ポケモンGO専用スマホにPriori3S LTEが最適か!

スクリーンショット_090416_125751_PM

ポケモンGOを遊んでいると電池の消耗が激しいのが悩みのタネ。本気で遊ぶならポケモンGOをやるだけの専用スマホが欲しいとこころだ。

スポンサーリンク

AR機能は無視で格安スマホを探す

ポケモンGOの楽しみ方の1つに、あたかもその場にモンスターがいるような拡張現実を表すAR機能がある。しかし、そんな優秀な機能があっても実際に使ったのは初めだけという人が多いのではないだろうか。何故かというと、AR機能をオンにしておくとモンスターが捕獲しづらくなるからだ。ということで今回の格安スマホ探しでは、AR機能が使えるジャイロセンサーが搭載されているかという条件はあまり重要ではない。

大容量バッテリーのPriori3Sが最適

ポケモンGOを遊ぶならバッテリー容量が多い方が超時間遊べる。すると候補に挙がるのが、一般的なスマホの約2倍、4000mAhの大容量バッテリーを搭載したPriori3Sが一番良さそうだ。FREETELでは「REI麗」と「KIWAMI極」がジャイロセンサー搭載で完全対応となっている。しかしREI麗は長時間連続して使っていると発熱が気になるし、KIWAMI極の場合はハイエンドモデルなので高額となってしまう。それらを考えると、AR機能が使えなくても格安のPriori3Sで十分楽しめる。

5000mAhのZenFone Maxというのもあるが

JpNWYJp9QqAti4kZ_setting_fff_1_90_end_500_090416_030427_PM

Priori3Sよりもバッテリー容量が1000mAh多い、ASUSのZenFone Maxという格安スマホもある。バッテリーの容量は大きければそれだけ長い時間遊べるとは思う。Priori3Sと比べると5.5インチと大きく、202gと少し重くなってしまい価格も高いのがデメリット。またバッテリーは内蔵型となるため、取り換えることはできない。ZenFone Maxを買う予算があるなら、大容量のモバイルバッテリーを購入した方が安く済む。

バッテリー交換ができないのが残念

スマホの電池残量が少なくなったとき、モバイルバッテリーを繋ぎながらポケモンGOをやると、コードが邪魔になったり発熱しやすかったりとあまり良いことはない。Priori3ではバッテリーの取り外しができたのに、Priori3Sになるとバッテリーの取り外しは不可なのが残念なところ。4000mAhの大容量バッテリーだと予備が必要な人はほとんどいないため、あえて取り外しができるようにしなかったのだろうか。

ポケモンGO専用スマホの場合0SIMで十分

2016-09-04 03.47.55

ポケモンGOだけ遊ぶ専用スマホとした場合、契約するSIMは0SIMで十分かもしれない。ポケモンGOの通信量は予想以上に少なく、自分の場合1か月間で286MBしか使用していない。1日かなり遊んだ時でさえ、25.94MBだけで済んでしまっている。0SIMの場合500MB以下でおさまれば0円で、通信料金がかからないということになる。仮に仕事をしていない人が毎日遊びまくったとしても、ポケモンGOだけの通信量が1GBは越えることは難しいだろう。ポケモンGOだけするなら0SIMで十分、他にも使うならDMMモバイルの1GBとかの契約で安く済ませることができる。

まとめ

ポケモンGOをじっくり遊ぶのに最適な格安スマホがないか探してみたところ、大容量バッテリーで長く遊べるPriori3Sが一番良さそうだ。一般的なスマホと比べると2倍近い容量があり快適に遊べそうだ。後はポケモンGO専用機として使うとなると、GPSの性能が気になるところ。実際のプレイしてみて後日レビューしたいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク