ。追加SIMを最大10枚まで増やせるという特徴もあり、家族全員で大容量をシェアするのもよさそうだ。

→ IIJmioの詳細

無制限と大容量はどちらがよいか

大容量プランよりも無制限のSIMを契約する方が安く、比較対象にしている人も多いのではないだろうか。無制限のSIMだと料金が安く済むけれど、あまり速度が出ないことが多く、快適に使いたいなら大容量プランになるだろう。

BIGLOBEのエンタメフリーと比較すると

YouTubeばかり観るなど使い方によっては、BIGLOBEのエンタメフリーオプションがおすすめになる。もし月のデータ通信量を使い切ってしまっても、エンタメフリーのサービス範囲内の使用は問題ないという特徴がある。高画質での視聴が必要なければ、大容量プランを契約する必要はないかもしれない。

→ BIGLOBEの詳細

まとめ

余ったデータ容量を繰り越せなくても良いなら、U-mobileの25GBはかなり安くおすすめ。30GB以上の大容量プランになるとIIJmioのデータオプションが一番安く済む。無制限プランやカウントフリーという選択肢もあるけれど、快適に使いたいなら大容量プランが良いだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク