「Priori4」と「Priori3」&「Priori3S」を比較して思ったこと

スクリーンショット_112216_010821_AM

FREETELの新製品発表会にて、新型「Priori4」の発売予定日が1月27日(金曜)と発表された。旧型の「Priori3」&「Priori3S」とどのくらいの違いがあるか比較してみる。

スポンサーリンク

Priori4と3&3Sのスペック比較表

項目 Priori4 Priori3 Priori3S
カラー 6色バックカバー付パッケージ
(マットブラック/シルバー/ブルー/ピンク/グリーン/パープル)
ブラック/ホワイト/ヌーディーベージュ/ビビットオレンジ/ルビーレッド/ミントブルー

マットブラック / パールホワイト / ネイビー

サイズ 高さ :144.8mm
幅  :71.5mm
厚さ :9.5mm
高さ :132mm
幅  :65mm
厚さ :8.9mm
高さ :144.0mm
幅  :72.0mm
厚さ :9.4mm
重量 約167g 約120g 約161g
OS Android 6.0 Marshmallow
(2017年春 Android 7.0にアップデート予定)
Android5.1 Android5.1
CPU MT6737 Cortex A53 Quad core, 1.3GHz×4 MT6735M Quad Core1.0GHz 64bit MT6735P Quad Core1.0GHz 64bit
メモリ 内部RAM :2GB
内部ROM :16GB
外部メディア規格 :MicroSDHC/MicroSDXC
外部メディア最大容量 :MicroSDHC 32GB / MicroSDXC 128GB
内部RAM :1GB
内部ROM :8GB
外部メディア規格 :microSD
外部メディア最大容量 :128GB(SD/SDHC/SDXC)
内部RAM :2GB
内部ROM :16GB
外部メディア規格 :microSD
外部メディア最大容量 :128GB(SD/SDHC/SDXC)
ディスプレイ(サイズ/解像度) 5.0inch/1280×720(HD IPS) 4.5inch/854×480(FWVGA IPS) 5.0inch/1280×720(HD IPS)
カメラ メイン :800万画素
サブ :500万画素
メイン :800万画素
サブ :200万画素
メイン :800万画素
サブ :200万画素
バッテリー 容量 :4,000mAh
取り外し :不可
容量 :2,100mAh
取り外し :可
容量 :4,000mAh
取り外し :不可
SIM スロット数 :2(国内で使用できるのは1スロットのみ)
タイプ :micro / nano
SIMロックフリー
スロット数 :2(国内で使用できるのは1スロットのみ)
タイプ :標準 / micro
SIMロックフリー
スロット数 :2(国内で使用できるのは1スロットのみ)
タイプ :micro / nano
SIMロックフリー
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz) 802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz) 802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz)
Bluetooth Version:4.0 Version:4.0 Version:4.0
デザリング Wi-Fi / Bluetooth / USB Wi-Fi / Bluetooth / USB Wi-Fi / Bluetooth / USB
センサー

GPS搭載 (A-GPS対応) / 加速度センサー / 近接センサー / 光センサー / 重力センサー / ジャイロセンサー / 磁気センサー / e-compass

GPS搭載 (A-GPS対応) / 加速度センサー / 近接センサー / 光センサー / e-compass GPS搭載 (A-GPS対応) / 加速度センサー / 近接センサー / 光センサー / e-compass
価格 14,800円 12,800円 17,800円

Priori4のスペックだけ見た印象

Priori4になって良くなったところは、OSとCPU、フロントカメラとセンサー系といったところか。Priori3Sとそれほど変わっていないような気もするが、価格が安くなっているのがすごい。このスペックで14,800円ならコストパフォーマンスは最強だろう。ただサイズが多少大きくなり、重量が少し重くなっているのが残念なところだ。最近のスマホは軽いので、Priori3Sを実際に使っていると重量はかなり感じる。欲を言うと、もう少しスリムで軽く仕上げてほしかったかも。

ジャイロセンサー追加でポケモンGO対応

ポケモンGO対策?でジャイロセンサーなどが追加されている。これによりAR機能が使えるようになり、ポケモンがあたかもリアルな世界にいるような体験をできる。しかしながらポケモンを捕まえるときにはARモードにすると難しく、それほど必要な機能ではないという人も多い。センサーを追加しないで軽量化したほうが良かったのではないだろうか。またPriori3やPriori3Sでは正確な位置情報の取得ができないため、ジムバトルをするのが難しい。Priori4に必要なのは、ジャイロセンサーよりも位置情報の精度ほうが気になる。

カラーを選ぶ必要がなくなった

スクリーンショット_112216_035643_AM

Priori4では6色のカバーが全て付いてくるので、カラー選ぶ必要がないというのは面白い。「やっぱりシルバーのほうが良かったなぁ」ということがなく、その日の気分で替えることも可能だ。そんなに要らないから安くしてと思う人も多いかもしれないが、価格は十分安く設定されているのでおまけみたいなものと思ってよいだろう。

Priori4がもっとこうだったらと思うところ

Priori4はほとんどPriori3Sに近いものとなってしまった。個人的にはPriori3の小さなサイズ感が好きなので、そのサイズで性能が良いものが出るのを期待していた。しかし売れ行きはPriori3Sの方が良さそうなので、世の中の需要は大きいサイズ、もしくは電池持ちというところなのだろう。ただこの結果は、安く提供してくれているFREETEL製品だったからということもあると思う。XperiaのcompactやiPhoneSEのように、小さいサイズでも性能が良いものなら需要は大いにある。今度は逆に小さくして「Priori4SE」的なものが出ないだろうか。

まとめ

Priori4は、Priori3よりもPriori3Sの性能を良くした後継機となるようだ。新しくなったのに価格は14,800円(税抜)とPriori3Sより3,000円も安く、コストパフォーマンスが非常に高い。4000mAhという大容量バッテリーの搭載で、一般的なスマートフォンより重量感があるというデメリットはあるが、電池の持ちを重視する人には良い端末だと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク