Zenfone 8 がついにおサイフケータイと防水に対応

ASUSからついにおサイフケータイと防水に対応した「Zenfone 8」が発売されます。高性能のSIMフリースマホならこれで決まりだ。

スポンサーリンク

Zenfone 8 スペック

本体カラーオブシディアンブラック
ムーンライトホワイト
ホライゾンシルバー
プラットフォームAndroid™ 11 (ZenUI)
プロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 888 5G (オクタコアCPU)
メインメモリ8GB
16GB
表示機能5.9型ワイド AMOLEDディスプレイ
Corning® Gorilla® Glass Victus
2,400×1,080ドット (フルHD+) (120Hz)
Adreno 660
記憶装置128GB (UFS 3.1)
256GB (UFS 3.1)
サウンド機能Hi-Res
Dirac HD Sound
デュアルスピーカー内蔵
トリプルマイク内蔵
アウトカメラ6,400万画素 広角カメラ内蔵 (メインカメラ)
1,200万画素 超広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
LEDフラッシュ
インカメラ1,200万 広角カメラ内蔵
センサーGPS(GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS、NavICサポート)
加速度センサー
電子コンパス
光センサー
近接センサー
ジャイロスコープ
指紋センサー(画面内認証)
通信機能IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax (周波数帯域:2.4GHz/5GHz)
Bluetooth® 5.2
FMラジオ
NFC
通信方式5G NR:n1/n2/n3/n5/n7/n8/n12/n20/n28/n38/n77/n78
FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28
TD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41/B42
キャリアアグリゲーション:6CA(DL)/2CA(UL) 対応
W-CDMA:B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
インターフェースUSB Type-C×1 (USB 2.0)
nanoSIMスロット×2
カードリーダー非搭載
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
防水・防塵IP65/IP68
バッテリー4,000mAh
最大30W (Quick Charge 4.0/USB Power Delivery 3.0対応)
サイズ高さ:約148mm
幅:約68.5mm
奥行き:約8.9mm
質量約169g
主な付属品USB ACアダプターセット
SIMイジェクトピン
専用ケース
ユーザーマニュアル
製品保証書

Zenfone 8 概観

5.9インチのAMOLEDディスプレイ。インカメラは、1200万画素のパンチホールタイプ。受話口はスピーカーにもなる。

背面に、6400万画素のメインカメラと1200万画素の超広角カメラ。カラーは、ムーンライトホワイト。他に、 オブシディアンブラックとホライゾンシルバー の全3色が用意されている。

右側面に、音量調節ボタンを電源ボタン。

左側面には何もなし。

上部には、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャックとマイク穴。

下部には、スピーカー、USB Type-C、マイク穴、SIMスロット。SIMスロットは、nanoサイズが2枚入るDSDV対応。microSDカードスロットは搭載していない。ストレージの容量は128GBと256GBがあるので、必要に応じて容量の多いモデルを選択すると良い。

おサイフケータイと防水に対応

ASUSでは、今までおサイフケータイと防水に対応している製品の販売はしていなかったが、今回始めて対応してくれました。ハイエンドのSIMフリースマホで両方対応しているものは少なく貴重な1台となります。また、docomo、au、Softbank、楽天モバイルの全キャリアに対応したDSDVスマホというのも有りがたい仕様だ。

コンパクトさが魅力

サイズは、高さ約148mm×幅約68.5mm×奥行き約8.9mm。質量は、約169gのコンパクト設計となっている。最近のスマホの画面は大型化しているが、Zenfone 8 は携帯性を重視しているようだ。小型でもバッテリー容量は4000mAhと十分あり、最大30Wの急速充電にも対応。大きな画面でゲームをしたいという人でなければ、片手で操作しやすい理想的なデバイスになる。

大画面ならZenfone 8 Flip

大画面が良い人は、6.67型ワイド AMOLEDディスプレイの「Zenfone 8 Flip」という選択肢もある。180度回転するカメラが特徴で、自撮りもアウトカメラの高画質で撮影可能。また、フリップカメラを動かして、通常のスマホでは対応できないカメラアングルで撮影したり、オートパノラマでズレの無いきれいな写真に仕上がる。

前モデル「ZenFone 7 」のフリップカメラで撮影した写真ですが、斜め軸のパノラマというのも撮れます。こんな特殊な撮影でも簡単で、一般的なスマホカメラではできないことができる。

大画面とカメラ機能を重視する人は、「Zenfone 8 Flip」のほうがおすすめ。ただし、おサイフケータイと防水には対応していない。

ZenFone から Zenfone へ

今まで「ZenFone」だった表記が「Zenfone」へと「f」が小文字に変更されたようです。

Xiaomi や OPPO より高性能

SIMフリースマホでおサイフケータイを出している「Xiaomi」や「OPPO」では、ミドルレンジが主流で、対応するハイエンドモデルはまだ出していないのが現状です。高性能なおサイフケータイを求めるなら、ASUSの「Zenfone 8」が最適。

おサイフケータイ対応スマホのおすすめ度は、ASUS>Xiaomi>OPPOという優先順位になりそうです。

まとめ

「Zenfone 8」は、おサイフケータイと防水に対応したハイエンドモデル。片手で操作しやすいコンパクト設計で、携帯性が重視されています。大画面でゲームをしたいという人でなければ、理想的なデバイスになる。

おサイフケータイと防水が必要なく、大きい画面が良いなら「Zenfone 8 Flip」のカメラ機能が優秀なのでおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました