負担軽減に姿勢改善!Logicoolエルゴノミックマウス&キーボード「ERGO M575+ERGO K860」

ロジクールERGOシリーズのトラックボールマウス「ERGO M575」と、スプリットキーボード「ERGO K860」をレビュー用に提供して頂きました。体の負担軽減と姿勢の改善に役立つアイテムです。

スポンサーリンク

エルゴノミックデザイン

エルゴノミックとは人間工学のことで、人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように設計し、実際のデザインに活かす学問を指します。ロジクールERGOシリーズは、主要な人間工学専門家が設けた基準により「姿勢を改善・筋肉緊張を軽減・快適性を向上」する製品として作られているとのこと。体を出来る限り自然な姿勢を保ち、長時間でもパソコンを快適に使うことができます。

ロジクールの人間工学
ロジクール製品の科学主導のデザインと厳しいエルゴノミックテスト

トラックボールマウス「ERGO M575」

ERGO M575は、手に馴染むエコノミック形状のワイヤレストラックボール。親指でボールを転がすだけでマウスカーソルが移動し、手と腕は常にリラックスした状態のまま操作できます。また、マウスの動作範囲は固定され、狭いデスクスペースで使えるのもメリット。

操作ボタンは、左/右クリック、戻る/進む、ミドルクリック付きスクロールホイール。ボタンの割り当ては、Logicool Optionsから変更可能です。

底面に、トラックボールを外すための小穴、Bluetooth切替ボタン、電源オンオフのスイッチ。電池カバー内には、通電しないように絶縁シートが付いています。

電池はすでに入っていて、絶縁シートを外すと通電します。電池の隣に小型UnifyingUSBレシーバーも入っていました。BluetoothでもUSBレシーバーでも、柔軟な接続に対応する。

トラックボールは、底面の小穴から押し上げてると簡単に外せる仕組み。使っていると埃がたまることがあるため、動きが悪くなったら外して掃除をしてあげると改善します。トラックボールに慣れてしまうと、もう普通のマウスには戻れないほど快適なので一度は使ってみてほしいアイテムです。

Logicool Options設定

Bluetooth接続をするとLogicool Optionsのインストールが促されます。これはLogicool製品の管理とカスタマイズできるアプリケーションなので入れておくこと。

左下にある「左/右ボタンのスワップ」にチェックを入れると、右クリックと左クリックの動作が入れ替わる機能。〇で囲われている3か所は、クリックすると操作を別の機能に割り当てることができます。

  • 進む(戻る)
  • 次のトラック(前のトラック)
  • [スタート] メニュー
  • Cortana
  • Media Player
  • Webページを開く
  • Windows設定
  • アクションセンター
  • アプリケーションの起動
  • アプリケーションを切り替える
  • ウィンドウを最大化
  • ウィンドウを最小化
  • ウィンドウを閉じる
  • キーストロークの割当
  • このPC
  • コピー
  • サインアウト
  • ジェスチャーボタン
  • ズームをリセット
  • スリープ
  • タスクビュー
  • ダブルクリック
  • デスクトップ(前へ)
  • デスクトップ(次へ)
  • デスクトップの表示/非表示
  • デスクトップをクローズ
  • デバイス
  • ドキュメント
  • トラックボール感度
  • ピクチャ
  • ビデオ
  • ファイルを開く
  • フォルダを開く
  • ホーム
  • ボリュームアップ
  • ボリュームダウン
  • ミュートサウンド
  • モディファイアキー
  • やり直す
  • ロック
  • 中央ボタン
  • 停止
  • 元に戻す
  • 入力言語
  • 再生/一時停止
  • 切り取り
  • 前のトラック
  • 前のトラック/巻き戻し
  • 右クリック
  • 右スクロール
  • 左クリック
  • 左スクロール
  • 拡大
  • 新しいデスクトップ
  • 新しいブラウザタブ
  • 検索
  • 次のトラック/早送り
  • 画面を切り替える
  • 縮小
  • 貼り付け
  • 電卓
  • 電子メール
  • 音楽
  • 高度なクリック
  • なし

設定項目は多く、かなり柔軟なカスタマイズに対応しています。自分の場合は、進むと戻るボタンはデフォルトのまま使用し、中央ボタンをジェスチャー操作に変更しました。

ジェスチャーボタンを選択すると、ジャスチャーボタンを押しながらトラックボールを動かす動作に機能を割り当てられます。ここでカスタムを選択すれば、右下にカスタマイズが表示され、そこから個々の動作を設定できる。

カスタマイズで、ボリュームのアップダウンと左右スクロールを割り当てました。

  • 〇 中央ボタン
  • ↑ ボリュームアップ
  • ↓ ボリュームダウン
  • ← 左スクロール
  • → 右スクロール

上下はボリュームじゃなくても良いけど、左右はスクロールを割り当てておいた方が利便性が増すのでおすすめ。

あと、上部のポイント&スクロールタブから、ポインタの速度変更もできます。デフォルトではゆっくりなので、少しだけ速くしてあげると使いやすいと思います。

手や腕の負担を軽減するだけでなく、カスタマイズ性も高い便利なトラックボールマウスです。あえてダメ出しをするなら、戻るボタンのクリック感が軽すぎて2度押ししたくなるぐらいかな。

公式サイト:Logicool

スプリットキーボード「ERGO K860」

スプリットキーボード「ERGO K860」は、中央が分割し曲線的なキーフレームが特徴のエルゴノミックデザイン。手を自然な位置に配置でき、リラックスした状態でのタイピングが可能です。

さらに、滑らかな触り心地のリストレストが前面に配置され、手首のサポートを54%強化、手首の髷を25%軽減してくれるという。個人的にはキーボードの配置よりもこのリストレストが気に入りました。

底面のリストレスト側に、高さを調節できるティルトレッグが配置。電池カバーには絶縁シートが付いています。電源のオンオフスイッチは上部の右寄りにある。

電池はあらかじめ入っているため、絶縁シートを外せば通電します。カバー内にはUSBレシーバーを収納するスペースもあるけど、ここには格納されていません。

箱を開けたときの右下にUSBレシーバーがあるので、電池カバー内に格納しておくと良いかも。

ティルトレッグは収納している状態だと0°、中央のだけ広げると4°、外側を広げると7°の傾斜をつけることができます。

キーボードの奥側ではなく、手前側が持ち上がる仕組みです。テーブルの高さと合わせることで、手首の曲げを軽減し、より自然な形でタイピングができるようになる。

座りすぎを防止するために高さを調整できる昇降デスクを導入しているオフィスも増えているかと思います。座って作業するときはフラットで使い、立って作業するときは角度をつけるなど、使用環境により調整できるのは便利なところ。テーブルの高さに合わせて、できるだけ手首がまっすぐになるように調整すると、リラックスした状態を保てます。

Fキーの特定機能

Fキーには特定機能が割り当てられています。

  • F1 輝度を下げる
  • F2 輝度をあげる
  • F3 タスクビュー
  • F4 アプリケーションを切り替える
  • F5 デスクトップの表示/非表示
  • F6 検索
  • F7 前のトラック
  • F8 再生/一時停止
  • F9 次のトラック
  • F10 ミュートサウンド
  • F11 ボリュームダウン
  • F12 ボリュームアップ

F12の右側にあるFnロックキーを押すと、標準のファンクションキーとして使えます。押すたびに切り替わるため、使う頻度によって使い分けられます。

※Fキーの機能は、Logicool Optionsからカスタマイズもできます。

右側にある、1,2,3は、接続切替キー。最大で3つのデバイスを設定しておくことができます。再設定するときには、長押しすると点滅しペアリング可能な状態になる。さらに右側には、電卓を起動するキーや、中央にあるLEDの色で電池残量を確認するキーも配置されている。

Logicool Options設定

トラックボールマウス「ERGO M575」と同様に、スプリットキーボード「ERGO K860」でも、Logicool Optionsで管理やカスタマイズができます。

白い枠で表示されているキーは、クリックすると機能を入れ替えることができます。

  • マイホーム
  • アプリケーションの起動
  • [スタート]メニュー
  • Cortana
  • Media Player
  • Webページを開く
  • Windows設定
  • アクションセンター
  • アプリケーションを切り替える
  • ウィンドウを最大化
  • ウィンドウを最小化
  • ウィンドウを閉じる
  • キーストロークの割当
  • このPC
  • コピー
  • サインアウト
  • シャットダウン
  • ズームをリセット
  • スリープ
  • タスクビュー
  • ダブルクリック
  • デスクトップ(前へ)
  • デスクトップ(次へ)
  • デスクトップ表示/非表示
  • デスクトップをクローズ
  • デバイス
  • ドキュメント
  • ピクチャ
  • ビデオ
  • ファイルを開く
  • フォルダを開く
  • ボリュームアップ
  • ボリュームダウン
  • ミュートサウンド
  • モディファイアキー
  • やり直す
  • ロック
  • 中央ボタン
  • 停止
  • 元に戻す
  • 入力言語
  • 再生/一時停止
  • 切り取り
  • 前のトラック
  • 前のトラック/巻き戻し
  • 右クリック
  • 右スクロール
  • 左クリック
  • 左スクロール
  • 戻る
  • 拡大
  • 新しいデスクトップ
  • 新しいブラウザタブ
  • 検索
  • 次のトラック
  • 次のトラック/早送り
  • 画面を切り替える
  • 縮小
  • 貼り付け
  • 進む
  • 電卓
  • 電子メール
  • 音楽
  • 高度なクリック
  • なし

項目は多く、かなり柔軟なカスタマイズが可能です。標準のファンクションキーとして使いたいときには左下にチェックを入れる。これはF12の右側にあるFnロックキーでの切り替えと連動しています。

上部のEasy-Switchでは、1,2,3キーに割り当てられているデバイスの確認ができます。※2はUSBレシーバーで接続を試してみたので同じPC名となっています。

スプリット配列は、通常のキーボードから変更したばかりだと違和感があるが、慣れてしまえば使いやすくなると思います。ただ、手を自然に置いた状態で「ー」キーが打ちやすいけど、逆にbackspaceキーが遠く感じたりと、人により好みが分かれるかも。個人的にはキーの配列よりも、リストレストにより姿勢が楽になるのがおすすめポイントです。

公式サイト:Logicool

USBレシーバーUnifyingとBoltの違い

USBレシーバーは2種類あります。

  • Unifying
  • Bolt

今回レビューしているマウスとキーボードは2つともUnifying対応デバイスで、オレンジのアイコンのUSBレシーバーが付属しています。Boltはセキュリティが強化された新規格で、互換性はないようです。どちらも1つのレシーバーで最大6つのデバイスを接続できる便利なツールのため規格は統一させること。Bolt対応デバイスは、製品名にfor Businessとついていて、価格が少し高いため購入するときは間違えないように。

製品詳細

型番トラックボールマウス
ERGO M575
スプリットキーボード
ERGO K860
本体サイズ高さ: 134mm
幅: 100mm
奥行き: 48mm
重量: 145g
高さ: 233mm
幅: 456mm
奥行き: 48mm
重量: 1160g
電池単三形乾電池x1単四形乾電池x2
電池寿命Unifying使用時:最長24カ月
Bluetooth接続時:最長20カ月
最長2年間
価格6,050円16,940円

保証期間は2年

トラックボールマウス「ERGO M575」と、スプリットキーボード「ERGO K860」共に保証期間は2年間と長いのも特徴。ただし、トラックボールマウスには保証期間が1年のM575Sというモデルもあります。価格は少し安いため、購入検討の参考に。

型番
M575S
M575OW
M575GR
レビュー製品
M575BGR
for Business
カラーブラックオフホワイトグラファイトグラファイト
保証期間1年2年2年2年
レシーバータイプUnifyingUnifyingUnifyingBolt
価格5,750円6,050円6,050円7,812円

まとめ

ロジクールERGOシリーズの製品は、快適に使用でき生産性の向上が見込めます。トラックボールマウス「ERGO M575」は、手を動かす負担を軽減。スプリットキーボード「ERGO K860」 は姿勢を改善し、より自然な状態でのタイピングが可能。それと、Logicool Optionsから柔軟なカスタマイズができるのも魅力です。特に長時間パソコン作業をする方は、デスク周りを見直してみてはいかがでしょう。

公式サイト:Logicool

セット販売もしているようです。ただし、トラックボールマウスは保証期間が1年の「ERGO M575S」になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました